122件中 41 - 50件表示
  • メダカ

    メダカから見た突然変異

    メダカの体色は、野生型では焦げ茶色がかった灰色だが、突然変異型では体表の、黒色、黄色、白色、虹色の4種類の色素胞の有無あるいは反応性の違いによって様々な色調を示し、カラーメダカと呼ばれる。突然変異型には以下のものがある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た幼虫

    流れのゆるい小川や水路などに生息し、動物プランクトンなどを食べる。蚊の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たボウフラ

    流れのゆるい小川や水路などに生息し、動物プランクトンなどを食べる。蚊の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た遺伝学

    飼育費用が安価で、周年繁殖が容易なため、遺伝学的研究に適する。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た

    卵との体が透明なため、発生の観察に適する。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た日本魚類学会

    現在は、地域ごとに遺伝的に大きな多様性を持った地域個体群の局所的な絶滅の進行が危惧されており、遺伝的多様性に配慮した保護活動が望まれている。メダカの保護には生息地の保全がまず重要とされ、安易な放流は慎むことが求められる。生態系全体を考慮したうえでやむを得ず放流が必要な場合は、日本魚類学会が示した「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」などを参考にしつつ、専門家の意見を聞くべきである。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た遺伝子組み換え

    発光遺伝子を持った「光るメダカ」などが台湾などから輸入され一部の業者で販売されている。「光るメダカ」とはメダカの受精卵のDNAの一部を、発光クラゲから取り出した蛍光起因を持つDNAと組み換えて作り出す遺伝子組み換え生物である。人為的に作られた生物のため、野生には存在しない。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た自然科学研究機構

    自然科学研究機構基礎生物学研究所が遺伝資源の保護のため、メダカの飼育を行っている。若松佑子らが、色素の少ないメダカを交配し続けることによって、透明なメダカを生み出すことに成功している。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た灰色

    メダカの体色は、野生型では焦げ茶色がかった灰色だが、突然変異型では体表の、黒色、黄色、白色、虹色の4種類の色素胞の有無あるいは反応性の違いによって様々な色調を示し、カラーメダカと呼ばれる。突然変異型には以下のものがある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たトルクメニスタン

    日本、台湾、朝鮮半島、中国、ベトナム、スリランカなどに分布する。この他、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されている。北アメリカにも移入された地域がある。メダカ フレッシュアイペディアより)

122件中 41 - 50件表示

「メダカ」のニューストピックワード