131件中 41 - 50件表示
  • メダカ

    メダカから見た生物学

    メダカをめぐる生物学は、明治時代以来、会田龍雄、山本時男、江上信雄などをはじめとする、日本の生物学者達の研究によって発展してきた。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た

    1回の産卵で、約10個のを産む。球形の卵の直径は1-1.5mmで、卵黄は淡黄色、卵膜は透明で厚く、表面に長さ0.5mmほどの細かい毛があり、長さ10-20mmの付着糸が数十本ある。通常、春から夏にかけて産卵し、孵った仔魚は夏、秋の間をかけて成長し、次の年に産卵する。早い時期に孵化したもののなかには、その年の秋に産卵をする個体もある。メダカの産卵時期と水田に水が張られる時期は一致しており、日本の稲作文化と共存してきた「水田の魚」とも称される。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た突然変異

    日本では江戸時代から観賞魚として親しまれており、様々な突然変異体が潰えることなく存在している。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た東京都

    Image:Kitano Medaka Male by Hino, Tokyo.jpg|キタノメダカ(オス)東京都日野市産メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た幼虫

    流れのゆるい小川や水路などに生息し、動物プランクトンなどを食べる。蚊の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たボウフラ

    流れのゆるい小川や水路などに生息し、動物プランクトンなどを食べる。蚊の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た遺伝学

    飼育費用が安価で、周年繁殖が容易なため、遺伝学的研究に適する。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た

    卵との体が透明なため、発生の観察に適する。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た日本魚類学会

    現在は、地域ごとに遺伝的に大きな多様性を持った地域個体群の局所的な絶滅の進行が危惧されており、遺伝的多様性に配慮した保護活動が望まれている。メダカの保護には生息地の保全がまず重要とされ、安易な放流は慎むことが求められる。生態系全体を考慮したうえでやむを得ず放流が必要な場合は、日本魚類学会が示した「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」などを参考にしつつ、専門家の意見を聞くべきである。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たミナミメダカ

    メダカ(目高)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する魚であるミナミメダカ と、キタノメダカ 2種の総称。体長 3.5 cm 程の淡水魚。ミナミメダカの学名である Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。また、キタノメダカの種小名である「sakaizumii」は、メダカの研究に貢献した酒泉満への献名である。また、ヒメダカなど観賞魚として品種改良されたメダカが広く流通している。本記事では広義のメダカについて記述する。メダカ フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「メダカ」のニューストピックワード