122件中 51 - 60件表示
  • メダカ

    メダカから見たレッドデータブック

    こうしたメダカを取り巻く環境の変化により、1999年2月に環境庁(当時)が発表したレッドリストにて(絶滅の危険が増大している種)にメダカが記載され、メダカは2003年5月に環境省が発表したレッドデータブックに絶滅危惧種として指定された。身近な生き物だったメダカが絶滅危惧種となったことはマスメディアにも大きく取り上げられ、日本各地で保護活動が活発に行われるようになった。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た性決定

    また、体軸や器官形成などの発生研究の他、脊椎動物では2番目、哺乳類以外では初めてとなる性決定遺伝子 DMY が発見されたことから、哺乳類以外の脊椎動物での性決定機構を研究する上で注目されている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た

    流れのゆるい小川や水路などに生息し、動物プランクトンなどを食べる。の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た東アジア

    メダカにごく近縁な種は、メダカと同じメダカ属(学名 Oryzias)に分類されている。メダカ属には、東アジアから東南アジアにかけて分布している10数種が含まれる。日本産はメダカ(Oryzias latipes)1種であると考えられていたが、2011年12月に近畿大学が青森県から兵庫県の日本海側に生息する「北日本集団」を別種(Oryzias sakaizumii)として記載し、日本産は2種類であるとした。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たイラン

    日本、台湾、朝鮮半島、中国、ベトナム、スリランカなどに分布する。この他、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されている。北アメリカにも移入された地域がある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た遺伝子汚染

    しかし、絶滅危惧種であるメダカを守ろうとする保護活動が、メダカの遺伝的多様性を減少させる遺伝子汚染という新たな問題を起こしている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た味噌汁

    新潟県の見附市や阿賀町などでは佃煮にして冬場のタンパク質源として保存食にする習慣があり、新潟県中越地方ではうるめとよばれている。新潟市にある福島潟周辺でも、メダカをとって佃煮にしていた。少量しかとれず、少し季節がずれると味が苦くなるので、春の一時期だけ自家で消費した。長岡市付近では、味噌汁の具にも使われていた。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たスリランカ

    日本、台湾、朝鮮半島、中国、ベトナム、スリランカなどに分布する。この他、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されている。北アメリカにも移入された地域がある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た利根川

    絶滅危惧に指摘されたことで、にわかに保護熱が高まった結果、こうした遺伝的な違いなどへの配慮をせずにメダカ池やビオトープ池を作り、誤って本来その地域に放流すべきでない他の地域産のメダカや、観賞魚として品種改良を施された飼育品種であるヒメダカを放流した例が多数ある。実際に、関東地方の荒川・利根川水系に生息する個体群のほとんどは、瀬戸内地方や九州北部に分布するはずのメダカであることが判明している。ひどいところでは、誤ってカダヤシをメダカのいる池に放流してしまった例もある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た淡水魚

    メダカ(目高、Oryzias latipes)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する魚。体長 4 cm 程の淡水魚。学名の Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。メダカ フレッシュアイペディアより)

122件中 51 - 60件表示

「メダカ」のニューストピックワード