122件中 61 - 70件表示
  • メダカ

    メダカから見た海外

    日本のメダカは生物学でモデル生物として用いられており、海外でも"medaka"という語が使われるほどで、日本の生物学が主導力をもって世界に貢献した数少ない例である。モデル生物として優れている点を下に挙げる。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た童謡

    かつて日本では、童謡「めだかの学校」にも歌われたように、小川にはごく普通にメダカの群れが見られた。しかし、1980年代あたりから野生のメダカが各地で減少し始め、姿を見ることが難しくなった。減少の主な原因は、農薬の使用や生活排水などによる環境の悪化、護岸工事や水路の整備などによる流れの緩やかな小川の減少、繁殖力の強い外来種(ブルーギルやカダヤシなど)による影響が挙げられている。また、メダカは水田のような一時的水域に侵入して繁殖する性質が強く、近年の農地改良に伴う用排分離により、用排水路から繁殖時に水田内に進入することが困難になっていることが特に致命的となっており、メダカの繁殖力を著しく削いでいる。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た血液

    アルビノ(白子) - 黒色と黄色の色素細胞が全くない。体が白いだけでなく、眼が血液の色で赤い。実験用に作製された。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た東南アジア

    メダカにごく近縁な種は、メダカと同じメダカ属(学名 Oryzias)に分類されている。メダカ属には、東アジアから東南アジアにかけて分布している10数種が含まれる。日本産はメダカ(Oryzias latipes)1種であると考えられていたが、2011年12月に近畿大学が青森県から兵庫県の日本海側に生息する「北日本集団」を別種(Oryzias sakaizumii)として記載し、日本産は2種類であるとした。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た佃煮

    新潟県の見附市や阿賀町などでは佃煮にして冬場のタンパク質源として保存食にする習慣があり、新潟県中越地方ではうるめとよばれている。新潟市にある福島潟周辺でも、メダカをとって佃煮にしていた。少量しかとれず、少し季節がずれると味が苦くなるので、春の一時期だけ自家で消費した。長岡市付近では、味噌汁の具にも使われていた。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た受精卵

    発光遺伝子を持った「光るメダカ」などが台湾などから輸入され一部の業者で販売されている。「光るメダカ」とはメダカの受精卵のDNAの一部を、発光クラゲから取り出した蛍光起因を持つDNAと組み換えて作り出す遺伝子組み換え生物である。人為的に作られた生物のため、野生には存在しない。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たダツ目

    メダカ(目高、Oryzias latipes)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する魚。体長 4 cm 程の淡水魚。学名の Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た内臓

    透明メダカ - 黒色、白色(ロイコフォア)、虹色(イリドフォア)の3種の色素胞を持っておらず、体が透けて脳や内臓まで見えるため、解剖を行わなくても生きている生物の内臓を研究できるようになった。名古屋大学の若松佑子によって作出された。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た絶滅

    こうしたメダカを取り巻く環境の変化により、1999年2月に環境庁(当時)が発表したレッドリストにて(絶滅の危険が増大している種)にメダカが記載され、メダカは2003年5月に環境省が発表したレッドデータブックに絶滅危惧種として指定された。身近な生き物だったメダカが絶滅危惧種となったことはマスメディアにも大きく取り上げられ、日本各地で保護活動が活発に行われるようになった。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たモデル生物

    日本のメダカは生物学でモデル生物として用いられており、海外でも"medaka"という語が使われるほどで、日本の生物学が主導力をもって世界に貢献した数少ない例である。モデル生物として優れている点を下に挙げる。メダカ フレッシュアイペディアより)

122件中 61 - 70件表示

「メダカ」のニューストピックワード