131件中 71 - 80件表示
  • メダカ

    メダカから見た種小名

    メダカ(目高)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する魚であるミナミメダカ と、キタノメダカ 2種の総称。体長 3.5 cm 程の淡水魚。ミナミメダカの学名である Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。また、キタノメダカの種小名である「sakaizumii」は、メダカの研究に貢献した酒泉満への献名である。また、ヒメダカなど観賞魚として品種改良されたメダカが広く流通している。本記事では広義のメダカについて記述する。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た絶滅

    こうしたメダカを取り巻く環境の変化により、1999年2月に環境庁(当時)が発表したレッドリストにて(絶滅の危険が増大している種)にメダカが記載され、メダカは2003年5月に環境省が発表したレッドデータブックに絶滅危惧種として指定された。身近な生き物だったメダカが絶滅危惧種となったことはマスメディアにも大きく取り上げられ、日本各地で保護活動が活発に行われるようになった。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たモデル生物

    日本のメダカは生物学でモデル生物として用いられており、海外でも"medaka"という語が使われるほどである。モデル生物として優れている点を下に挙げる。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た本州

    日本、台湾、朝鮮半島、中国などに分布する。この他、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されている。北アメリカにも移入された地域がある。日本では本州から琉球列島にかけて分布する。北海道の一部地域にも移入されて分布している。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た虹色

    メダカの体色は、野生型では淡い黄色を帯びる灰褐色で背中には暗褐色の線があるが、突然変異型では体表の、黒色、黄色、白色、虹色の4種類の色素胞の有無あるいは反応性の違いによって様々な色調を示し、カラーメダカと呼ばれる。突然変異型には以下のものがある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た黒色

    メダカの体色は、野生型では淡い黄色を帯びる灰褐色で背中には暗褐色の線があるが、突然変異型では体表の、黒色、黄色、白色、虹色の4種類の色素胞の有無あるいは反応性の違いによって様々な色調を示し、カラーメダカと呼ばれる。突然変異型には以下のものがある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た中華人民共和国

    日本、台湾、朝鮮半島、中国などに分布する。この他、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されている。北アメリカにも移入された地域がある。日本では本州から琉球列島にかけて分布する。北海道の一部地域にも移入されて分布している。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た放流

    絶滅危惧に指摘されたことで、にわかに保護熱が高まった結果、こうした遺伝的な違いなどへの配慮をせずにメダカ池やビオトープ池を作り、誤って本来その地域に放流すべきでない他の地域産のメダカや、観賞魚として品種改良を施された飼育品種であるヒメダカを放流した例が多数ある。実際に、関東地方の荒川・利根川水系に生息する個体群のほとんどは、瀬戸内地方や九州北部に分布するはずのメダカであることが判明している。ひどいところでは、誤ってカダヤシをメダカのいる池に放流してしまった例もある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たカラーメダカ

    メダカの体色は、野生型では淡い黄色を帯びる灰褐色で背中には暗褐色の線があるが、突然変異型では体表の、黒色、黄色、白色、虹色の4種類の色素胞の有無あるいは反応性の違いによって様々な色調を示し、カラーメダカと呼ばれる。突然変異型には以下のものがある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た白色

    メダカの体色は、野生型では淡い黄色を帯びる灰褐色で背中には暗褐色の線があるが、突然変異型では体表の、黒色、黄色、白色、虹色の4種類の色素胞の有無あるいは反応性の違いによって様々な色調を示し、カラーメダカと呼ばれる。突然変異型には以下のものがある。メダカ フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「メダカ」のニューストピックワード