122件中 81 - 90件表示
  • メダカ

    メダカから見たナショナルバイオリソースプロジェクト

    平成14年度文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト「ゲノム解析等」によってゲノム解析がなされている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た養殖

    近年では養殖も行われているが、これはメダカではなく、養殖が容易なヒメダカである。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たキンギョ

    目が大きく、頭部の上端から飛び出していることが、名前の由来になっている。飼育が簡単なため、キンギョ同様、観賞魚として古くから日本人に親しまれてきたほか、様々な目的の科学研究用に用いられている。西欧世界には、江戸時代に来日したシーボルトによって、1823年に初めて報告された。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見たベトナム

    日本、台湾、朝鮮半島、中国、ベトナム、スリランカなどに分布する。この他、イラン、トルクメニスタンなどにも移入されている。北アメリカにも移入された地域がある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た生態系

    現在は、地域ごとに遺伝的に大きな多様性を持った地域個体群の局所的な絶滅の進行が危惧されており、遺伝的多様性に配慮した保護活動が望まれている。メダカの保護には生息地の保全がまず重要とされ、安易な放流は慎むことが求められる。生態系全体を考慮したうえでやむを得ず放流が必要な場合は、日本魚類学会が示した「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」などを参考にしつつ、専門家の意見を聞くべきである。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た体長

    メダカ(目高、Oryzias latipes)またはニホンメダカは、ダツ目 メダカ科(アドリアニクチス科)に属する魚。体長 4 cm 程の淡水魚。学名の Oryzias latipes は『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味である。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た色素胞

    メダカの体色は、野生型では焦げ茶色がかった灰色だが、突然変異型では体表の、黒色、黄色、白色、虹色の4種類の色素胞の有無あるいは反応性の違いによって様々な色調を示し、カラーメダカと呼ばれる。突然変異型には以下のものがある。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た遺伝的多様性

    しかし、絶滅危惧種であるメダカを守ろうとする保護活動が、メダカの遺伝的多様性を減少させる遺伝子汚染という新たな問題を起こしている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た日本

    辛川十歩は4680の方言名を日本全国から調査収集した。短いものではメ・ウキから始まり、長いものではオキンチョコバイ・カンカンビイチャコなどというものまで記録されている。メダカ フレッシュアイペディアより)

  • メダカ

    メダカから見た脊椎動物

    また、体軸や器官形成などの発生研究の他、脊椎動物では2番目、哺乳類以外では初めてとなる性決定遺伝子 DMY が発見されたことから、哺乳類以外の脊椎動物での性決定機構を研究する上で注目されている。メダカ フレッシュアイペディアより)

122件中 81 - 90件表示

「メダカ」のニューストピックワード