前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1951件中 1 - 10件表示
  • ネット右翼

    ネット右翼から見たマスメディアマスメディア

    「ネット右翼」という言葉は1990年代の後半、インターネット上のT-cup掲示板で使われたのが最初である。当初は自称であって、蔑称ではなかった。その頃は「電網右翼」という言い方もあって併用されていた。後に2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)ができると「J右翼」という言い方も生まれ、これは2ちゃんねる草創期に使われたが長続きせず「電網右翼」や「J右翼」という言葉は消えていった。この言葉がネット以外の既存マスメディアに登場したのは、佐々木俊尚による2005年5月8日産経新聞のコラム『【断】「ネット右翼」は新保守世論』において紹介されたのが日本の新聞紙上での初めての用例とされている。2006年3月14日にはジャパンタイムズに「Net uyoku」の表記で採り上げられた。2013年4月にもやはり産経新聞(大阪本社版)で、インターネット上を主な活動範囲とする、自称右翼団体幹部による傷害事件が「ネット右翼幹部を逮捕」と報じられている。韓国のソウル放送は2012年10月にインターネット上で嫌韓動画や侮辱コメントを流す日本人ユーザーを「ネット右翼」として紹介している。ネット右翼 フレッシュアイペディアより)

  • ゲーム脳

    ゲーム脳から見たマスメディアマスメディア

    ゲーム脳(ゲームのう)は、日本大学文理学部体育学科教授で脳科学者を自称する人物である森昭雄が、2002年7月に出版した著書『ゲーム脳の恐怖』(NHK出版)において提示した前頭前野のβ波が低下した状態を表す造語である。マスメディアや教育者に支持され話題となったが、その後、様々な研究者などから批判され、疑似科学(ニセ科学)ともいわれた。ゲーム脳 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見たマスメディアマスメディア

    「北朝鮮による日本人拉致事件」については、マスメディア・更に日本政府内でも、すべて「拉致」と総称しているが、刑法学上はすべて「拐取(海外移送目的拐取)」である。北朝鮮による日本人拉致においては、刑法上の「略取」に当たる事案(加害者による暴力行為を手段として、強制力により被害者の身体を拘束の上で移送した事案)と、「誘拐」に当たる事案(偽計を手段として被害者を騙す等によりその同意を得つつ、身柄を加害者の実力的支配内に置いた上で移送した事案)、国外移送時の状況が不明な事案に分けられる。少女拉致事案・アベック拉致事案・母娘拉致事案・鳥取女性拉致容疑事案は「略取」であり、欧州における日本人男女拉致容疑事案は「誘拐」である。宇出津事件・李恩恵拉致事案・辛光洙事件・元飲食店店員拉致容疑事案など土台人を介したものと見られる拉致事案については「誘拐」の可能性が高いが、国外移送から北朝鮮入国に至る状況の詳細は不明である。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 大向美咲

    大向美咲から見たマスメディアマスメディア

    ネットを後追いしたマスメディアによる命名の「かわいすぎる海女」の異名でも知られる。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)が放送されると、同ドラマの主人公のモデルあるいはモチーフと見なされたり、逆に主人公を地で行く「リアルあまちゃん」と呼ばれたりもした。大向美咲 フレッシュアイペディアより)

  • マスコミュニケーション

    マスコミュニケーションから見たマスメディアマスメディア

    マスコミュニケーション()あるいは大衆伝達(たいしゅうでんたつ)とは、マスメディア(具体的にはテレビ、ラジオ、インターネット、新聞、雑誌、書籍など)を用いて、不特定多数の大衆(マス)に大量の情報を伝達すること。マスコミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • 電凸

    電凸から見たマスメディアマスメディア

    電凸・電突(でんとつ)とは、企業、マスコミ、宗教団体、官庁、政治家、政党などに対して電話をかけるなどして、組織としての見解を問いただす行為のこと。電凸 フレッシュアイペディアより)

  • アクセス権 (知る権利)

    アクセス権 (知る権利)から見たマスメディアマスメディア

    アクセス権(-けん)とは、マスメディアに対して個人が意見発表の場を提供することを求める権利。反論記事の掲載要求(反論権)や紙面・番組への参加などがこれにあたる。アクセス権 (知る権利) フレッシュアイペディアより)

  • メディア・リテラシー

    メディア・リテラシーから見たマスメディアマスメディア

    メディア・リテラシーで取り扱われるメディアには、公的機関やマスメディア(新聞、テレビ、ラジオ等)を始め、映画、音楽、書籍や雑誌等の出版物、インターネット、広告等、様々なものがあり、口コミ(口頭やブログ等)や各種の芸術等も含まれることがある。メディア・リテラシー フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッション事件

    日本ボクシングコミッション事件から見たマスメディアマスメディア

    1983年にWBAから分離独立したIBFはJBCに加盟を求めたが、当時の事務局長・小島茂はWBAの副会長でもあり、これに応じなかった。このことに不満を持った奈良池田ジム会長・池田久が同年8月、JBCと競合するIBF日本ボクシングコミッションを設立すると、それまで「1国1コミッション」を標榜して独占的にプロボクシングを統括していたJBCはこれを宣戦布告と受け止め、IBF日本に関与した選手・関係者にはライセンス剥奪(事実上の永久追放)の強硬処分を科した。さらにJBCはマスメディアに対し、IBFについては記事で触れないでほしいと要請。『ワールド・ボクシング』(現在の『ボクシング・ビート』)は「さすがに専門誌として、実際に行われた試合をなかったことにはできない」とIBFの世界戦やランキングを掲載し続けたが、二大通信社は外電をカットしてほとんど配信せず、一般紙からスポーツ紙、テレビに至るまで、通信社と契約するほとんどのマスメディアが国外開催のIBFの世界戦を扱わなかった。IBF日本は「村八分状態」にありながら数億円を費やして何度か興行を維持したが、現在は活動を停止している。日本ボクシングコミッション事件 フレッシュアイペディアより)

  • 山本太郎

    山本太郎から見たマスメディアマスメディア

    結果は自民党都連・公明党都本部推薦、新党改革支援の舛添要一に大敗し、山本は「効果的な動きが出来なかった自分自身の不甲斐なさを感じる」と述べた。また、細川について「細川さんはワイドショー選挙をできると思って、メディアを信じていたようだが、それは大きな間違いだ」と指摘しつつ、「反旗を翻したファイティングスピリットは感動した」と脱原発を公約したことを評価した。山本太郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1951件中 1 - 10件表示

「メディア」のニューストピックワード