前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1627件中 1 - 10件表示
  • アクセス権 (知る権利)

    アクセス権 (知る権利)から見たマスメディアマスメディア

    アクセス権(-けん)とはマスメディアに対して個人が意見発表の場を提供することを求める権利。反論記事の掲載要求(反論権)や紙面・番組への参加などがこれにあたる。アクセス権 (知る権利) フレッシュアイペディアより)

  • ゲーム脳

    ゲーム脳から見たマスメディアマスメディア

    テレビや新聞などのマスメディアにおいては、少年および若者による凶悪犯罪事件が発生し、その犯人が過去や日常においてゲームを所持、または遊んでいたと判明した場合、しばしば森にインタビューを求めたうえでゲーム脳について言及し「犯行の原因がテレビゲームによるゲーム脳ではないか」と報じられることがある。ゲーム脳 フレッシュアイペディアより)

  • 勝谷誠彦

    勝谷誠彦から見たマスメディアマスメディア

    利権談合共産主義(りけんだんごうきょうさんしゅぎ)とは、国家、政治家や官僚、マスメディア、国民が互いに癒着を起こして、利権政治や談合政治を行い、また国民がそれを黙認する日本独自の政治体制・政治思想、もしくはそのさまを揶揄した造語である。利権・談合についてはそれぞれの項目を参照のこと。勝谷誠彦 フレッシュアイペディアより)

  • マスコミュニケーション

    マスコミュニケーションから見たマスメディアマスメディア

    マスコミュニケーション()あるいは大衆伝達(たいしゅうでんたつ)とは、マスメディア(具体的にはテレビ、ラジオ、インターネット、新聞、雑誌、書籍、口語など)を用いて、不特定多数の大衆(マス)に大量の情報を伝達すること。マスコミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • ウィキペディア日本語版

    ウィキペディア日本語版から見たマスメディアマスメディア

    ウィキペディア日本語版は2001年5月頃に発足したが、当初は編集者も少数で、ローマ字表記の項目が約23項目とコンテンツもほとんどなく、認知もほとんどされていなかった。2002年夏のシステム更新によって日本語表記に対応するようになり、2003年から2004年にかけていくつかのマスメディアで取り上げられたことがきっかけとなって認知され始めた。漫画やアニメのトリビア的な記事、声優の紳士録的記事など、日本語版ならではの記事が急増した時期もこの頃である。ウィキペディア日本語版 フレッシュアイペディアより)

  • メディア・リテラシー

    メディア・リテラシーから見たマスメディアマスメディア

    メディア・リテラシーで取り扱われるメディアには、公的機関やマスメディア(新聞、テレビ、ラジオ等)を始め、映画、音楽、書籍や雑誌等の出版物、インターネット、広告等、様々なものがあり、口コミ(口頭やブログ等)や各種の芸術等も含まれることがある。メディア・リテラシー フレッシュアイペディアより)

  • 橋下 徹

    橋下徹から見たマスメディアマスメディア

    2007年(平成19年)12月に2008年大阪府知事選挙への立候補が報道されたが、当初は「2万%あり得ない」と否定した。後の出馬会見で、実際には自民党の古賀誠・選挙対策委員長、堺屋太一らと東京で会い、立候補を了承していたこと、報道された場合は会談自体なかったことにすることで合意していたことを明らかにした。2007年12月11日、再び大阪府知事選挙への立候補の意思があると報じられ、マスメディアの報道が出馬と否定に割れたが、本人は12月11日午後に再度否定した。翌12日、大阪府庁で行われた記者会見において正式に出馬表明。普段のラフなスタイルと打って変わって髪は黒く、サングラス(色付き眼鏡)も掛けず、スーツにネクタイ姿で現れた。橋下徹 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の大韓民国

    2009年の大韓民国から見たマスメディアマスメディア

    1月30日 - 女性7人連続殺人事件発覚。容疑者が逮捕され、京畿道で2006年12月から2008年12月にかけて失踪した女性7人について、全員を殺害したと供述。遺体も発見された。後に、8人目の殺害が判明し、妻と義母の保険金殺害容疑も含めて、被害者は計10人まで拡大した。事件の凶悪さに韓国社会は震撼。韓国のマスメディアの多くが、原則非公開である容疑者の顔写真や実名について、異例の公開に踏み切った。また、1997年以来、執行が停止されている死刑について、再開を求める声が高まった 。2009年の大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • 人権蹂躙

    人権蹂躙から見たマスメディアマスメディア

    従来、大量の情報を大衆に対して送信するマスコミュニケーションは、伝統的なマスメディア(テレビ、新聞、ラジオ、出版等の報道機関)によって、一方的な流通とならざるを得なかった。このような「情報の送り手」であるマスメディアと、「情報の受け手」である大衆(一般の個人)の分離によって、表現の自由(報道の自由)は偏在した。このため、表現者としての「強者」であるマスメディアが、表現の自由(報道の自由)を存分に行使することによって、表現者としては「弱者」である大衆のプライバシー権や人格権といった人権を侵害することが問題視されるようになった。その典型例として、報道被害やメディアスクラムなどが挙げられる(報道被害参照)。これに対して、報道機関は「自主規制」によって過剰な報道という人権の行使に一定の歯止めをかけるようになった。人権蹂躙 フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔ちゃん命名騒動

    悪魔ちゃん命名騒動から見たマスメディアマスメディア

    悪魔ちゃん命名騒動(あくまちゃんめいめいそうどう)とは、実子に対する命名を不適切であるとして行政が受理を拒否し、マスメディアで話題になった事例である。悪魔ちゃん命名騒動 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1627件中 1 - 10件表示