1627件中 121 - 130件表示
  • 島田一男 (社会心理学者)

    島田一男 (社会心理学者)から見たマスメディアマスメディア

    岩手県生まれ。東京文理科大学心理学科卒、研究科修了。聖心女子大学文学部助教授を経て、教授。1993年定年退任、名誉教授、川村学園女子大学教授、文学部長を務める。日本心理学会理事・日本社会心理学会会長を歴任し、マスコミでも幅広く活躍した。島田一男 (社会心理学者) フレッシュアイペディアより)

  • 自由と民主主義の宣言

    自由と民主主義の宣言から見たマスメディアマスメディア

    1970年代初頭に入ると、それまで展開してきた高度経済成長の歪みとして、公害問題や各地で市民運動が高揚する中で、左派(=革新)勢力が伸張した。これにより、日本共産党やかつての日本社会党などが各地で支持を集め、多くの革新自治体が生まれた。これとともに社共共闘と革新統一も進み、当時盛んに言われてきた民主連合政府という構想が台頭した。これに対し、自民党や財界などは、マスコミ等において「自由社会を守れキャンペーン」を展開し、『共産主義=左翼の全体主義』という図式として、共産党や左派勢力を削ぐことに傾注した。また対外的には、ソ連や中国における一党独裁政権下による人権蹂躙が横行するなかで、この文書は、そのような動きに対抗する形で作成された。内容からして、民主連合政府構想を樹立するため、日本共産党の政治路線をアピールするものであった。自由と民主主義の宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 電波男 (評論)

    電波男 (評論)から見たマスメディアマスメディア

    恋愛資本主義とは、恋愛そのものを商品化し、恋愛を消費行動に結びつける、マスメディアと電通が支配しているシステムであるとしている。また、恋愛資本主義に冒された社会は純愛の存在し得ない社会であり、「日本が駄目になったのは、80年代に女の脳が腐ってしまったために、愛を見失った男がやる気をなくしてしまったのだ」と評している。電波男 (評論) フレッシュアイペディアより)

  • 岡久雄

    岡久雄から見たマスメディアマスメディア

    26歳のときニット製品製造販売業「株式会社糸美屋」を設立。大手に顧客を多数持つ優良企業であったが、1989年(平成元年)に押しよせてくる繊維不況を見越して黒字のまま廃業(廃業するには、資産を元手に手形が実際に現金化されるまでの数カ月の期間、会社が営業を続けていくための運転資金(現金)が必要である)するはずであったが、北陸銀行大阪支店に突然融資を拒否されたため窮地に陥ったという(幸い旧知の仲である商社に助けてもらい難を逃れたという)。青木雄二も「こんなことは漫画家であっても想像できない」と北陸銀行と大蔵省を非難していた。マスコミの話題に挙がると、銀行に「金を貸さなかったのは正当である」という理由で提訴され係争した。岡久雄 フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・SP2

    フォルクスワーゲン・SP2から見たマスメディアマスメディア

    この車が発表されると、国産の空冷フォルクスワーゲン車に加えられた多くの改善点、個性的な内装、数々の特別装備品や素晴らしい仕上げといった面で直ぐにマスメディアの注目を集めた。フォルクスワーゲン・SP2 フレッシュアイペディアより)

  • ジグジドゥ・ムンフバト

    ジグジドゥ・ムンフバトから見たマスメディアマスメディア

    息子である白鵬の番付が上がっていくにつれ、「白鵬の父は偉大だった」というような見出しでテレビなどマスメディアに紹介されるようになり、日本国内でも再度注目を浴びるようになった。ジグジドゥ・ムンフバト フレッシュアイペディアより)

  • 浅香圭

    浅香圭から見たマスメディアマスメディア

    マスメディア・イベント等にも時々出演している。浅香圭 フレッシュアイペディアより)

  • 帝国以後

    帝国以後から見たマスメディアマスメディア

    アメリカはミリシアに見られるように政府に対する本質的な不信があるが、西欧諸国では、福祉制度に見られるように、本質的には信頼がある。このためアメリカ的社会モデルは西欧諸国を不安定にする。とりわけ、アメリカの示す市場原理主義は、社会の結束が強い直系家族社会であるドイツと日本に衝撃となる。アメリカのマスメディアは両国を後進的で閉鎖的として改革を要求するが、実際には両国経済が近年不調であるのは生産性が高すぎるからだとトッドは指摘する。1929年の世界恐慌が、当時最も生産性が高かったアメリカ経済を直撃したのと同様である。そもそも、ドイツと日本がアメリカのように巨額の貿易赤字を出すことは起こり得ない。また、ユーロはドルに対抗する国際通貨であり、ドルの基軸通貨としての地位を脅かすものである。東ヨーロッパとロシアはすでにユーロ圏に組み込まれつつある。帝国以後 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤道夫

    佐藤道夫から見たマスメディアマスメディア

    東京地検特捜部では西山事件の捜査を担当し、起訴状を書いた。起訴状に記された「女性事務官をホテルに誘ってひそかに情を通じ、これを利用して」という起訴理由は、世論を国家が密約を結んだことの是非から、西山の私的なスキャンダルに向けさせた。後年、米国側の公文書公開で密約が明らかにされた後、テレビ朝日の『スーパーモーニング』に出演し、当時を振り返って「言論の弾圧といっている世の中のインテリ、知識層、あるいはマスコミ関係者なんかにもね、ちょっと痛い目にあわせてやれという思い」から起訴状の文言を考えたと述べた。佐藤道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 近代学校教育制度

    近代学校教育制度から見たマスメディアマスメディア

    消費社会に突入し、子供に既製服を買い与える余裕が発生すると、殊更近代学校教育制度の理想を体現したような、子供服が流通するようになった。即ち、半ズボン全盛期である。また、児童文学を原作とした実写ドラマ群が大量に制作され、学校とマスコミが両輪となって、「子供らしさの強制」を美徳として伝播した。戦前・戦中世代が、親としても、教員としても健在であったため、教育する側の権威が高かった。管理教育とも呼ばれる、理不尽な教育が行われることもあったが、大抵の子供や親は、従った。近代学校教育制度 フレッシュアイペディアより)

1627件中 121 - 130件表示

「メディア」のニューストピックワード