1627件中 11 - 20件表示
  • 博多

    博多から見たマスメディアマスメディア

    明治時代に行政上として消滅した博多の地名は1972年に博多区として復活するも、その区域は旧来の博多(狭義)から大幅に拡張されたものであった。またJR九州・JR西日本の駅名が「博多」であることから、旅行者や出張・転勤者に「福岡=博多」という認識が生まれた。マスメディアにおいても似たような認識で「博多」の地名が用いられる。博多 フレッシュアイペディアより)

  • メディア規制三法

    メディア規制三法から見たマスメディアマスメディア

    個人情報保護法及び人権擁護法に関しては、主に新聞社・出版社・放送局などのマスメディアや個人ジャーナリストの取材活動を制約する恐れを指摘する意見が多かったが、後者に関しては2005年に政府・与党が再提出の準備を開始した際はメディア規制に関連する条項を凍結し、状況に応じて凍結解除の法案を提出すると言う手法が検討された経緯も有り「報道の自由」的な観点よりも「言論・表現活動に対する脅威」と言う観点が強調された反対運動が展開された。メディア規制三法 フレッシュアイペディアより)

  • テレマーケティング

    テレマーケティングから見たマスメディアマスメディア

    顧客との接点は、初回接触、見込客の段階、顧客、優良顧客の段階と成長していくものであり、それぞれの顧客の段階に合わせたコミュニケーションが必要になる。また、マスメディアによる広告や、ダイレクトメール、インターネットなど他のメディアとの連携が求められるため、当然のことながらダイレクトマーケティングの中で構成される。テレマーケティング フレッシュアイペディアより)

  • 芳賀ゆい

    芳賀ゆいから見たマスメディアマスメディア

    芸能人である伊集院と、一般人であるリスナーの自分達が一緒に『アイドル』を作り上げているという連帯感。同じ『一人の女の子』を作り上げているのにリスナーそれぞれが違う女の子を想像したり空想する妙味。途中からは芳賀ゆいというキャラクターを作っているのではなく、さも実在しているかのような語り口となった。その後CBSソニーがCDデビューのリリース元に名乗りを上げ、商業面での進行が現実となり、世間で徐々に話題になっていくと「本当は自分達が作り上げた架空の・・」と、悪戯が成功した子供のような達成感を覚える。秘密を共有しているような高揚感が『芳賀ゆいプロジェクト』の最大の武器にして成功の原動力となったのである。実際にCDが発売され、マスメディアで取り上げられる機会も増えた一方で、伊集院光をはじめとしたスタッフ及びファンクラブから選ばれた一部のリスナーが企画会議をし、イベントを次々に開催するようになった。これは商業ベースに乗せてしまった以上抗えないオトナの事情に対する、ささやかなアンチテーゼでもあった。企画の肥大化と共に徐々に関係者も増え、リスナーには関与出来ない箇所も増えてきたが、伊集院光は企画の中心に一貫して座し、「芳賀ゆいは伊集院光のANNとそのリスナーのもの」と、その軸がぶれる事は無かった。彼のリスナーを大事にする姿勢からリスナー達にも出来る限りの裁量を与えていた。芳賀ゆい フレッシュアイペディアより)

  • 碓井優

    碓井優から見たマスメディアマスメディア

    しかし1979年真藤がIHIを退社、生方泰二が社長に就任すると会社はコンピュータ外販部門からの撤退を決定。碓井はこれと対立、外販部門の子会社化などを会社に提言するが聞き入られず、やむなく賛同者と共に同社の集団脱藩(退社)を決意した。脱藩決行日が近づくにつれ、家族の反対などで退社を辞め会社に残る者が続出。ところが『サンデー毎日』がこれをスクープし同誌に掲載されると、大企業からの集団脱藩という前代未聞の大事件に世間は大いに騒いだ。彼らを「赤穂浪士」に例えたり、「現代サラリーマン社会の英雄」などと持ち上げる論調が多く結果的にマスコミや世間の大きな注目を浴びた事で「一緒に連れて行って欲しい」と希望する者が増え1981年、79人の仲間と共に同社を脱藩し、ソフトウエア開発会社・『コスモ・エイティ』を設立した。碓井は時代の寵児として持て囃され、当時の経済誌などマスメディアに華々しく取り上げられた。また、『コスモ・エイティ』を紹介するのに「ベンチャービジネスの旗手」であるとか、社名の前に必ずといっていい程「ベンチャービジネスの?」と冠詞を付けられた。ベンチャーはアメリカのシリコンバレーから派生した言葉だが、日本で言葉として広く定着したのはこの時からである。碓井優 フレッシュアイペディアより)

  • 情報操作

    情報操作から見たマスメディアマスメディア

    テレビやラジオなどのマスメディアを活用すれば、その人数は爆発的に増加する。多くのマスメディアもまた一企業であるため、会社の利害及び経営方針、社風、株主や規制当局の意向等により情報操作が行われる可能性がある。これらマスメディアの編集方針による情報操作は偏向報道とされる。顕著なものは情報操作 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見たマスメディアマスメディア

    2のうち、さらに一部が日本政府の公式用語としての「不登校 (理由別長期欠席者数)」にあたる。これを受けて、マスメディアにおいては、不登校全体のうち、「理由別長期欠席者数統計における不登校区分」に当たるもののみに限定して、「不登校」と表記し、それ以外の長期欠席を含めていないことも多いため、注意が必要である。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 志布志事件

    志布志事件から見たマスメディアマスメディア

    マスメディアでは鹿児島事件(かごしまじけん)・鹿児島選挙違反事件(かごしませんきょいはんじけん)・鹿児島県議選買収事件(かごしまけんぎせんばいしゅうじけん)との通称も使われる。志布志事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見たマスメディアマスメディア

    毛沢東の死後、1976年に四つの近代化の一つとして科学技術が定められた。新たな指導者である小平は科学技術の強力な推進者であり、文化大革命の方針を翻し改革開放をおこなった。ソビエト連邦を参考にしたシステムは次第に改良されていった。メディアは科学技術や科学的思考、科学事業の価値を喧伝し始めた。第三、第四世代の指導者は技術部門を専門とする者から選ばれた。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋哲雄

    高橋哲雄から見たマスメディアマスメディア

    また1952年から始まった全日本都市対抗バレーボール優勝大会(現黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会)を発案。当時マスコミに取り上げられる機会の少ないマイナースポーツだったバレーボールを憂い、この頃非常に盛んだったアマチュア野球の都市対抗野球大会のような大会が出来ないものか、と考え毎日新聞大阪本社運動部のバレー担当記者だった大村至信に相談。高橋、大村や当時同社運動部部長だった南部忠平らの尽力もあり、大阪を舞台に1952年から同大会は開催された。優勝旗を都市対抗野球の「黒獅子旗」に対抗して「黒鷲旗」とするなどのアイデアは高橋が出したもの。この大会の開催はバレーのメジャー化に大きな功績があった。高橋哲雄 フレッシュアイペディアより)

1627件中 11 - 20件表示

「メディア」のニューストピックワード