1951件中 11 - 20件表示
  • 雲仙岳

    雲仙岳から見たマスメディアマスメディア

    メディアはこの火砕流の様子を捉えるため、避難勧告地域内ではあるが、溶岩ドームから4.0kmの距離があり、さらに土石流が頻発していた水無川からも200m離れていた上、40mの高台となっていた北上木場町の県道を撮影ポイントとするようになった。この場所は普賢岳を真正面に捉えることが出来たこともあってメディアに好まれ、いつしか「定点」という呼び名が定着した。こうして最初の火砕流が発生した24日以降、「定点」には10数台もの報道関係者の車両が並ぶ状況となった。1991年当時、報道各社は紙面にカラー写真を多用し始めており、普賢岳災害においても各社はカラー写真で競い合っていた。5月28日に毎日新聞が火砕流の夜間撮影に成功すると、競争は更に激しくなった。雲仙岳 フレッシュアイペディアより)

  • ウィキペディア日本語版

    ウィキペディア日本語版から見たマスメディアマスメディア

    ウィキペディア日本語版は2001年5月頃に発足したものの、当初は編集者も少数で、ローマ字表記の項目が約23項目とコンテンツもほとんどなく、認知もほとんどされていなかった。2002年9月のシステム更新によって日本語表記に対応するようになり、2003年から2004年にかけていくつかのマスメディアで取り上げられたことがきっかけとなって認知され始めた。漫画やアニメのトリビア的な記事、声優の紳士録的記事など、日本語版ならではの記事が急増した時期もこの頃である。ウィキペディア日本語版 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地直子

    菊地直子から見たマスメディアマスメディア

    菊地は同年11月の河口湖マラソン(3時間23分3秒、完走75人中24位)を皮切りに1992年(平成4年)東京国際女子マラソン(途中棄権)、1994年(平成6年)大阪国際女子マラソン(3時間7分40秒、自己ベスト記録、127位)にオウム真理教陸上競技部として出場し、一部週刊誌に取り上げられた経歴を持つ。また、1995年4月19日〜4月25日の5回にわたり、山梨県西八代郡上九一色村の施設から東京都八王子市のアジトに爆発物の原料となる薬品類の運搬役をしたとされ(東京都庁小包爆弾事件)、ここからマスメディアにより『走る爆弾娘』の異名を付けられる(なお、後述するとおり第1審判決においては、爆発物の原料を運んでいるという認識がなかったとして爆発物取締罰則違反罪の成立は認められていない)。菊地直子 フレッシュアイペディアより)

  • メディア規制三法

    メディア規制三法から見たマスメディアマスメディア

    個人情報保護法及び人権擁護法に関しては、主に新聞社・出版社・放送局などのマスメディアや個人ジャーナリストの取材活動を制約する恐れを指摘する意見が多かったが、後者に関しては2005年に政府・与党が再提出の準備を開始した際はメディア規制に関連する条項を凍結し、状況に応じて凍結解除の法案を提出すると言う手法が検討された経緯も有り「報道の自由」的な観点よりも「言論・表現活動に対する脅威」と言う観点が強調された反対運動が展開された。メディア規制三法 フレッシュアイペディアより)

  • クリプト (企業)

    クリプト (企業)から見たマスメディアマスメディア

    ビューラーが釈放された直後にクリプト社は彼を解雇し、ビューラーに100万USドルを請求した。スイスのマスメディアとドイツの雑誌デア・シュピーゲルは1994年にこの件を採り上げ、クリプト社の機器が実際に西側情報機関により解読されたかどうかという疑問を追及した。クリプト (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 碓井優

    碓井優から見たマスメディアマスメディア

    しかし1979年真藤がIHIを退社、生方泰二が社長に就任すると会社はコンピュータ外販部門からの撤退を決定。碓井はこれと対立、外販部門の子会社化などを会社に提言するが聞き入られず、やむなく賛同者と共に同社の集団脱藩(退社)を決意した。脱藩決行日が近づくにつれ、家族の反対などで退社を辞め会社に残る者が続出。ところが『サンデー毎日』がこれをスクープし同誌に掲載されると、大企業からの集団脱藩という前代未聞の大事件に世間は大いに騒いだ。彼らを「赤穂浪士」に例えたり、「現代サラリーマン社会の英雄」などと持ち上げる論調が多く結果的にマスコミや世間の大きな注目を浴びた事で「一緒に連れて行って欲しい」と希望する者が増え1981年、79人の仲間と共に同社を脱藩し、ソフトウエア開発会社・『コスモ・エイティ』を設立した。碓井は時代の寵児として持て囃され、当時の経済誌などマスメディアに華々しく取り上げられた。また、『コスモ・エイティ』を紹介するのに「ベンチャービジネスの旗手」であるとか、社名の前に必ずといっていい程「ベンチャービジネスの?」と冠詞を付けられた。ベンチャーはアメリカのシリコンバレーから派生した言葉だが、日本で言葉として広く定着したのはこの時からである。碓井優 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年尖閣諸島抗議デモ

    2010年尖閣諸島抗議デモから見たマスメディアマスメディア

    一方、中国においても反日デモや「日本の反中デモに対抗するデモ」が四川省や河南省など各地で発生し、デモ隊が暴徒化して日系企業の店舗や日本車を壊すなど、警察当局も抑えきれない規模に膨れ上る場面もあったが、回数を経るごとに武装警官を投入するなどの対策を講じ終息した。また、一部のデモでは反日を口実として中国政府の内政に対する批判が行われ、日本のメディアに注目された。2010年尖閣諸島抗議デモ フレッシュアイペディアより)

  • メディア・バイアス

    メディア・バイアスから見たマスメディアマスメディア

    メディア・バイアス (media bias) は、メディアが情報を伝えるときに、ソースのどの部分を取捨選択して伝えるかに生じるゆがみである。メディア・バイアス フレッシュアイペディアより)

  • 山形メディアタワー

    山形メディアタワーから見たマスメディアマスメディア

    山形メディアタワー(やまがたメディアタワー、Yamagata Media Tower)は、山形県山形市旅篭町にあるマスメディア施設。山形新聞・山形放送等が入居し運営を行っている。2007年5月25日にグランドオープンした。放送・新聞等マスメディアの中心拠点を作ることを目指している。山形メディアタワー フレッシュアイペディアより)

  • 文明の同盟

    文明の同盟から見たマスメディアマスメディア

    2006年に、ハイレベル・グループ(HLG)により発表された最終報告書は、2部構成である、第1部は、イスラム世界と西欧社会との関係における世界的な背景と状況を分析した報告書であった。イスラム社会と西欧社会との関係を本質的かつ永続的に改善するためには、政治的段階を踏むことが必須であるとされ、包括的な政策が提案された。第2部は、異文化間の緊張は、いまや政治的レベルを超えて人々の心や感情にまで広がっているという内容であった。これに対処するため、教育、人種統合と人口移動、青少年、マスメディアの4分野から、概略的な提案が記されていた。文明の同盟 フレッシュアイペディアより)

1951件中 11 - 20件表示

「メディア」のニューストピックワード