1627件中 21 - 30件表示
  • 桃花台ニュータウン

    桃花台ニュータウンから見たマスメディアマスメディア

    2軒の住宅から突然家主が引っ越した事を不審に思った近所の住民が、都市再生機構に問い合わせたところ、地盤沈下の事実を知る。2005年にはこの2軒の住宅周辺の住民からも、都市再生機構に対し「家が傾いてきた」などの苦情が相次いで届くようになる。その結果都市再生機構がそれらの住宅を調査したところ、数軒で地盤沈下が判明する。2006年2月都市再生機構は、問題となっている地域のボーリング調査を開始する。すると、さらに十数軒の住宅が沈下している事が判明。この事は、マスメディアによって大きく報じられる事となる。桃花台ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • ネットカフェ難民

    ネットカフェ難民から見たマスメディアマスメディア

    2007年1月28日に、NNN系列のドキュメンタリー番組『NNNドキュメント』が、住所不定でなおかつネットカフェに泊まり歩きながら生計を立てている若者を密着取材し、「ネットカフェ難民 漂流する貧困者たち」と題して放送した。これは、マスメディア上で「ネットカフェ難民」という用語が使用されたのを確認できる最初の例である。当時、同番組のチーフディレクターであった水島宏明は、この名称について「周囲から孤立し、未来への展望が抱けず、(かつて自分が取材した)難民キャンプを連想し、“難民”という言葉でしか表現できないと思った。」と述べている。また、「違う言葉であれば、これほど注目されたり、厚生労働省などが対策に乗り出すことはなかったと思う。」とも述べた。その後、本番組が大きな反響を呼び、他のマスメディアもこの言葉を引用するに至った。ネットカフェ難民 フレッシュアイペディアより)

  • 偏向報道

    偏向報道から見たマスメディアマスメディア

    ヨハネス・グーテンベルクの活版印刷技術の発明以降、特にマスコミが台頭してきた19世紀、この「世論誘導力」の大きさに驚き、注目したのは権力者達であった。そして自らの権力安泰を図るために法、すなわち表現・言論を統制するための法を制定あるいは強化し、権力者に都合のよい報道が各国で行われた。すなわち偏向報道の歴史はマスコミ台頭と同時にはじまっている。偏向報道 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇制

    天皇制から見たマスメディアマスメディア

    現代では(共産党とは関係なく)マスメディア等、一般でも使用されている。天皇制 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越俊太郎

    鳥越俊太郎から見たマスメディアマスメディア

    1999年に埼玉県のJR桶川駅前で発生した「桶川ストーカー殺人事件」におけるマスメディアの報道姿勢(「単なる男女の痴話げんか」など)に疑問を抱き、『ザ・スクープ』で独自取材。その結果、警察の虚偽発表と怠慢が次々と明るみになり、2001年には、日本記者クラブ賞を受賞する。鳥越俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 劇場型犯罪

    劇場型犯罪から見たマスメディアマスメディア

    世間、企業などを舞台とし、実行犯が主役、警察が脇役、マスメディアの人間や一般人が観客、という構造になっているものが多い。犯罪が行われているにも関わらず、人々がそれを見世物として楽しむという行動が見受けられるのが特徴である。劇場型犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • 金融腐蝕列島

    金融腐蝕列島から見たマスメディアマスメディア

    舞台は1997年、大手都市銀行の朝日中央銀行、通称ACB(Asahi Central Bank)。バブル期に行われた丸野證券がらみの総会屋への不正融資300億円の処理が問題となるが、旧態依然とした経営陣には危機感がない。しかし5月、東京地検特捜部がついにACB本店に家宅捜索に入る。役員らは頭取・会長の交替でことを済ませ責任を回避しようとするが、捜査の進展につれて事態が次々と明らかになり、マスコミから激しいバッシングを受ける。金融腐蝕列島 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たマスメディアマスメディア

    F.ルーズベルトは、みずからの障害体験から障害者支援には積極的で、大統領就任後、ポリオ対策のために国立小児麻痺財団(the National Foundation for Infantile Paralysis)を設立して募金活動をおこない、ワームスプリングスには彼の死後、ルーズベルトポリオ病院が建てられた。ただ、かれ自身は日常生活において車いすを用いていたものの、その姿をマスメディアにみられるのを嫌い、車いす姿の写真も2枚しか残っていない。また、メディア側もあえてそのことを報道しなかったため、当時のアメリカ国民は大統領に麻痺があったことはほとんど知らなかったという。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台都市圏

    仙台都市圏から見たマスメディアマスメディア

    上記のような複数の道路を一括して国土交通省は「仙台都市圏環状自動車専用道路」を公式に使用し、その他に「仙台都市圏高速環状ネットワーク」「仙台環状自動車専用道路」「仙台環状道路」を使用している。マスメディアでは、「仙台都市圏高速環状道路」「仙台都市圏高速環状道」「仙台圏高速環状道」「仙台高速環状道」「仙台圏環状道路」「仙台環状道」「環状高速」「環状道路」などと称されてきた。このような名称の混乱状態を解決するために愛称の公募が行われ、環状道路の中に杜の都・仙台がある様子をイメージさせるとの理由から「ぐるっ都・仙台」に決まり、2010年(平成22年)10月3日に発表された。仙台都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原敏男

    藤原敏男から見たマスメディアマスメディア

    1974年3月、キックボクシングに転向していた元プロボクシング世界フェザー級王者西城正三と対戦。西城は転向後、16試合15勝1引き分け13KOと連勝街道を突っ走っていた。世紀の一戦とマスメディアも煽り立てたこの試合は、1Rから西城がパンチ中心で攻めるのに対し、藤原はパンチ・蹴りと上下に散らし、バランス良く攻める。2Rから藤原の攻めにスピードが乗りヒットし始めると、西城の攻めは空振りが目立ち始める。3Rに入り、西城が一方的に攻められる状態になり、KOなるかの直前に西城陣営からタオルが投げ込まれ、試合を棄権。藤原のTKO勝ちとなった。同年11月26日、東京体育館でBBTVライト級タイトルマッチでジャイディ・ピサラヌンチャン(ラジャダムナン・ライト級王者)と対戦したが4度のダウンを喫し、判定負けした。藤原敏男 フレッシュアイペディアより)

1627件中 21 - 30件表示

「メディア」のニューストピックワード