1627件中 31 - 40件表示
  • 柳条湖事件

    柳条湖事件から見たマスメディアマスメディア

    一般の日本国民は、満州事変における関東軍の行動を熱狂的に支持した。当時の児童の作文などからは、沸き上がってくる軍国熱とともに不安や緊張も綴られている。当時、上述の中国側の無抵抗方針や現地の奉天総領事の判断や見解は一切報道されておらず、その点ではマスメディアの報道のあり方にも問題があった。もとより、少数ながら事件に対し批判的なメディアもあった。石橋湛山の『東洋経済新報』は、中国国民の覚醒と統一国家建設の要求はやみがたいものであり、力でそれを屈服させることは不可能だと論じた。柳条湖事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉

    国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉から見たマスメディアマスメディア

    元々深夜放送にもかかわらず次第に評判となり、2005年7月16日には「ドスペ!」枠(19-21時)でゴールデンタイムの特別番組が放送された。この時のスペシャルにゲスト出演した奥菜恵と杉田かおるが放送直後に相次いで離婚したことで、この離婚の話が後にマスメディアで話題となった。国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉 フレッシュアイペディアより)

  • 法と正義

    法と正義から見たマスメディアマスメディア

    国民保健制度は公立病院の医療費が原則無料である従来の制度を堅持。同性愛や安楽死には反対で、一切の妥協を許さない。男女は人間として平等であっても家庭や仕事において性の違いによる役割の区別はあるべきだ、という伝統的な家族観の堅持とその道徳的普及に努め、性や暴力の表現に関してはマスメディアの統制も辞さない構えである。法と正義 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉劇場

    小泉劇場から見たマスメディアマスメディア

    マスメディアは郵政民営化について自民党執行部が主張するメリットと造反組が主張するデメリットと上げてメリット・デメリットの双方を比較する一方で、小泉首相の強権的姿勢には批判的な報道が多かった。しかし、上述の解散経緯によって、小泉へのマスメディアの注目力を上昇させた。選挙中は与党候補は一貫して郵政民営化を訴え、郵政民営化を国民的議題に乗せ、郵政民営化を問う選挙にすることに成功した。解散当初は自民党の分裂選挙で民主党が漁夫の利を得ると思われていたが、自民党の分裂選挙が大きく注目されて郵政民営化が選挙の争点となったため、法案審議中に郵政改革に対して明白な政策を打ち出していなかった民主党は自民党の分裂選挙に完全に埋没した。小泉劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 山形メディアタワー

    山形メディアタワーから見たマスメディアマスメディア

    山形メディアタワー(やまがたメディアタワー、Yamagata Media Tower)は、山形県山形市旅篭町にあるマスメディア施設。山形新聞・山形放送等が入居し運営を行っている。2007年5月25日にグランドオープンした。放送・新聞等マスメディアの中心拠点を作ることを目指している。山形メディアタワー フレッシュアイペディアより)

  • 山崎照朝

    山崎照朝から見たマスメディアマスメディア

    そんな山崎が世間に注目され、各種マスメディアに取り上げられることとなる。そのきっかけはキックボクシングに参戦し、KO勝利を続けたからであった。1969年4月からNETは、TBS・日本テレビに続き、「ワールドキックボクシング」を放映すると決定した。NETは、ムエタイ選手や日本拳法空手道ら空手の各流派に出場要請をして選手集めをする他、極真会館へも同年2月に参戦依頼をしてきた。大山倍達は当時の高弟から、山崎の他、添野義二・及川宏を選出し、極真ジム所属として参戦させ、彼らは「極真三羽烏」と紹介された。山崎は「目立つのが好きじゃないし、プロになるつもりはなかった。ただ、NETが沢村忠の30連勝をストップしたムエタイのカンナンパイ・ソントーンを対戦相手に用意していることに心引かれ、『1,2戦のみだけではだめですか? キックボクシングがどういうものか知りたいし、そのカンナンパイと戦ってみたいのですが…』と大山館長にお願いした」と吐露している。極真ジムとして参戦していたので、セコンドには佐藤勝昭など門下生がサポートした。山崎照朝 フレッシュアイペディアより)

  • 大向美咲

    大向美咲から見たマスメディアマスメディア

    同年8月20日、大向を含む新人海女3人が、7月27日に「小袖海女の会」をそろって退会していたと日本のマスメディアで報じられ始めた。8月23日には大韓民国でも国民日報が脱会について報じ、韓国語の各ネットメディアでも報道された。8月24日には台湾でも自由時報が退会について報じた。退会の原因として、1か月あたり27日働いて給料が7万程度だったから、また、先輩海女と接客態度について意見が対立したから等と報道された。大向美咲 フレッシュアイペディアより)

  • ミッチー・ブーム

    ミッチー・ブームから見たマスメディアマスメディア

    民間人である美智子が、皇太子の「テニスコートでの自由恋愛」により結婚に至ったこと、美智子がカトリックのミッション系大学出身者であったことなどをマスメディアが報道し、大きな話題となる。これを契機にテレビが普及するなど、戦後日本の経済、ファッション、マスメディアなどの領域で、社会に大きな影響を与えた。ミッチー・ブーム フレッシュアイペディアより)

  • 明石花火大会歩道橋事故

    明石花火大会歩道橋事故から見たマスメディアマスメディア

    明石花火大会歩道橋事故(あかしはなびたいかいほどうきょうじこ)は2001年7月21日に発生した群集事故。死傷者258人の大惨事であり、加えて、兵庫県警察の警備体制の不備、事故後の対応が問題となり、マスコミで大々的に報じられた。明石花火大会歩道橋事故 フレッシュアイペディアより)

  • 世界基督教統一神霊協会

    世界基督教統一神霊協会から見たマスメディアマスメディア

    教団は世界各国に進出しており、韓国以外では日本の信者が最も多いと思われるが、マスメディアによる批判報道(特に『朝日新聞』と『文藝春秋』)や度重なる多額の献金要求の影響もあって、信者数は減少したといわれる。世界基督教統一神霊協会 フレッシュアイペディアより)

1627件中 31 - 40件表示

「メディア」のニューストピックワード