1627件中 41 - 50件表示
  • 2007年東京都知事選挙

    2007年東京都知事選挙から見たマスメディアマスメディア

    マスメディアでは、吉田・石原・浅野・黒川の4候補を「主要候補」として、報道時間や紙面のスペース、記事として取り上げる回数などを多く取るなどして扱った。青年会議所・リンカーン・フォーラム共催の公開討論会(3月15日開催)でも上記の4人が招かれ(中松は20日に立候補を表明しているので、元々招かれる立場にない)、各テレビ番組での討論も主要4候補のみが招かれた。2007年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ニート

    ニートから見たマスメディアマスメディア

    本田由紀や後藤和智らは、「ニート」という語が大きな誤解を招き、偏見や差別が助長され、それによりニートの状態にある者の社会参加が困難になったと主張する。前述の通り玄田有史によってアルファベットの"NEET"が“ニート”と言い換えられただけではなく、玄田がイギリスのそれとは異なる「教育を受けておらず、労働や職業訓練もしていない“15歳”から34歳の若者”」と定義したことや、玄田以外の学識経験者や教育関係者らの持論(「働く意欲のない若者が増えている」など)に基づいたマスメディアの報道などが寄与したと指摘し、「ニートという語を使用すべきではない」と強く訴えている。ニート フレッシュアイペディアより)

  • ノーム・チョムスキー

    ノーム・チョムスキーから見たマスメディアマスメディア

    彼の業績は言語学分野にとどまらず、戦争・政治・マスメディアなどに関する100冊以上の著作を発表している。1992年のA&HCIによると、1980年から1992年にかけてチョムスキーは、存命中の学者としては最も多く、全体でも8番目に多い頻度で引用された。彼は文化論における巨魁と表現され、2005年には投票で「世界最高の論客」 (world's top public intellectual) に選ばれた。ノーム・チョムスキー フレッシュアイペディアより)

  • メディア (媒体)

    メディア (媒体)から見たマスメディアマスメディア

    また、日常生活などの文脈では「マスコミ」の同義語として用いられることが多い。すなわち、不特定多数の受け手を対象に情報を発信するような新聞、テレビ、ラジオなどを指す。特に、報道の役割に注目している文脈で用いられることが多い。また、これらを特に「マスメディア」と呼ぶこともある。メディア (媒体) フレッシュアイペディアより)

  • 視覚障害者

    視覚障害者から見たマスメディアマスメディア

    また、視覚障害者に対して「めくら」と称するこれらの言葉を差別的だと捉えられることもあるため、マスコミ・出版業界では使用しない様に言い換えが進んでいる。視覚障害者 フレッシュアイペディアより)

  • 美空ひばり

    美空ひばりから見たマスメディアマスメディア

    1964年、新宿コマ劇場で初の座長公演を行い、演技者としての活動の場を次第に映画から舞台に移し(初の座長公演は『ひばりのすべて』、『女の花道』)、同劇場のほか、名古屋の御園座、大阪の梅田コマ劇場にて長年にわたり座長を張り続けた。離婚後のひばりを常に影となり支え続けたのが、最大の理解者であり、ひばりを誰よりも一番うまくプロデュースする存在となっていた母・喜美枝だった。ひばりは傍らに喜美枝を従えて日本全国のコンサート会場・テレビ出演なども精力的に活動した。当時のマスコミからはステージママの域を越えた存在として、「一卵性親子」なるニックネームを付けられた。美空ひばり フレッシュアイペディアより)

  • 未確認飛行物体

    未確認飛行物体から見たマスメディアマスメディア

    一部の軍事評論家は、UFOの目撃談は軍事組織や情報機関によって捏造された物であると主張している。これらは、上記のような実験機目撃談や実験の失敗などにより重大な機密が世間やスパイに漏れるのを防ぐため、敢えて超常現象としてマスメディアを通じて喧伝したり噂話を増長させる事で肝心な部分から目を眩ます欺瞞工作であるというのである。捏造自体はそれと証明された物が多いが、これらに軍や情報機関が関与している証言や物証は乏しく陰謀論から抜け出すものではない。ただし、「エリア51のように、秘密兵器の研究基地であることがわかっている場合もある。エリア51の詳細は、Wikipediaの同項目を参照。「テレビ局が超常現象を扱う人気番組を作るために故意に物語を捏造したり、偶発的に起こった騒ぎを利用したり誇張したりする場合もある(例えばヴァルジーニャ事件)。同事件の詳細は、Wikipediaの該当項目を参照。未確認飛行物体 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社問題

    靖国神社問題から見たマスメディアマスメディア

    靖国神社問題(やすくにじんじゃもんだい)は、靖国神社(本来の表記は靖國神社)をめぐってしばしば議論の対象となる各種の問題を指す。主として特定アジア諸国や左翼系の文化人などからの首相の公式参拝に対する問題提起が発端である。日本のマスメディアでは「靖国問題」と略称することが多い。靖国神社問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中川昭一

    中川昭一から見たマスメディアマスメディア

    銀行を退職し、同年12月に行われた第37回衆議院議員総選挙に、自由民主党の公認を得て北海道第5区から立候補した。弔い選挙となったこの選挙には、父・中川一郎の側近として秘書を務めていた鈴木宗男も立候補。2人による後継争いは、マスコミから「骨肉の争い」と書き立てられた。中川昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における死刑

    日本における死刑から見たマスメディアマスメディア

    また、運用は時代背景とともに変遷がある。警察庁や法務省の統計によれば第二次世界大戦後の殺人率は1954年をピークに長期的に減少傾向であるが、殺人・犯罪に対する厳罰化を求めるマスメディアの報道・世論の影響で、2人殺害にも死刑判決が数多く出されるようになり、更には、1人殺害の事件でも死刑判決が出されるケースが見られるようになった。日本における死刑 フレッシュアイペディアより)

1627件中 41 - 50件表示

「メディア」のニューストピックワード