1627件中 51 - 60件表示
  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たマスメディアマスメディア

    1993年(平成5年)6月18日、野党から宮沢内閣不信任案が上程され、羽田・小沢派ら自民党議員39名が賛成、16名が欠席する造反により不信任案は255対220で可決された。宮沢内閣は衆議院を解散した(嘘つき解散)。同年6月21日に武村正義らが自民党を離党(新党さきがけを結党)した。これが羽田・小沢派の議員に離党を決断させる一因となり、6月23日、新生党を結成した。小沢は幹事長にあたる党代表幹事に就任するが、党結成の記者会見を行ったとき会場に姿が見えず「党首(羽田)の陰に隠れて暗躍している」との批判を受けた。新生党代表幹事時代には番記者との懇談会やぶら下がり取材を断り、記者クラブに属さない海外メディアや週刊誌記者も含めた記者会見を報道機関との接点とする。その後、事実でないとする記事を書いた報道機関を記者会見から締め出したため、公党の指導者は無条件で取材に応じるべきとするジャーナリズムからの批判を招いた。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たマスメディアマスメディア

    当時のNo.1アイドル専門誌の明星が、なぜ拓郎とコラボしているのかと言えば、明星編集部に拓郎と懇意の編集者がいて拓郎を支援していたため。「明星」編集部は、この後起こる"金沢事件"で、マスメディアが女性週刊誌を中心に拓郎を追撃する中、拓郎を擁護する立場を取り不起訴後、いち早く拓郎の独占自筆手記を掲載した。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 地域政党

    地域政党から見たマスメディアマスメディア

    2011年に行われた第17回統一地方選挙及びその前哨戦では既成政党の凋落を尻目に、減税日本が名古屋市議会で第一党の地位を獲得したり、大阪維新の会が大阪府議会、大阪市会、堺市議会で第一党の地位を確保するなど地域政党の躍進が目立った。既成政党と地域政党の関係を「老舗勢力VS新興勢力」の対抗軸で表現したマスメディアもある。地域政党 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・カーター

    ジミー・カーターから見たマスメディアマスメディア

    なお、アメリカ大使館人質事件では、カーターがホワイトハウスを去ったその日に人質が解放されたことから、海外のマスコミを中心に「選挙後まで人質を拘束させ続けるためにレーガン陣営が秘密の取り引きを結んだ」という報道が見られた。ジミー・カーター フレッシュアイペディアより)

  • 暖冬

    暖冬から見たマスメディアマスメディア

    日本では1987年から1995年にかけて暖冬年が続くようになりそれまで頻繁に訪れていた寒冬年が激減し、1996年が並冬になるまで9年間連続で暖冬が続いた(現在の平年値では1994年や1995年は並冬になっている)。特に1987年12月下旬 - 1988年1月、1989年、1990年2月、1992年、1993年、1998年2月は記録的な暖冬であったためマスメディア等から「暖冬異変」と言われたほどであった。1998年頃からは北日本の暖冬傾向は鈍化し1998年、2001年が寒冬、2003年、2006年が並冬になる等、北日本では暖冬年も多いが周期的に寒冬・並冬年も現れるようになった。しかし、2007年、2009年は1990年代前半の記録に匹敵、もしくはそれを上回るほどの記録的大暖になった。東日本と西日本、南西諸島では1990年代ほどの暖冬ではないが依然として暖冬年が多い傾向にある。2000年代では2000年1月、2002年1・2月、2004年2月及び12月、2007年(特に2月)、2009年(特に2月)、が記録的暖冬となり特に2007年は積雪のほとんどない北日本のスキー場などがマスメディアにより度々報道された。しかしながら、2010年以降は暖冬傾向が弱まっているように見受けられる。2011年は全国平均で平年並み(北日本で高温、西日本以南で低温)になり、2012・2013年は3ヶ月連続で低温になった。1月に限れば2011年から3年連続で低温になっている。これは、2010年代に入って高温記録が続出している夏とは対照的である。暖冬 フレッシュアイペディアより)

  • 通信社

    通信社から見たマスメディアマスメディア

    通信社(つうしんしゃ)とは、報道機関や民間企業の需要にこたえて一般向けニュース(ゼネラル・ニュース)や経済・金融情報(コマーシャル・ニュース)の収集、配信を行う組織である。通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 桂敬一

    桂敬一から見たマスメディアマスメディア

    桂 敬一(かつら けいいち、1935年 - )は、マスコミ研究者。元日本ジャーナリスト会議代表委員。桂敬一 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見たマスメディアマスメディア

    特に1990年代前半までマスメディアや国民の多くは拉致事件に無理解・無関心であり、日本政府も事実上無視していた。それ以前は、1980年に公明党の和泉照雄参議院議員が拉致事件に連なるアベック失踪事件に関する質問をしたが、質疑応答において北朝鮮という国名は出なかった。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 築地市場

    築地市場から見たマスメディアマスメディア

    1995年(平成7年)、都営地下鉄大江戸線(当時都営12号線)築地市場駅の工事に伴い市場地下を調査することとなり、これらの骸が発掘されるのではないかとマスメディアを賑わせたが、何らの骸も発掘されることはなかった。築地市場 フレッシュアイペディアより)

  • 世論調査

    世論調査から見たマスメディアマスメディア

    回答率は調査の主体によっても左右される。たとえば、朝日新聞の調査には回答を拒否しても、産経新聞の調査には応じるなどである。特に政治的問題では、調査主体に好意的な回答者の回答率が高くなり、そうではない回答者の回答率は極端に下がる。たとえば、死刑廃止を訴えるアムネスティ・インターナショナル日本支部が1996年の衆議院総選挙候補者に行ったアンケートでは、当時与党であった自民党候補者の回答率が極端に低かった。)。おおむね、公的機関や大手マスメディアの調査に対する回答率は比較的高いが、回答率が低すぎる場合、有効回答者の回答を、サンプル全体に当てはめることはできない。選挙プランナーと称する三浦博史は「1社だけでは不正確なマスコミの調査も、複数の調査を合わせれば、精度の高い結果になる」としている。世論調査 フレッシュアイペディアより)

1627件中 51 - 60件表示

「メディア」のニューストピックワード