1951件中 51 - 60件表示
  • 世論調査

    世論調査から見たマスメディアマスメディア

    例えば、死刑廃止を訴えるアムネスティ・インターナショナル日本支部が1996年の衆議院総選挙候補者に行ったアンケートでは、当時与党であった自民党候補者の回答率が低かった。おおむね、公的機関や大手マスメディアの調査に対する回答率は比較的高いが、回答率が低すぎる場合、有効回答者の回答をサンプル全体に当てはめることはできない。選挙プランナーと称する三浦博史は「1社だけでは不正確なマスコミの調査も、複数の調査を合わせれば、精度の高い結果になる」としている。世論調査 フレッシュアイペディアより)

  • ひとひらの雪

    ひとひらの雪から見たマスメディアマスメディア

    岡田は1970年代後半から「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」の劇場アニメや、角川映画など他業種とコラボし、メディアミックスを進めて、日本映画の幅を広げてきたが、大島渚らと討論会を行った1982年5月29日の朝日新聞朝刊誌上で「ヤング映画を軸にして大人の映画を作っていきたい」と話し、「アダルト映画」に切り換えていきたいという構想を持っていた。1986年5月9日の読売新聞朝刊「論点」では「映画人口回復へ国際化など推進」という提言を寄稿し、その一つとして「映画の作り手の問題だが、最近の映画はアニメ、アイドル映画が全盛で、正月、春休み、夏休み期は、ヤング向け作品に映画館が席巻され、大人の見る映画がないとファンにお叱りを受けている。もともと映画は若者が客層の主軸を占めるものではあるが、大人にも受け入れられる作品を製作する必要がある。大人の映画を当てないとやはり新しい溝口健二も黒澤明も小津安二郎も育ってこない」などと話した。東映は1980年代に入り『青春の門』や『ザ・レイプ』といった大人向けの映画を製作し、1982年の五社英雄監督『鬼龍院花子の生涯』の大ヒットにより、次々に宮尾登美子作品を映画化しこの路線で大きな柱ができた。岡田が「アダルト」という言葉をマスメディアで口に出したのは『鬼龍院花子の生涯』製作中の1982年2月で、宮尾に続き目を付けたのが渡辺淳一だった。また『ひとひらの雪』製作中の1985年に深作欣二と高岩淡が檀一雄原作の『火宅の人』の製作を岡田に訴えたら「いまのウチならもってこいや」と製作を決めた。ひとひらの雪 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見たマスメディアマスメディア

    2のうち、さらに一部が日本政府の公式用語としての「不登校 (理由別長期欠席者数)」にあたる。これを受けて、マスメディアにおいては、不登校全体のうち、「理由別長期欠席者数統計における不登校区分」に当たるもののみに限定して、「不登校」と表記し、それ以外の長期欠席を含めていないことも多いため、注意が必要である。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 道路特定財源制度

    道路特定財源制度から見たマスメディアマスメディア

    各大手マスメディアの世論調査ではガソリン税関係についての質問がされており、「暫定税率を廃止すべき」とする回答が全体の約70%を占め、「暫定税率を維持すべき」・「無回答」等とする回答を一貫して大きく上回っている状況であり、郵政民営化時の国民の熱狂を思い出させる結果となっている。道路特定財源制度 フレッシュアイペディアより)

  • 松平定知

    松平定知から見たマスメディアマスメディア

    身長は165cm。ニュース番組で共演していた同僚の杉浦圭子は170cmと松平よりも長身であったが、座高が高かったためか、「松平の方が長身に見えた」という意見もあった。オープニングやエンディングの際の独特なお辞儀の仕方が視聴者やマスメディアから大変好評であった。松平定知 フレッシュアイペディアより)

  • 芳賀ゆい

    芳賀ゆいから見たマスメディアマスメディア

    芸能人である伊集院と、一般人であるリスナーの自分達が一緒に『アイドル』を作り上げているという連帯感。同じ『一人の女の子』を作り上げているのにリスナーそれぞれが違う女の子を想像したり空想する妙味。途中からは芳賀ゆいというキャラクターを作っているのではなく、さも実在しているかのような語り口となった。その後CBSソニーがCDデビューのリリース元に名乗りを上げ、商業面での進行が現実となり、世間で徐々に話題になっていくと「本当は自分達が作り上げた架空の・・」と、悪戯が成功した子供のような達成感を覚える。秘密を共有しているような高揚感が『芳賀ゆいプロジェクト』の最大の武器にして成功の原動力となったのである。実際にCDが発売され、マスメディアで取り上げられる機会も増えた一方で、伊集院光をはじめとしたスタッフ及びファンクラブから選ばれた一部のリスナーが企画会議をし、イベントを次々に開催するようになった。これは商業ベースに乗せてしまった以上抗えないオトナの事情に対する、ささやかなアンチテーゼでもあった。企画の肥大化と共に徐々に関係者も増え、リスナーには関与出来ない箇所も増えてきたが、伊集院光は企画の中心に一貫して座し、「芳賀ゆいは伊集院光のANNとそのリスナーのもの」と、その軸がぶれる事は無かった。彼のリスナーを大事にする姿勢からリスナー達にも出来る限りの裁量を与えていた。芳賀ゆい フレッシュアイペディアより)

  • 志布志事件

    志布志事件から見たマスメディアマスメディア

    マスメディアでは鹿児島事件(かごしまじけん)・鹿児島選挙違反事件(かごしませんきょいはんじけん)・鹿児島県議選買収事件(かごしまけんぎせんばいしゅうじけん)との通称も使われる。志布志事件 フレッシュアイペディアより)

  • 宮武外骨

    宮武外骨から見たマスメディアマスメディア

    明治・大正期にはジャーナリストとして、政治家や官僚、行政機関、マスメディアを含めた権力の腐敗を言論により追及した。日本における言論の自由の確立を志向し、それを言論によって訴えた。また、活字によるアスキーアートを先駆的に取り入れた文章など、様々な趣向を凝らしたパロディや言葉遊びを執筆したことでも有名。関東大震災以降は風俗史研究に活動の重点を移し、東京帝国大学(東京大学)に明治新聞雑誌文庫を創設した。宮武外骨 フレッシュアイペディアより)

  • 明石花火大会歩道橋事故

    明石花火大会歩道橋事故から見たマスメディアマスメディア

    明石花火大会歩道橋事故(あかしはなびたいかいほどうきょうじこ)は、2001年(平成13年)7月21日に発生し、死者11人・重軽傷者247人を出した群集事故である。兵庫県警察の警備体制の不備や事故後の対応が問題となり、マスコミでも報じられた。明石花火大会歩道橋事故 フレッシュアイペディアより)

  • 人権蹂躙

    人権蹂躙から見たマスメディアマスメディア

    従来、大量の情報を大衆に対して送信するマスコミュニケーションは、伝統的なマスメディア(テレビ、新聞、ラジオ、出版等の報道機関)によって、一方的な流通とならざるを得なかった。このような「情報の送り手」であるマスメディアと、「情報の受け手」である大衆(一般の個人)の分離によって、表現の自由(報道の自由)は偏在した。このため、表現者としての「強者」であるマスメディアが、表現の自由(報道の自由)を存分に行使することによって、表現者としては「弱者」である大衆のプライバシー権や人格権といった人権を侵害することが問題視されるようになった。その典型例として、報道被害やメディアスクラムなどが挙げられる(報道被害参照)。これに対して、報道機関は「自主規制」によって過剰な報道という人権の行使に一定の歯止めをかけるようになった。人権蹂躙 フレッシュアイペディアより)

1951件中 51 - 60件表示

「メディア」のニューストピックワード