1951件中 61 - 70件表示
  • 二島返還論

    二島返還論から見たマスメディアマスメディア

    二島返還論(にとうへんかんろん)あるいは二島譲渡論(にとうじょうとろん)とは、日本とロシアの間の領土問題となっている北方領土問題について歯舞群島と色丹島の二島を日本に返還あるいは譲渡する案。日本の政治家やマスメディア、政治団体などは主に返還として北方領土問題に言及することが多いが、ロシアの政治家やマスメディアは首尾一貫して返還()ではなく「譲渡」()という立場を取っていることに留意されたい。二島返還論 フレッシュアイペディアより)

  • 内部告発

    内部告発から見たマスメディアマスメディア

    なお、社内の監査部門に対して行われるそれを「内部『通報』」、企業外部(マスメディアや役所等)に対して行う「内部『告発』」と言葉を分ける場合も多いが、いずれも奨励されるべき行為と認識されている点は共通している。前者について、経営陣が支店等現場での不正や不祥事を知る手段として、内部通報の制度を作る企業もある。だが、制度だけでは内部告発は設計意図どおりには機能しない。告発を勧めるためには、制度設計の他にも社員教育による意識の改革が必要となる。内部告発 フレッシュアイペディアより)

  • 情報操作

    情報操作から見たマスメディアマスメディア

    テレビやラジオなどのマスメディアを活用すれば、その人数は爆発的に増加する。多くのマスメディアもまた一企業であるため、会社の利害及び経営方針、社風、株主や規制当局の意向等により情報操作が行われる可能性がある。これらマスメディアの編集方針による情報操作は偏向報道とされる。顕著なものは情報操作 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の大韓民国

    2009年の大韓民国から見たマスメディアマスメディア

    1月30日 - 女性7人連続殺人事件発覚。容疑者が逮捕され、京畿道で2006年12月から2008年12月にかけて失踪した女性7人について、全員を殺害したと供述。遺体も発見された。後に、8人目の殺害が判明し、妻と義母の保険金殺害容疑も含めて、被害者は計10人まで拡大した。事件の凶悪さに韓国社会は震撼。韓国のマスメディアの多くが、原則非公開である容疑者の顔写真や実名について、異例の公開に踏み切った。また、1997年以来、執行が停止されている死刑について、再開を求める声が高まった。2009年の大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本

    2013年の日本から見たマスメディアマスメディア

    2013年の後半に焦点となった特定秘密保護法案では、法案で規定された秘密の定義が曖昧で恣意的な拡大解釈が可能であるとしてマスコミなどを中心に批判的な論調が目立ったが、諸外国との密な情報のやりとりの中でこのような法律の整備が必要であるとの見方もあり、世論でも評価が分かれている(も参照)。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ノーム・チョムスキー

    ノーム・チョムスキーから見たマスメディアマスメディア

    彼の業績は言語哲学、認知科学分野にとどまらず、戦争・政治・マスメディアなどに関する100冊以上の著作を発表している。1992年のA&HCIによると、1980年から1992年にかけてチョムスキーは、存命中の学者としては最も多く、全体でも8番目に多い頻度で引用された。彼は人文社会科学諸分野における「巨魁」と表現され、2005年には投票で「世界最高の論客」 () に選ばれた。ノーム・チョムスキー フレッシュアイペディアより)

  • 視覚障害者

    視覚障害者から見たマスメディアマスメディア

    「盲目(もうもく)」または「盲目的」という言葉は、「周囲が見えていない」という意味から、現在でもある出来事に熱狂的となり「理性や分別」を無くすといった意味で使用されることがある。これらの言葉も、場合によっては視覚障害者が理性に欠けているかのような印象を与えかねないので、マスコミ・出版業界では避ける傾向にある。視覚障害者 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国起源説

    韓国起源説から見たマスメディアマスメディア

    韓国起源説(かんこくきげんせつ)とは、韓国の個人・団体などが、他国の文化などの起源・伝播を朝鮮半島に求める、根拠不十分で非合理な言説群の俗称。韓国起源論ともいう。学者や文化人が個人的に主張する説から、公的団体が正式に主張する説まで多岐にわたり、一時的にマスメディアで流布される場合から、継続的に国際的な広報活動が行われる場合まで様々である。特に、日本文化や中国文化が対象とされる場合が多い。韓国起源説 フレッシュアイペディアより)

  • 国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉

    国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉から見たマスメディアマスメディア

    元々深夜放送にもかかわらず次第に評判となり、2005年7月16日には『ドスペ!』枠(19:00 - 20:54)でゴールデンタイムの特別番組が放送された。この時のスペシャルにゲスト出演した奥菜恵と杉田かおるが放送直後に相次いで離婚したことで、この離婚の話が後にマスメディアで話題となった。国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉 フレッシュアイペディアより)

  • アイスリンク仙台

    アイスリンク仙台から見たマスメディアマスメディア

    長久保コーチは、貸切料金を自ら負担してまで熱心に選手を指導し、少しずつ成果を出し始めた。すると、長久保コーチに指導を受けようと東北地方各地などから選手が集まってきた(後に日本人初のNHLプレイヤーとなった北海道出身の福藤豊は本田武史と同級生)。1998年(平成10年)の長野五輪フィギュアスケート競技では日本代表7人中4人が当リンクをホームリンクとし、かつ、4人全員が東北高校に通う高校生選手だったため、マスメディアで話題になった。すると、仙台ではフィギュアスケートブームが起こり、当時仙台在住だった佐野稔が開催した子供スケート教室に通い始めた姉を追って、羽生結弦も当リンクで4歳からスケートを始めた(1999年には佐野コーチの指導を受けるため、中学2年の高橋大輔が当リンクに通っていた)。アイスリンク仙台 フレッシュアイペディアより)

1951件中 61 - 70件表示

「メディア」のニューストピックワード