1951件中 71 - 80件表示
  • バブル時代

    バブル時代から見たマスメディアマスメディア

    1989年には『東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件』が起き、その容疑者(当時)が「ネアカ」と呼ばれる、前述のような当時若年層に求められた青年像とは、対極に位置する外見であったことや、アニメマニアだったことから、似たタイプの若者は「オタク族」といわれだした。この頃の「オタク」は、2014年時点と違ってネガティブな意味でのみ用いられ、精神科医の小田晋はメディアで「オタッキーの犯罪」を連呼していた。このことが、当時マスメディアの間で多く取り上げられたことや、当時の日本では、アニメに関する土壌や理解が発展途上であったため、幼児・児童層より上の年齢の人間が「アニメが好き」ということを公言すれば、それだけで犯罪者予備軍のような目で見られる風潮も、まだまだ多かった。バブル時代 フレッシュアイペディアより)

  • 特定秘密の保護に関する法律

    特定秘密の保護に関する法律から見たマスメディアマスメディア

    経済学者の池田信夫は、特定秘密保護法は「スパイ防止法」で、どこの国にもあるとした上で、日本にこのような法律が存在しなかったことが、日米両国の防衛協力にとって障害になっていると述べている。『朝日新聞』をはじめとした法案反対の論陣については、多くが誤解に基づくもので根拠は無いとし、朝日新聞の『異議あり 特定秘密保護法案』については、「朝日が大はしゃぎだが、日本のメディアは国家権力と闘って来たのか、沖縄密約事件も暴いたのは一記者だ」と日本ビジネスプレスで批判した。一方で、安倍政権による成立までの動きは拙速だったとし、また法案では特定秘密の指定基準をチェックする第三者機関について明記されておらず、判断の微妙な部分を政令に委ねているとして、監視は必要であると述べている。特定秘密の保護に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 新人類

    新人類から見たマスメディアマスメディア

    新人類(しんじんるい)とは、栗本慎一郎が作り出した言葉であり、1980年代に用いられた新語である。1979年頃からテレビやラジオ、大衆週刊誌などのマスメディアでも広く使われ、当時の若者を「従来とは異なった感性や価値観、行動規範を持っている」と規定し、否定的にも肯定的にも(要するに、都合良く)扱った。また、現在では後節のようにマーケティング上の世代区分の名称としても使用されている。新人類 フレッシュアイペディアより)

  • 築地市場

    築地市場から見たマスメディアマスメディア

    1995年(平成7年) - 都営地下鉄大江戸線(当時都営地下鉄12号線)築地市場駅の工事に伴い、市場地下を調査することとなり、これらの骸が発掘されるのではないかとマスメディアを賑わせたが、何らの骸も発掘されることはなかった。築地市場 フレッシュアイペディアより)

  • 生方幸夫

    生方幸夫から見たマスメディアマスメディア

    生方の上記の発言を受け、筆頭副幹事長の高嶋良充は生方と党本部で会談。メディアのインタビューで、「国民は小沢さんが不起訴になったから全部シロとは思っていない」と話した生方へ、「副幹事長でありながら外に向かって執行部批判するのはおかしい」と副幹事長職の辞任を求めたが、「元秘書らが逮捕されている小沢は責任を何も問わず、外部に向かって批判したら辞めろというのはおかしくないですか」と反発したため、民主党執行部は対応を協議し、生方を解任した。しかし、2010年3月23日、党内外や世論の批判を受けて執行部は解任を撤回し、副幹事長職を続投させることを決めた。生方幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 常温核融合

    常温核融合から見たマスメディアマスメディア

    現代の物理学理論では水素原子の核融合反応を起こすには、極度の高温と高圧が必要であり、室温程度の温度で目視できるほどの核融合反応が起きるとは考えられていなかった。しかし前年に、絶対零度に近い低温でしか起きないとされていた超伝導が、それまでの理論の予言からは説明のつかない高温で起こるという高温超伝導現象が発見されて世界的なブームが起きていたことや、フライシュマンがイギリスの電気化学の大家であったことから、従来の物理理論以外での新しい現象が発見されたのではないかとみなされた。この現象はマスメディア主導で広がったため、簡易かつ安価な実用エネルギー源への期待が民間で高まった。しかし、発表者は学術専門誌に論文を書かなかった。常温核融合 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見たマスメディアマスメディア

    「暴力団」との呼称は警察が命名しマスコミが広めたものであるが、平成3年に通称暴力団対策法が施行され、公安委員会が指定暴力団を特定するようになり、法的にも意味を持つ言葉と成り、平成4年3月1日施行の暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)第2条第1項第2号では暴力団を、「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」と定義している。税制などの暴対法以外の法律では任意団体として扱われる。暴力団自身は自らの組織を「任侠団体」と呼称している。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見たマスメディアマスメディア

    結党時はさらに新党を作るための過渡的政党との位置づけであり、新進党にかわって反自民勢力の中核となりつつあった民主党(いわゆる「旧民主党」)への合流も模索したが、総選挙を控えた1996年9月に民主党は社民党・新党さきがけの長老議員で新党結成に消極的であった者の参加を拒否した(これに批判的なマスメディアなどからは「排除の論理」と呼ばれた)。拒否されなかった佐藤観樹ら右派系および一部左派の議員多数は別個に民主党へ参加したが、社民党としては単独で総選挙を戦うことになる。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 美空ひばり

    美空ひばりから見たマスメディアマスメディア

    1964年、新宿コマ劇場で初の座長公演を行い、演技者としての活動の場を次第に映画から舞台に移し(初の座長公演は『ひばりのすべて』、『女の花道』)、同劇場のほか、名古屋の御園座、大阪の梅田コマ劇場にて長年にわたり座長を張り続けた。離婚後のひばりを常に影となり支え続けたのが、最大の理解者であり、ひばりを誰よりも巧みにプロデュースする存在となっていた母・喜美枝だった。ひばりは傍らに喜美枝を従えて日本全国のコンサート会場・テレビ出演なども精力的に活動した。当時のマスコミからはステージママの域を越えた存在として、「一卵性親子」なるニックネームを付けられた。美空ひばり フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見たマスメディアマスメディア

    モーニング娘。では、公式にグループから離れることを「卒業」または「脱退」という。この発表は公式サイトでの発表や記者会見などのマスメディアを通じて行い、コンサートでの最終公演日程などを前々からファンに伝えている。福田から市井までは脱退と公式に発表されてきたが、負のイメージを連想させない前向きな意味合いとして卒業という言い方を中澤の離脱時から使用するようになった。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

1951件中 71 - 80件表示

「メディア」のニューストピックワード