1951件中 81 - 90件表示
  • 勝谷誠彦

    勝谷誠彦から見たマスメディアマスメディア

    利権談合共産主義(りけんだんごうきょうさんしゅぎ)とは、国家、政治家や官僚、マスメディア、国民が互いに癒着を起こして、利権政治や談合政治を行い、また国民がそれを黙認する日本独自の政治体制・政治思想、もしくはそのさまを揶揄した造語である。利権・談合についてはそれぞれの項目を参照のこと。勝谷誠彦 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社問題

    靖国神社問題から見たマスメディアマスメディア

    靖国神社問題(やすくにじんじゃもんだい)は、靖國神社(靖国神社)をめぐって議論の対象となる各種の問題を指す。日本のマスメディアでは「靖国問題」と略称することが多い。靖国神社問題 フレッシュアイペディアより)

  • 地域政党

    地域政党から見たマスメディアマスメディア

    2011年に行われた第17回統一地方選挙及びその前哨戦では、既成政党の凋落を尻目に減税日本が名古屋市議会で第一党の地位を獲得したり、大阪維新の会が大阪府議会、大阪市会、堺市議会で第一党の地位を確保するなど、地域政党の躍進が目立った。既成政党と地域政党の関係を「老舗勢力VS新興勢力」の対抗軸で表現したマスメディアもある。地域政党 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇制

    天皇制から見たマスメディアマスメディア

    第二次世界大戦が終わると、共産主義や近代政治学(前記の丸山眞男ら)の立場などから「天皇批判」が数多く提議された。1950年代から1960年代には、共産主義者を中心に天皇制廃止論もあった。昭和天皇崩御の際、テレビ朝日の『朝まで生テレビ!』で天皇および「天皇制」の是非について取り上げられた。しかし、これ以降、この問題を積極的に取り上げるマスメディアはほとんどない。天皇制 フレッシュアイペディアより)

  • 援助交際

    援助交際から見たマスメディアマスメディア

    援助交際(えんじょこうさい)は、女性が金銭等を目的として交際相手を募集し、性行為などを行う売春の一形態。18歳未満の女性(主に中学・高校生)が行っている場合も少なくなく、しばしば児童買春問題として一部のマスメディアでは取り上げられる。援助交際 フレッシュアイペディアより)

  • ニコニコ動画

    ニコニコ動画から見たマスメディアマスメディア

    いずれのネット出口調査においても、自民党を始めとする右派政党は実際の選挙結果よりも得票率がやや高くなり、民主党を始めとする中道左派・革新政党は共産党を除き、実際の選挙結果よりも得票率がやや少なくなる傾向があるとされている。また、宗教法人・創価学会を支持母体としている公明党も実際の選挙結果よりも得票率が少ない。これは、インターネットの世論傾向と重なる部分も多く、特に自民党・公明党・民主党の三党はネット出口調査の結果と実際の選挙結果が大きく乖離している。また、マスコミ各社が行う世論調査の政党支持率とニコニコ動画が行う世論調査の政党支持率とを比較した際にも同様の傾向が見られる。この点についてライターの山本一郎は、「ネット上で特定の者が支持を集めやすく、サンプルに偏りが生じるため、ニコニコ動画の調査でも同じような支持が多くなる傾向の結果が出される」と指摘している。また、ドワンゴ会長の川上量生はニコ動利用者について、「(ニコ動ユーザーが偏っているのではなく)ネットユーザーの中で政治に関心がある人が右傾化しているのだろう」との見解を示している。ニコニコ動画 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見たマスメディアマスメディア

    2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙で世耕弘成は、自民党広報本部長代理および自民党幹事長補佐として自民党のメディア戦略を担当した。総選挙後の論座2005年11月号インタビュー「すべてセオリー通り、です。」では、民間の広告会社と協力しながらマスメディア対策を事細かに指揮していた、と述べている。党の「コミュニケーション戦略チーム」においては、広報戦略・IT戦略を担当し、ホームページ上で会員を募集した党の後援会「チーム世耕」(のちの自民党ネットサポーターズクラブ/J-NSC)を組織した。また、同年成立の障害者自立支援法の可決に大きな役割を果たす。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 獨協大学

    獨協大学から見たマスメディアマスメディア

    言語・視覚情報などに含まれるメッセージの仕組みや解読方法を「コミュニケーションの諸要素や理論」および「マスメディアや異文化コミュニケーションに関する諸テーマ」を通じて学んでいく。「メディア研究の手法 」「メディア効果論」「マス・コミュニケーション論」「イメージ文化論」「エスノセントリズム」「記号論」「視覚文化論」などを映画/パフォーマンス/CM/広告/フォト/アニメ/漫画/コンピュータゲーム/サブカルチャー/スピーチ/権力/空間など幅広い題材から学び、学際的なアプローチが行われる。獨協大学 フレッシュアイペディアより)

  • ユニクロ

    ユニクロから見たマスメディアマスメディア

    基本的には、過度に個性のないデザインの商品が多い。SPA(製造小売業)への転換後、良品質のカジュアル衣料を低価格で提供する路線を進めてきた事もあり衣料品としての完成度は高く評価されている部分がある。1,900円のフリースや2,900円のジーンズなどが、価格破壊の象徴としてマスメディアなどにも紹介されて爆発的にヒットしたが、あまりに大量に売れ着用している人が多かったため、ユニクロの衣料を着用しているのが判明してしまう「ユニバレ」と呼ばれる現象が広がり、ユニクロ服を着ていると「ダサい」「恥ずかしい」との印象が広がり、経営悪化の原因となった。ユニクロ フレッシュアイペディアより)

  • プラハの春

    プラハの春から見たマスメディアマスメディア

    1月のチェコスロバキアにおける権力者の交代に対し、真っ先に憂慮を示したのが、ポーランドと東ドイツであった。1月中旬、両国を訪問したブレジネフに対し、ヴラジスラウ・ゴムウカとヴァルター・ウルブリヒトはともに、「反社会主義」的影響がチェコスロヴァキアを越えて、ソ連ブロック全体に波及すること、そしてそれが国内の共産党体制の基盤を侵食する可能性があると懸念を伝えた。とくにポーランドでは、3月に学生デモが発生し、「ポーランドにもドゥプチェクを!」と書かれたプラカードが掲げられる状況は、ゴムウカの懸念をいっそう強めた。また2月22日に開催された1948年革命記念式典は、ブレジネフら各国首脳が出席し、チェコスロバキアにおける改革の気運を肌で感じる機会となり、共産党に対する率直な批判記事を掲載するマスメディアの動向が注意を引きつけ、改革運動に対する懸念を高めた。プラハの春 フレッシュアイペディアより)

1951件中 81 - 90件表示

「メディア」のニューストピックワード