前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • ミュージック・オブ・ハート

    ミュージック・オブ・ハートから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    『ミュージック・オブ・ハート』(Music of the Heart)は1999年公開のアメリカ映画である。実話を元にしており、メリル・ストリープが演じたロベルタ・ガスパーリも実在の人物である。ミュージック・オブ・ハート フレッシュアイペディアより)

  • 第52回アカデミー賞

    第52回アカデミー賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    助演女優賞: メリル・ストリープ - 『クレイマー、クレイマー』第52回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • シー・デビル

    シー・デビルから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    人気テレビ番組『ロザンヌ』で人気を博したコメディエンヌ、ロザンヌ・バーの記念すべき映画初主演作である本作。お世辞にも美しいとは言えない地味で平凡な主婦が、夫の浮気に逆上して、計画的に復讐していくというフェイ・ウェルドン原作のブラック・コメディなのだが、女性に関するサクセス・ストーリーでもある。共演には、『ソフィーの選択』で見事アカデミー主演女優賞を受賞したメリル・ストリープに、エド・ベグリー・Jr、そして同じくアカデミー賞受賞女優のリンダ・ハントら“個性派”が顔を揃える。それまでは知的で聡明な女性を演じることが多かったストリープだが、本作では一転。見事に頂点から転げ落ちる女流作家をユーモラスかつコミカルに演じている。監督は、後に人気テレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』の数エピソードの監督を務めた女性監督のスーザン・シーデルマンが務める。シー・デビル フレッシュアイペディアより)

  • 第79回アカデミー賞

    第79回アカデミー賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    個人では、メリル・ストリープが『プラダを着た悪魔』で主演女優賞候補になったことにより、自身の持つ俳優の最多候補記録を14に更新。また、助演男優賞候補となったアラン・アーキンは、1969年開催の第41回アカデミー賞での『愛すれど心さびしく』の演技による主演男優賞候補以来38年ぶり3回目のノミネートとなった。『アポカリプト』で録音賞候補になったケビン・オコネルは、今回のノミネートで無冠ながら通算19個目のノミネーションとなる。去年の美術賞受賞者でもあるグレッチェン・ラウは、『グッド・シェパード』で2年連続で候補になったが、去年の3月に亡くなっているため死後のノミネートとなった。第79回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • マディソン郡の橋

    マディソン郡の橋から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    1995年(68回)アカデミー主演女優賞ノミネート:メリル・ストリープマディソン郡の橋 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木 弘子

    鈴木弘子から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    ジュリー&ジュリア(ジュリア・チャイルド/メリル・ストリープ))鈴木弘子 フレッシュアイペディアより)

  • 谷 育子

    谷育子から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    エンジェルス・イン・アメリカ(ハンナ・ピット/エセル・ローゼンバーグ(メリル・ストリープ))谷育子 フレッシュアイペディアより)

  • 弥永 和子

    弥永和子から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    東映第11期ニューフェイス。同期に堀田真三がいる。テアトル・エコー、マウスプロモーションを経て現在の81プロデュースに所属。洋画吹き替えではシガニー・ウィーバー、メリル・ストリープなどの声を主に務めている。弥永和子 フレッシュアイペディアより)

  • 第5回ロサンゼルス映画批評家協会賞

    第5回ロサンゼルス映画批評家協会賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『クレイマー、クレイマー』、『或る上院議員の私生活』、『マンハッタン』第5回ロサンゼルス映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・アラン・アッカーマン

    ロバート・アラン・アッカーマンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    『TAKEN IN MARRIAGE』(邦題:『結婚』、主演:メリル・ストリープロバート・アラン・アッカーマン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「メリル・ストリープ」のニューストピックワード