186件中 131 - 140件表示
  • ベイビー・ドライバー

    ベイビー・ドライバーから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    2015年9月8日、ジェイミー・フォックスが本作の出演交渉に入ったと報じられた。10月20日、ジョン・ハムの出演が決まった。11月3日、ケヴィン・スペイシーが本作に出演すると報じられた。12月16日、エイザ・ゴンザレスが本作に出演するとの報道があった。2016年2月23日、ジョン・バーンサルの出演が決まった。2017年1月8日、ライトが自身のTwitterに「メリル・ストリープが僕の新作に出演するよ」というツイートを投稿したため、本作にストリープが出演すると勘違いした人が出たが、ライトはそのツイートを削除している。ベイビー・ドライバー フレッシュアイペディアより)

  • ロミー・シュナイダー

    ロミー・シュナイダーから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    1984年、フランス映画界の将来有望な若手女優に贈られるロミー・シュナイダー賞が創設された。1999年、フランスの世論調査会社CSAの調査ではロミー・シュナイダーが「今世紀最高の女優」に選出される(2位がカトリーヌ・ドヌーヴ、3位がマリリン・モンロー、男優トップはジャン・ギャバン)。2001年、時のロシア大統領ウラジーミル・プーチンは英国BBCの取材で、好きな女優は誰かと訊かれ、ちょっと考えてからロミー・シュナイダーの名を挙げた。2009年春、フランスのネットプレス・「ネチズン」が実施した調査でも「史上最高の女優」に選出されたのはロミー・シュナイダーだった(2位以下は、シモーヌ・シニョレ、アニー・ジラルド、ミシェル・モルガン、エヴァ・ガードナー、イザベル・アジャーニ、メリル・ストリープ、オードリー・ヘプバーン、ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ヘプバーンなど)。ロミー・シュナイダー フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアンヌ・ニコルソン

    ジュリアンヌ・ニコルソンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    1997年から女優として活動を始め、テレビドラマなどへ出演。1998年にマイケル・ケイン、ジェームズ・スペイダー出演の『カーテン・コール』で映画デビューを果たした。テレビドラマでは『アリー my Love』や『ER緊急救命室』などの話題のドラマへ出演し、2000年に放送されたホラードラマ『霊能者アザーズ』では主役に抜擢されている。テレビや映画で活躍する一方では、ニューヨークを拠点に舞台へも出演しているほか、近年では映画『8月の家族たち』でメリル・ストリープ演じる主人公の娘役も演じている。ジュリアンヌ・ニコルソン フレッシュアイペディアより)

  • アマンダ・サイフリッド

    アマンダ・サイフリッドから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    11歳の時にモデルとしてデビュー。初めての仕事は本の表紙のモデルだった。その頃から、昼ドラマ『ガイディング・ライト』で女優業も始める。2004年公開の『ミーン・ガールズ』でリンジー・ローハンやレイチェル・マクアダムスらと共にMTVムービー・アワードのチーム賞を受賞。そして同年から始まったテレビシリーズ『ヴェロニカ・マーズ』で主人公の親友・リリーとして出演。2008年公開の『マンマ・ミーア!』でメリル・ストリープの娘役を演じ、劇中で使用されたABBAの楽曲を吹き替えなしで歌った。アマンダ・サイフリッド フレッシュアイペディアより)

  • ジェニファー・ローレンス

    ジェニファー・ローレンスから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    17歳の時に『あの日、欲望の大地で』に出演し、監督のギジェルモ・アリアガには「メリル・ストリープの再来かと思った」と評され、さらに第65回ヴェネツィア国際映画祭では新人俳優賞を受賞した。ジェニファー・ローレンス フレッシュアイペディアより)

  • ベンジャミン・ウォーカー

    ベンジャミン・ウォーカーから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    2009年に、女優メリル・ストリープの娘メイミー・ガマーと婚約し、2011年に結婚した。メイミー・ガマーとは、その後、2013年に離婚した。ベンジャミン・ウォーカー フレッシュアイペディアより)

  • 第5回ロサンゼルス映画批評家協会賞

    第5回ロサンゼルス映画批評家協会賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『クレイマー、クレイマー』、『或る上院議員の私生活』、『マンハッタン』第5回ロサンゼルス映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • エリア・カザン

    エリア・カザンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    1998年、長年の映画界に対する功労に対してアカデミー賞「名誉賞」を与えられたが、赤狩り時代の行動を批判する一部の映画人からはブーイングを浴びた(賞のプレゼンターはマーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロ)。リチャード・ドレイファスは事前に授与反対の声明を出し、ニック・ノルティ、エド・ハリス、イアン・マッケラン等は、受賞の瞬間も硬い表情で腕組みして座ったまま、無言の抗議を行なった。スティーヴン・スピルバーグ、ジム・キャリー等は拍手はしたが、起立しなかった。起立して拍手したのはウォーレン・ビーティやヘレン・ハント、メリル・ストリープ等だった。通常は名誉賞が授けられる人物には、全員でのスタンディングオベーションが慣例のため、会場内は異様な空気に包まれた。また、会場の外では授与支持派と反対派の双方がデモを行なった。反対派のデモ隊の中には、かつて赤狩りで追放歴のある脚本家のエイブラハム・ポロンスキーもいた。エリア・カザン フレッシュアイペディアより)

  • ニコール・キッドマン

    ニコール・キッドマンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    1995年公開の『誘う女』でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を初め数々の賞を受賞。2001年公開の『ムーラン・ルージュ』では、巧みな歌とダンスを披露し、批評家や観客から絶賛された。同映画でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞し、アカデミー主演女優賞にもノミネートされた。2003年公開の『めぐりあう時間たち』では、特殊メークによる付け鼻で完全に自らの容姿を隠し、ヴァージニア・ウルフを演じきった。キッドマンは、同映画で共演したメリル・ストリープやジュリアン・ムーアなど、並み居る名女優の中でも特に熱狂的な賛辞を獲得し、アカデミー主演女優賞(オーストラリア人女優として初の受賞)やゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)、ベルリン国際映画祭 銀熊賞などを受賞した。ニコール・キッドマン フレッシュアイペディアより)

  • 第62回ベルリン国際映画祭

    第62回ベルリン国際映画祭から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    審査員長はマイク・リーが務めた。2011年12月19日に上映作品の内、5本が発表された。名誉金熊賞はアメリカ合衆国の女優であるメリル・ストリープに贈られた。オープニング作品はブノワ・ジャコ監督の『マリー・アントワネットに別れをつげて』である。第62回ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

186件中 131 - 140件表示

「メリル・ストリープ」のニューストピックワード

  • 若いヤツらを時間があれば食事に連れていって、いろんな話ができれば

  • 熱血! タイガース党

  • すべてのチームに勝たないと上がっていけない