121件中 11 - 20件表示
  • オーリング

    オーリングから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    映画『激流』でメリル・ストリープ演ずるゲイルが操船していた。オーリング フレッシュアイペディアより)

  • 第10回全米映画俳優組合賞

    第10回全米映画俳優組合賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『エンジェルス・イン・アメリカ』 - ハンナ・ピット / エセル・ローゼンバーグ / ラビ役第10回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第6回全米映画俳優組合賞

    第6回全米映画俳優組合賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『ミュージック・オブ・ハート』 - ロベルタ・ガスパーリ役第6回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第5回全米映画俳優組合賞

    第5回全米映画俳優組合賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『母の眠り』 - ケイト・グルデン役第5回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第2回全米映画俳優組合賞

    第2回全米映画俳優組合賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『マディソン郡の橋』 - フランチェスカ・ジョンソン役第2回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァギナ・モノローグス

    ヴァギナ・モノローグスから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    『V.M.』は、200人を超える女性達へのインタビューに基づいた作品で、1996年にニューヨークのオフ・ブロードウェイで上演されて以来、世界60ヶ国で感動を生んでいる。大物女優のグレン・クローズやメリル・ストリープも舞台を飾った。ヴァギナ・モノローグス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・パトリック・シャンリィ

    ジョン・パトリック・シャンリィから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    劇作家としては、2005年に『ダウト - 疑いをめぐる寓話』でピューリッツァー賞 戯曲部門、ドラマ・デスク賞(Drama Desk Award)、トニー賞 演劇作品賞を受賞した。この戯曲はシャンリィ本人の監督、メリル・ストリープ主演で映画化が決まり、2008年10月公開予定である(『ダウト〜あるカトリック学校で〜』)。ジョン・パトリック・シャンリィ フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・デュラング

    クリストファー・デュラングから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    The Idiots Karamazov(初演:1974年) - Albert Innauratoと共作。主演:メリル・ストリープ。『カラマーゾフの兄弟』に基づく。クリストファー・デュラング フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・カニンガム

    マイケル・カニンガムから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    カニンガムは『めぐりあう時間たち』でアメリカ文学界に確たる地位を築いた。最新作『星々の生まれるところ』も批評家に好評をもって迎えられている。2006年、ウォルト・ホイットマンの詩と散文を編んだLaws for Creationsを出版。スーザン・ミノーの小説『いつか眠りにつく前に』Eveningをミノーとともに脚本化、2007年の映画化では(グレン・クローズ、トニ・コレット、メリル・ストリープ出演)制作も担当した。2010年にはアメリカの公共ラジオ局NPR制作の“Three Minute Fiction”コンテストの審査員をつとめたこともある。マイケル・カニンガム フレッシュアイペディアより)

  • 第11回サテライト賞

    第11回サテライト賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『プラダを着た悪魔』第11回サテライト賞 フレッシュアイペディアより)

121件中 11 - 20件表示

「メリル・ストリープ」のニューストピックワード