186件中 51 - 60件表示
  • レンディション

    レンディションから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    コリーン・ホイットマン - メリル・ストリープレンディション フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・スタイロン

    ウィリアム・スタイロンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    スタイロンの次の作品『ソフィーの選択』(1979年)は、『ナット・ターナーの告白』で得た熱烈な支援にはほとんど合わない内容であった。スタイロンはホロコーストの非ユダヤ人被害者について書くことで、これはこれでやや小さな議論を呼んだ。小説の内容はポーランドのカトリック教徒でアウシュヴィッツの生き残りであるソフィー、その愛人で才気あふれるが危険なところのあるユダヤ人ネイサン、ソフィーに憧れる若者スティンゴを絡めた話を描き、1980年の全米図書賞を受けたうえに全米でベストセラーになった。1982年の映画『ソフィーの選択』はアカデミー賞の5部門でノミネートされ、ソフィーを演じたメリル・ストリープが主演女優賞を獲得した。ウィリアム・スタイロン フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ガン

    ティム・ガンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープやヒラリー・クリントン、 キム・カーダシアンなど著名な女性のファッション性についてのコメントでティムは度々物議を醸している。ヒラリーへの批評では「彼女はジェンダーが分からなくなったんじゃないかと思う。彼女のドレス姿は男っぽく見える。」と発言し、メリルに関しては「彼女と『衣服の記号論』についておしゃべりしてみたいね。…ファッションに関しては『よくお分かり』みたいだから。」とコメントしている。キムについては彼女のファッション新ラインについて「ファッションテイストがずれてるから、あまり長く続けるのは良くないと思う」と述べた。ティム・ガン フレッシュアイペディアより)

  • フィリダ・ロイド

    フィリダ・ロイドから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    また、イギリス首相マーガレット・サッチャーの伝記映画で、サッチャー役としてメリル・ストリープを起用した『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を監督した。この作品は2011年1月に製作が開始され、同年12月に公開された。フィリダ・ロイド フレッシュアイペディアより)

  • 愛と精霊の家

    愛と精霊の家から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    クララ・トルエバ - メリル・ストリープ(一柳みる)愛と精霊の家 フレッシュアイペディアより)

  • アップスアカデミー

    アップスアカデミーから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    ロバート・デ・ニーロやアル・パチーノ、メリル・ストリープ、アンジェリーナ・ジョリー等、多数の名優を輩出したNYアクターズ・スタジオの俳優教育システム”メソッド”とマイズナーテクニックを更に日本人向けに開発させた演技訓練法を実施し、国際標準の演技理論と実践トレーニングにより国内外で活躍できる国際的な日本人俳優の育成を目指している。アップスアカデミー フレッシュアイペディアより)

  • ミスティ・アッパム

    ミスティ・アッパムから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    その後もテレビドラマなどへ出演して順調にキャリアを重ねていき、2008年にメリッサ・レオと共演したドラマ映画『フローズン・リバー』で注目された。劇中ではモホーク族の女性ライラを演じており、作品自体も高く評価されてサンダンス映画祭やインディペンデント・スピリット賞の賞を受賞しており、後者のインデペンデント・スピリット賞ではアッパムも助演女優賞にノミネートされている。それからもクエンティン・タランティーノ監督の『ジャンゴ 繋がれざる者』などの映画に出演。2012年にはメリル・ストリープらベテラン俳優が出演した『8月の家族たち』へ出演し、自分勝手な一家に仕えるメイドを演じている。同作品自体も高い評価を受けており、アッパムも他のキャストらと共にアンサンブル賞を受賞した。ミスティ・アッパム フレッシュアイペディアより)

  • エンジェルス・イン・アメリカ

    エンジェルス・イン・アメリカから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    ハンナ・ピット/エセル・ローゼンバーグ/ラビ - メリル・ストリープ(谷育子)エンジェルス・イン・アメリカ フレッシュアイペディアより)

  • 尺には尺を

    尺には尺をから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    1976年のメリル・ストリープ(イザベラ役)、ジョン・カザール(アンジェロ役)によるニューヨーク・シェイクスピア・フェスティヴァル(New York Shakespeare Festival)での上演尺には尺を フレッシュアイペディアより)

  • エド・ベグリー・ジュニア

    エド・ベグリー・ジュニアから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    1949年にカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。父はアカデミー助演男優賞を受賞した俳優のエド・ベグリー。ニューヨーク州のロングアイランドへ移住。しばらくして一家は再びロサンゼルスへ戻って来て、地元の高校、大学を卒業する。その後、少しずつテレビ・映画に顔を出し始め、徐々にキャリアを築いていく。これまでその演技を評価されてエミー賞には6回、ゴールデン・グローブ賞には1回ノミネートされているが、いずれも受賞には至っていない。主な作品にはロザンヌ・バー、メリル・ストリープ共演のブラック・コメディ『シー・デビル』での女泣かせな亭主役やガス・ヴァン・サント監督の『カウガール・ブルース』、人気シリーズの続編『バットマン フォーエヴァー』などの出演で知られる。また近年では、人気テレビドラマシリーズにゲスト出演したり、『ザ・シンプソンズ』や『キング・オブ・ザ・ヒル』などのアニメ作品への声のゲスト出演もした。エド・ベグリー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

186件中 51 - 60件表示

「メリル・ストリープ」のニューストピックワード

  • 若いヤツらを時間があれば食事に連れていって、いろんな話ができれば

  • 熱血! タイガース党

  • すべてのチームに勝たないと上がっていけない