121件中 61 - 70件表示
  • 青山繁晴

    青山繁晴から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    映画では、テリー・ギリアム監督『未来世紀ブラジル』(Brazil)。もう一度見たい映画は、リー・デヴィッド・ズロートフ監督『この森で、天使はバスを降りた』(The Spitfire grill)。映画監督ではフランコ・ゼフィレッリ、女優ではリュドミラ・サベーリエワやメリル・ストリープ、男優ではクリント・イーストウッドを好む。青山繁晴 フレッシュアイペディアより)

  • 誤診 (映画)

    誤診 (映画)から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    『誤診』(ごしん、原題: ...First Do No Harm)は、1997年のアメリカ合衆国のテレビ映画である。メリル・ストリープ主演、ジム・エイブラハムズ監督。誤診 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ノーラ・エフロン

    ノーラ・エフロンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    脚本家時代を加えるとメグ・ライアンとは通算4度タッグを組んでおり、特に『恋人たちの予感』『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』はライアンとエフロン双方の代表作となっており、また2人がロマンティック・コメディの女王・名手などの異名を馳せるようになった作品群となっている。また、メリル・ストリープとも3度タッグを組んでおり、その内2回で彼女はアカデミー賞の主演女優賞候補となっている。ノーラ・エフロン フレッシュアイペディアより)

  • 第15回放送映画批評家協会賞

    第15回放送映画批評家協会賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『ジュリー&ジュリア』第15回放送映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第14回サテライト賞

    第14回サテライト賞から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    メリル・ストリープ - 『ジュリー&ジュリア』第14回サテライト賞 フレッシュアイペディアより)

  • 愛と哀しみの果て

    愛と哀しみの果てから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    『愛と哀しみの果て』(Out of Africa)は、1985年公開のアメリカ映画。配給会社はユニヴァーサル映画で、監督はシドニー・ポラック。主演はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード。1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの小説『アフリカの日々』をカート・リュードックが脚色。愛と哀しみの果て フレッシュアイペディアより)

  • ウィンターセット (アイオワ州)

    ウィンターセット (アイオワ州)から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    ウィンターセットとその周辺はカバード・ブリッジで知られている。マディソン郡内には6ヶ所のカバード・ブリッジがあり、そのうちの1つ、カットラー・ドナホー・カバード・ブリッジはもともとの場所からウィンターセット市街地の南東部にあるウィンターセット・シティ・パークに移設された。小説「マディソン郡の橋」においては、ローズマン・ブリッジがストーリー中で重要な位置を占めている。同小説はクリント・イーストウッド監督、イーストウッドおよびメリル・ストリープ主演で映画化され、ウィンターセットで撮影が行われた。その撮影には、ウィンターセット・シティ・パークに移設された前述のカバード・ブリッジと同公園内に架かっている石橋が使われた。映画の撮影のためにヒロインのフランチェスカ・ジョンソンの「家」も建てられ、これも観光名所になっている。ウィンターセット (アイオワ州) フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・ヘプバーン

    キャサリン・ヘプバーンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    2010年現在、オスカーを演技部門において4回受賞したただ一人の俳優。ノミネート数も、俳優としてはオスカー史上第2位の12回に上る(最多ノミネート記録はメリル・ストリープの17回)。キャサリン・ヘプバーン フレッシュアイペディアより)

  • パトリシア・クラークソン

    パトリシア・クラークソンから見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    2002年の『エデンより彼方に』でニューヨーク映画批評家協会賞を受賞するなどの高い評価を得る。2003年には『エイプリルの七面鳥』でアカデミー賞の助演女優賞の候補になる。同じ年の『The Station Agent』でも数々の賞賛を受けた(両作と『All the Real Girls』を加えた3作がその年のサンダンス映画祭でプレミア上映されている。クラークソンはこの3作品の演技で審査員特別賞を受賞した)。2006年公開の『オール・ザ・キングスメン』のリメイク作品では、メリル・ストリープが演じる予定であった秘書のサディ役を演じた。パトリシア・クラークソン フレッシュアイペディアより)

  • ソフィーの選択

    ソフィーの選択から見たメリル・ストリープメリル・ストリープ

    小説はピューリッツァー賞を受賞、映画版はメリル・ストリープがヒロインを演じ、アカデミー賞を受賞した。ソフィーの選択 フレッシュアイペディアより)

121件中 61 - 70件表示

「メリル・ストリープ」のニューストピックワード