51件中 11 - 20件表示
  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たウォルト・ディズニー

    2014年、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の授賞式において、ウォルト・ディズニーが女性アニメーターにあてた手紙を引用しつつ、「彼は女性差別主義者で反ユダヤ主義者である」と批判した。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たアントン・チェーホフ

    1977年、フレッド・ジンネマン監督の『ジュリア』で映画デビュー。同年、アントン・チェーホフ作の『桜の園』の舞台に立つ。『桜の園』における彼女の演技に目を止めたロバート・デ・ニーロは、『ディア・ハンター』の彼の相手役としてストリープを推挙。1978年12月公開の同作品で第51回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされる。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たドナルド・トランプ

    2017年1月、2016年ゴールデングローブ賞の授賞式での生涯功労賞(セシル・B・デミル賞)の受賞にあたって、名指しを避けながらもトランプ次期大統領を批判し、「無礼は無礼を招き、暴力は暴力を招く。権力者がその地位を使って他者をいじめたら、私たちは全員負け」と述べて、最後に亡くなったキャリー・フィッシャーの言葉を取り上げて「壊れた心を取り出してそれを芸術に変えよう」と述べた。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たアーサー・ミラー

    1976年、ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバルで上演された『ヘンリー五世』と『尺には尺を』に出演。『尺には尺を』ではサム・ウォーターストンとジョン・カザールと共演した。このときの共演がきっかけでカザールとの交流が生まれ、彼との関係はカザールが1978年に没するまで続いた。同年、ブロードウェイ・デビュー作となったテネシー・ウィリアムズ作の『綿でいっぱいの27台のワゴン』及びアーサー・ミラー作の『二つの月曜日の記憶』の2作品でトニー賞ならびにドラマ・デスク賞にノミネートされ、シアター・ワールド賞とアウター・クリティック・サークルの演技賞を受賞。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たアカデミー賞

    2015年現在、アカデミー賞に19回ノミネートされており、これは俳優としては最多の記録である。また、ゴールデングローブ賞を8回受賞(29回ノミネート)しており、男優・女優を通じて史上最多記録である。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たトニー賞

    1976年、ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバルで上演された『ヘンリー五世』と『尺には尺を』に出演。『尺には尺を』ではサム・ウォーターストンとジョン・カザールと共演した。このときの共演がきっかけでカザールとの交流が生まれ、彼との関係はカザールが1978年に没するまで続いた。同年、ブロードウェイ・デビュー作となったテネシー・ウィリアムズ作の『綿でいっぱいの27台のワゴン』及びアーサー・ミラー作の『二つの月曜日の記憶』の2作品でトニー賞ならびにドラマ・デスク賞にノミネートされ、シアター・ワールド賞とアウター・クリティック・サークルの演技賞を受賞。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見た北九州市

    大女優では非常に珍しく、初婚を貫いている。舞台『尺には尺を』で共演したジョン・カザールと婚約していたが、カザールが1978年3月12日に癌で死亡したために結婚にいたらなかった。同年9月30日、彫刻家ドン・ガマー(Don Gummer、ドナルド・ガマー)と結婚。ガマーとの間に4人の子供がいる。また、1993年に北九州市の国際村交流センターの完成に合わせて設置されたガマーの彫刻の除幕式の際に来日しており、式典後に同市で行われるわっしょい百万夏まつりのパレードにも夫婦で参加した(『ナイトシャッフル』(2012年11月25日放送分)より)。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たクイズダービー

    田舎の広大な敷地に引っ越した時に池に浮いている大きな亀を見て、スーツケースが浮かんでいると勘違いした(『クイズダービー』第632回(1988年3月19日放送分)の7問目より)。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たポーランド語

    役に成りきるために、事前には徹底したリサーチを行うが、台本はあまり読み込まず数回程度が常である。彼女がオスカーを獲得した『ソフィーの選択』では役作りのためにロシア語訛りのポーランド語、ドイツ語及びポーランド語訛りのある英語を自在に操るなど、作品の背景や役柄に応じてアメリカ各地域のイントネーションを巧みに使い分けている。この特徴は彼女の代名詞ともなっており、そもそもは、彼女が女優を志す以前に、オペラ歌手志望で訓練を受けていたためである。音楽の世界で培われた絶対音感もあるため、ストリープは全米で「訛りの女王」と呼ばれ、その秀でた類まれなる才能は高く評価されている。ロバート・デ・ニーロはストリープのことを自分と最も息の合う女優と言っている。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たアカデミー助演女優賞

    1977年、フレッド・ジンネマン監督の『ジュリア』で映画デビュー。同年、アントン・チェーホフ作の『桜の園』の舞台に立つ。『桜の園』における彼女の演技に目を止めたロバート・デ・ニーロは、『ディア・ハンター』の彼の相手役としてストリープを推挙。1978年12月公開の同作品で第51回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされる。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「メリル・ストリープ」のニューストピックワード