1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示
  • ウィリアムズF1

    ウィリアムズF1から見たメルセデス・グランプリメルセデスAMG

    2010年に投入したマシンFW32ではエンジンをトヨタからコスワースにスイッチした。また、ドライバーラインナップを一新し、ロズベルグとのトレードでブラウンGP(現メルセデス・グランプリ)からルーベンス・バリチェロを起用した。中嶋の後任にはテストドライバーから昇格したニコ・ヒュルケンベルグとなった。テスト・ドライバーにはバルテリ・ボータスと新しく契約した。ブラジルGPにてヒュルケンベルグがチームにとって5年ぶり、コスワースエンジンにとって11年ぶりとなるポールポジションを記録した。しかし最終戦アブダビGP終了後の11月15日に、ヒュルケンベルグがチームを離脱し、同時にバリチェロとの契約を翌年も継続することが発表された。ウィリアムズF1 フレッシュアイペディアより)

  • フォース・インディア VJM05

    フォース・インディア VJM05から見たメルセデス・グランプリメルセデスAMG

    エンジン メルセデス・ベンツ・ハイパフォーマンス・パワートレイン 2.4リッター V8エンジンフォース・インディア VJM05 フレッシュアイペディアより)

  • フォース・インディア VJM06

    フォース・インディア VJM06から見たメルセデス・グランプリメルセデスAMG

    エンジン メルセデスAMGハイパフォーマンス・パワートレイン 2.4リッター V8エンジンフォース・インディア VJM06 フレッシュアイペディアより)

  • ニキ・ラウダ

    ニキ・ラウダから見たメルセデスAMGメルセデスAMG

    2012年9月、ラウダはエア・ベルリンの役員を辞任し、メルセデスAMGの業務執行権を持たない非常勤会長に就任した。併せてチームの株式10%を保有するとみられる。ラウダは自身の役割について、イギリスのレース本部(ブラックレー)とドイツのメルセデス本社のつなぎ役と説明した。ニキ・ラウダ フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たメルセデスAMGメルセデスAMG

    久々のF1に慣れるために2年前のルノー時代のマシンR30を使用したプライベートテストを2日間行い、プレシーズンテストに備えた。プレシーズンテストでは度々トップタイムを記録するなど、以前と変わらぬ速さを見せた。また、ライコネン自らのリクエストにより、マクラーレン時代に共に働いたマーク・スレイドがレースエンジニアとしてメルセデスから招聘された。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW35

    ウィリアムズ・FW35から見たメルセデスAMGメルセデスAMG

    テストでは排気口の溝に取り付けた巧妙なカバーが物議を醸した。テクニカルディレクターのマイク・コフランは合法との自信を示し、メルセデスチーム代表のロス・ブラウンも「規則を一言一句注意深く読めば、ウィリアムズはセーフだ」と分析したが、国際自動車連盟 (FIA) の見解を受けて撤去することになった。ウィリアムズ・FW35 フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・ロズベルグ

    ニコ・ロズベルグから見たメルセデスAMGメルセデスAMG

    2009年11月23日、メルセデスGP(AMG)との契約を発表。チームメイトは4シーズンぶりにF1に復帰したミハエル・シューマッハ。ニコ・ロズベルグ フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・グロージャン

    ロマン・グロージャンから見たメルセデス・グランプリメルセデスAMG

    初戦のオーストラリアGPではレッドブルやメルセデスを抑え予選で3番手グリッドを獲得したもののリタイヤ。続くマレーシアGPでも早々にリタイアを喫し、2グランプリの決勝で僅か5周しか走行できなかった。だが第3戦中国GPでは6位でF1初入賞を果たして流れを掴み、第4戦バーレーンGPではチームメイトのライコネンと共に力走し、3位表彰台を獲得した。さらに第5戦スペインGPでは優勝争いにこそ絡めなかったものの、安定した好走を見せ4位に入り、自身初のファステストラップを記録した。しかしその後のレースもスタート時にクラッシュを引き起こすなど問題行動を重ね、ついには第12戦ベルギーGPではスタート直後に起きた多重クラッシュの原因を作ったとして、1レースの出場停止と5万ユーロの罰金が科せられた。2012年日本グランプリでも1周目にウェバーへ追突しペナルティを受けた。ロマン・グロージャン フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のF1世界選手権

    2013年のF1世界選手権から見たメルセデス・グランプリメルセデスAMG

    ドラッグリダクションシステム (DRS) の機能を他目的に利用することを禁止する。前年メルセデスがW03にて使用したDRS連動式のウィング失速装置(通称「FダクトDRS」「ダブルDRS」)は使用禁止となる。2013年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示

「メルセデスAMG」のニューストピックワード