91件中 71 - 80件表示
  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たホンダF1ホンダF1

    会長はバリチェロ→フィジケラ(バリチェロのホンダ移籍に際して。後にバリチェロが会長に復帰)→ニック・ハイドフェルド(ホンダ撤退に際して。該当作品発表当時はブラウンGPはまだ設立されていなかった)。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーアグリF1チーム

    スーパーアグリF1チームから見たホンダF1ホンダF1

    参戦2年目となる2007年第4戦スペインGPで佐藤琢磨が念願の初ポイント(8位・1ポイント)を獲得、さらに第6戦カナダGPでも2005年・2006年シーズン王者のフェルナンド・アロンソをオーバーテイクし、ポイントを獲得(6位・3ポイント)するなどの活躍を見せ、逆に低迷を続けるホンダF1をコンストラクターズポイントで一時上回るなど、飛躍的によい成果を挙げており、注目が集まっていた。スーパーアグリF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • ジャンクSPORTS

    ジャンクSPORTSから見たホンダF1ホンダF1

    元々、2006年に浜田が初めてF1観戦をしたハンガリーグランプリでホンダ所属のジェンソン・バトンが優勝し「浜田が行けば奇跡がおこる」という神話がはじまりである。その後、ホンダ以外にもトヨタ、スーパーアグリらのチームが浜田神話を信じるようになった。こうした声に応えるような形で、2007年のF1シーズンに浜田の顔を模した地蔵(当時は「浜田地蔵」と呼んでいた)をつくったのが始まり。このお地蔵様を、後に「浜田大明神」と呼ぶようになる。そのスーパーアグリは浜田地蔵を拝みジャンクのステッカーを車体に貼って同年のスペイングランプリに出場し、初のポイント獲得となった。ジャンクSPORTS フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4/10

    マクラーレン・MP4/10から見たホンダF1ホンダF1

    搭載エンジンを1992年のホンダ、1993年のフォード・コスワース、1994年の複数年契約をしたプジョーとの提携を1年で打ち切り、メルセデス・ベンツエンジンに変更することになった。チーフデザイナーはニール・オートレイ、エアロダイナミシストはアンリ・デュランのコンビで設計したマシンである。シーズン中盤戦からMP4/10B、終盤戦にはMP4/10C投入するなど、頻繁に改造を繰り返した。マクラーレン・MP4/10 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・コスワース・DFVエンジン

    フォード・コスワース・DFVエンジンから見たホンダF1ホンダF1

    準備期間が短かったため、各コンストラクターは大排気量レーシングエンジンの確保に苦労し、フェラーリはスポーツカーで使用中のV型12気筒(V12)をスケールダウンして流用、ホンダも V12 と適合する車体の開発に手間取り、シーズン開始に間に合わず途中からの参戦になった。フォード・コスワース・DFVエンジン フレッシュアイペディアより)

  • F1グランプリ

    F1グランプリから見たホンダF1ホンダF1

    2007年はオープニングがアメリカンコミックを思わせるようなアニメーションに変更された。そのアニメにはF1とは全く関係の無いマシンが登場し、悪者と思われる青人か黒人ドライバーの乗ったマシンが、シグナルポールに激突して爆発するシーンがあり、そのシーンではなぜかライバルチームのホンダとトヨタに所属するジェンソン・バトンとラルフ・シューマッハが協力して悪者をおとしめている。第5戦スペインGP放送分より実車映像が挿入されているが、激突のシーンは以降もそのままだった。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ロス・ブラウン

    ロス・ブラウンから見たホンダF1ホンダF1

    ブラウンは2007年11月13日にホンダのチームプリンシパル兼チーム代表となることが発表された。それまでニック・フライが受け持っていたマーケティング・財務を除く全権が委譲された。初采配を振った2008年は、このシーズンに多かったレインレース時のタイヤ選択に光るものがあったが、翌2009年に大幅なレギュレーション変更があることを見越して、2009年用のマシン開発に専念したことでこの年度におけるマシンの開発を事実上諦めるかたちとなり、結果として2007年同様マシンバランスの悪さに翻弄され続けるを余儀なくされチームの成績は低迷した。ロス・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • GP1

    GP1から見たホンダF1ホンダF1

    明確な意思表明はどこもしていない(状況を見守る、というチームはいくつかある)が、マクラーレン、ホンダF1が後押し、ウィリアムズとトヨタF1は消極的、フェラーリはエクレストンの考えに同意していない模様、BMWザウバーは様子見だと報じられている。GP1 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年のF1世界選手権

    1965年のF1世界選手権から見たホンダF1ホンダF1

    1965年はジム・クラークが2度目のタイトルを獲得したシーズンとなったが、第2戦のモナコはインディ500に参加するため欠場したものの、それを除くと6連勝を達成したシーズンであった。ジャッキー・スチュワートはデビューイヤーでシーズン3位を達成、リッチー・ギンサーはメキシコグランプリ自身唯一、そしてホンダにとって初の勝利を挙げた。5年間続いた1.5リッターF1時代最後の一戦での勝利であった。1965年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ウォー

    ピーター・ウォーから見たホンダF1ホンダF1

    1976年末にロータスを離れ、ウルフチームのチームマネージャーに就任する。ウルフチームは1979年に解散し、チームを買収したフィッティパルディ・チームのマネージャーを1981年まで勤めるが、同年11月にロータスに復帰する。1982年にロータスの創始者コーリン・チャップマンが急逝すると、マネージャーとしてチームを指揮。アイルトン・セナの加入、キャメルとのスポンサー契約、ホンダのターボエンジンの獲得などの実績を残す。1989年にチームのフレッド・ブッシェルがデロリアン疑惑で逮捕されると、シーズン途中に辞任してチームを離れる。ピーター・ウォー フレッシュアイペディアより)

91件中 71 - 80件表示

「メルセデスAMG」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画