91件中 81 - 90件表示
  • スクーデリア・トロ・ロッソ

    スクーデリア・トロ・ロッソから見たホンダF1ホンダF1

    レースドライバーは前年に続き、ヴィタントニオ・リウッツィとスコット・スピードという布陣でスタート。しかし、当初からドライバー陣と共同オーナーであるベルガーとの関係がギクシャクしており、開幕前から心配する声が出ていた。また、マシンは「STR2」で、デザインはエイドリアン・ニューウェイである。このマシンについてもスーパーアグリ同様にカスタマーシャシーではないかとの批判がある。ただ、両チームとも現存チームが権利を持っているデザインを採用しているわけではなく(トロ・ロッソは、レッドブル・レーシングとも別会社であるレッドブルテクノロジーからデザイン供給されている。スーパーアグリは、元のデザインの権利を保持していたホンダF1から別の会社に権利を移転させ、そこから供給を受けている。)、問題は無いとの立場を取っている(しかし、カスタマーシャシーに反対するスパイカーF1と、トロ・ロッソ、スーパーアグリの三者間で商業権料をシェアするなどの合意がなされた)。エイドリアン・ニューウェイがデザインしたマシンということで期待も一部にはあったが、2チームに共通の部品を供給する十分な余裕がなく、レッドブル・レーシングが優先されることや信頼性の問題もあって、完走さえままならない状況になってしまった。唯一、モナコGPではスコット・スピードが入賞一歩手前の9位に入った。しかし、このスコット・スピードとチーム首脳陣の関係は開幕前よりもさらに悪化。第10戦ヨーロッパGP後にスピードは更迭され、このシーズンはBMWザウバーのリザーブ&テストドライバーを務めていたセバスチャン・ベッテルが、第11戦ハンガリーGPより参戦した。そして、中国GPにおいて待望のダブル入賞を果たした。スクーデリア・トロ・ロッソ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ベルギーグランプリ

    2009年ベルギーグランプリから見たホンダF1ホンダF1

    結局その後はフィジケラのタイムを上回るマシンが現れず、フォース・インディアがストレートラインで伸びるマシンの特性を生かしてチーム初のポールポジション獲得。チームの前身時代を含めるとジョーダン・無限・ホンダ時代の1999年ヨーロッパグランプリ以来となった。フィジケラ自身はルノー時代の2006年マレーシアグランプリ以来4度目のポールポジション獲得となった。2009年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のF1世界選手権

    2010年のF1世界選手権から見たホンダF1ホンダF1

    2009年シーズンのワールドチャンピオンとなったジェンソン・バトンは2003年以来在籍したチーム(B・A・R → ホンダF1 → ブラウンGP)を離れマクラーレンに移籍していった。チームメイトであったルーベンス・バリチェロもウィリアムズF1に移籍していった。そのチャンピオンチームに2006年以来となるミハエル・シューマッハが復帰した。2010年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • タバコ広告

    タバコ広告から見たホンダF1ホンダF1

    2000年、ウィリアムズF1はタバコのスポンサー無しで走る初の主要チームとなり、マクラーレンは2006年でウエストブランドのスポンサードを終了、現在はタバコのスポンサーを一切受けていない。ルノーF1も同様に2006年シーズンを最後にマイルドセブンとの契約を終了したほか、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)がオーナーを務めていたB・A・RはホンダF1へチームを売却、BATはF1から撤退した。一方、ブランド名は表示されないが、スクーデリア・フェラーリは2005年から2011年までフィリップモリスと契約を結び、実質的にマールボロブランドによるスポンサードが継続されている。タバコ広告 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井眞一郎

    桜井眞一郎から見たホンダF1ホンダF1

    1995年にエス・アンド・エス エンジニアリングを設立し、ボディー補強材やディーゼルエンジンの排出ガス浄化装置等を開発して現在に至る。1997年にはプリンス&スカイラインミュウジアムの館長に就任(現在は名誉館長)。2005年には、1960年代のホンダF1チーム監督を務めた中村良夫と共に日本自動車殿堂入りを果たした。桜井眞一郎 フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナル・フォーミュラ・マスター

    インターナショナル・フォーミュラ・マスターから見たホンダF1ホンダF1

    2008年からはシリーズチャンピオンにホンダF1のテストの機会が与えられる予定であったほか、シリーズ2位以下のドライバーにもGP2・WTCC等のテストの機会が用意されるなど、主催者側では若手ドライバーの育成を主眼に置いていることをアピールしている。なお、シリーズチャンピオンへのF1テストの機会は、2008年限りでホンダがF1から撤退したため実現せず、2009年はシリーズランキング上位3人にレッドブル・レーシングのF1シミュレーターによるテスト権が与えられるなど、年によって内容が変化している。インターナショナル・フォーミュラ・マスター フレッシュアイペディアより)

  • ミッドシップ

    ミッドシップから見たホンダF1ホンダF1

    本格的レーシングカーでは、ホンダの最初のF1マシンであるRA271が、V12エンジンを横置きで搭載していた。2輪車メーカーとしての経験から、横置き(2輪車の大半はエンジン横置き)のほうが設計しやすかったため、という説がある。ただし整備性に難があったことに加え、1966年にF1のレギュレーション変更でエンジン排気量が3リッターに拡大され、V12エンジンのサイズ的に横置きが困難となったことから、同年のRA273以降は縦置き配置に改められている。ミッドシップ フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たホンダF1ホンダF1

    それ以降は久々のイタリア人エース、ミケーレ・アルボレートが奮闘したが、ターボ開発競争でポルシェやホンダのエンジンに苦杯を舐めさせられた。1988年8月には創始者エンツォ・フェラーリが90歳で死去。1ヵ月後の地元イタリアGPでは、ゲルハルト・ベルガーがマクラーレン・ホンダの連勝を止める奇跡的な1勝を挙げ、亡き総帥へ捧げた。この後、エンツォの死によりスクーデリア・フェラーリの運営権もフィアットが握ることになる。スクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • ルーベンス・バリチェロ

    ルーベンス・バリチェロから見たホンダF1ホンダF1

    バリチェロはこの様にフェラーリの忠実なセカンドドライバーを務めてきたが、2005年のモナコGPで、ファイナルラップのシケインでシューマッハに強引な追い抜きを仕掛けられたことをきっかけに、これからは対等に勝負をすると宣言するなどし、翌アメリカGPではミシュランタイヤの問題の為実質フェラーリ同士でのタイマンとなり、初めてシューマッハとやりあうシーンが見られ、このGP後に移籍を決意することとなった。(但し、2人の関係はシューマッハのかつてのチームメイトと異なり、2006年以降も良好な関係が続いており、シューマッハの引退レースとなった2006年ブラジルグランプリでは、オーバーテイクされる際に感謝の意をこめて手を振られた。)同年の8月には翌年からB・A・R(同年末にホンダによって買収されホンダF1となる)へと移籍することを発表した。ルーベンス・バリチェロ フレッシュアイペディアより)

  • 富士スピードウェイ

    富士スピードウェイから見たホンダF1ホンダF1

    その後日本経済はバブル景気に突入、同時に中嶋悟のF1フル参戦とホンダのF1での活躍による未曾有のモータースポーツブームが訪れた。富士スピードウェイも1989年(平成元年)一杯で富士GCが廃止されたものの、世界耐久選手権(WEC)日本ラウンド(WEC-JAPAN)の開催や全日本F3000選手権、インターTEC等の開催で再び賑わいを見せることになる。その後1990年代中盤にはピット・パドックエリアが改修され近代的な設備が整った。富士スピードウェイ フレッシュアイペディアより)

91件中 81 - 90件表示

「メルセデスAMG」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画