前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たニック・ハイドフェルド

    なおテストドライバー兼リザーブドライバーとしてニック・ハイドフェルドが起用されていたが、彼は2011年からF1のタイヤサプライヤーとなるピレリのテストドライバーに指名され、これに専念するため、8月にチームを離れた。以後、シーズン終了までこの役職は空席のままだった。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たミカ・ハッキネン

    1995年からはザウバーからマクラーレンに供給先を変えた。マクラーレンは1997年からスポンサーをマールボロからウェストに変更し、同社のタバコパッケージをもじってマシンのカラーリングをシルバーに変更した。以降メルセデスエンジンを搭載したマクラーレンが「シルバー・アロー」と呼ばれることになった。1998年にはミカ・ハッキネンがドライバーズタイトルを獲得し、コンストラクターのタイトルも獲得した。1999年にはコンストラクターのタイトルは逃したものの、ハッキネンは選手権2連覇を果たした。2008年にはルイス・ハミルトンがドライバーズタイトルを獲得した。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たニコ・ロズベルグ

    2009年11月23日にニコ・ロズベルグを起用することを発表したが、もう一人のレースドライバーについては発表されなかった。この発表前後から、2010年のレースドライバーにミハエル・シューマッハが復帰するとの噂が流れた。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たミハエル・シューマッハ

    1980年代に入ってようやくメルセデスはモータースポーツへの復帰を表明し、スポーツカーレースへの参加を始めた。ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場するなど、徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。またこの頃、ミハエル・シューマッハ、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、カール・ヴェンドリンガー、3人の若手ドイツ系ドライバーの育成プログラムを開始し、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、1989年に総合優勝を遂げるが、1999年の予選、フリー走行、決勝レースでメルセデスベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。(復帰初年度の1985年にザウバー・C8がミュルサンヌで宙を舞うアクシデントを起こしている。)メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たルイス・ハミルトン

    1995年からはザウバーからマクラーレンに供給先を変えた。マクラーレンは1997年からスポンサーをマールボロからウェストに変更し、同社のタバコパッケージをもじってマシンのカラーリングをシルバーに変更した。以降メルセデスエンジンを搭載したマクラーレンが「シルバー・アロー」と呼ばれることになった。1998年にはミカ・ハッキネンがドライバーズタイトルを獲得し、コンストラクターのタイトルも獲得した。1999年にはコンストラクターのタイトルは逃したものの、ハッキネンは選手権2連覇を果たした。2008年にはルイス・ハミルトンがドライバーズタイトルを獲得した。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たジェンソン・バトン

    2009年にはフォース・インディア、ブラウンGPにも供給した。ブラウンGPに所属するジェンソン・バトンがドライバーズタイトルを獲得し、同チームもコンストラクターズタイトルを獲得した。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たロス・ブラウン

    メルセデスAMG(Mercedes AMG )はダイムラーのブランドメルセデス・ベンツ(以下メルセデスとする。ダイムラーについて言及するときも同様とする。)によるレーシングコンストラクターである。メルセデスは1930年代にグランプリレースに参戦し、1954年から2シーズンに渡ってF1世界選手権に参戦した。メルセデスは2009年11月16日にリリースを出してロス・ブラウンが所有するブラウンGPを買収してメルセデスGPとすることを発表し、株式をメルセデスが45.1%、アブダビ企業のアーバー・インベストメンツが30%取得したことを明らかにした。メルセデスのグランプリへの復活は1955年以来54年ぶりである。本稿ではメルセデスベンツのすべてのレース参戦記録について述べる。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たルドルフ・カラツィオラ

    戦前のグランプリ・レース用主要マシンはW25(1934年 - 1936年)、W125(1937年)、W154(1938年・1939年)、W165(1939年)で、いずれもフロントエンジンながら、時代の最先端を行く性能を有していた。当時の主要ドライバーは、ルドルフ・カラツィオラ(1935年、1937年、1938年ヨーロッパチャンピオン)、マンフレート・フォン・ブラウヒッチュ(Manfred von Brauchitsch)、ヘルマン・ラング(Hermann Lang)(1939年ヨーロッパチャンピオン)、ディック・シーマン(Dick Seaman)。シーマンのみ、英国出身で、他は皆ドイツ人である。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見た2009年

    メルセデスAMG(Mercedes AMG )はダイムラーのブランドメルセデス・ベンツ(以下メルセデスとする。ダイムラーについて言及するときも同様とする。)によるレーシングコンストラクターである。メルセデスは1930年代にグランプリレースに参戦し、1954年から2シーズンに渡ってF1世界選手権に参戦した。メルセデスは2009年11月16日にリリースを出してロス・ブラウンが所有するブラウンGPを買収してメルセデスGPとすることを発表し、株式をメルセデスが45.1%、アブダビ企業のアーバー・インベストメンツが30%取得したことを明らかにした。メルセデスのグランプリへの復活は1955年以来54年ぶりである。本稿ではメルセデスベンツのすべてのレース参戦記録について述べる。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たメルセデス・ベンツ

    メルセデスAMG(Mercedes AMG )はダイムラーのブランドメルセデス・ベンツ(以下メルセデスとする。ダイムラーについて言及するときも同様とする。)によるレーシングコンストラクターである。メルセデスは1930年代にグランプリレースに参戦し、1954年から2シーズンに渡ってF1世界選手権に参戦した。メルセデスは2009年11月16日にリリースを出してロス・ブラウンが所有するブラウンGPを買収してメルセデスGPとすることを発表し、株式をメルセデスが45.1%、アブダビ企業のアーバー・インベストメンツが30%取得したことを明らかにした。メルセデスのグランプリへの復活は1955年以来54年ぶりである。本稿ではメルセデスベンツのすべてのレース参戦記録について述べる。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「メルセデスAMG」のニューストピックワード