71件中 11 - 20件表示
  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たダイムラー (自動車メーカー)

    メルセデスAMG(Mercedes AMG )はダイムラーのブランドメルセデス・ベンツ(以下メルセデスとする。ダイムラーについて言及するときも同様とする。)によるレーシングコンストラクターである。メルセデスは1930年代にグランプリレースに参戦し、1954年から2シーズンに渡ってF1世界選手権に参戦した。メルセデスは2009年11月16日にリリースを出してロス・ブラウンが所有するブラウンGPを買収してメルセデスGPとすることを発表し、株式をメルセデスが45.1%、アブダビ企業のアーバー・インベストメンツが30%取得したことを明らかにした。メルセデスのグランプリへの復活は1955年以来54年ぶりである。本稿ではメルセデスベンツのすべてのレース参戦記録について述べる。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たフェラーリ

    12月23日に、ミハエル・シューマッハをレースドライバーとして起用することを発表した。彼にとって、2006年最終戦ブラジルGP以来のF1参戦となる。長年苦楽を共にしたフェラーリを抜けての決断に複雑な思いを抱くファンも多かったが、チーム代表ロス・ブラウンとのコンビは黄金時代のフェラーリ陣容を髣髴とさせるものであり、世界中の期待を集めた。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たイルモア

    1990年代序盤にはフォーミュラカー用エンジンビルダーであるイルモアに資本参加し、インディカーおよびF1へ復帰。1993年にイルモアエンジンをConcept by Mercedes-Benzとしてこの年から同じくF1へ参加したスポーツカーレースでのパートナー、ザウバーに提供した。翌1994年から正式にF1への復帰を宣言し、ザウバーにメルセデス・ベンツのバッジを付けたエンジンを供給した。この間93年からヴェンドリンガーが1994年からフレンツェンがザウバーのシートを得て、ここに育成プログラムは一定の結果を生み出す事になった。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たニック・フライ

    チーム代表としてロス・ブラウンが続投する。ニック・フライもCEOとしてチームに留まるが、こちらは取締役から退任し、実質オブザーバーへ転向している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たハインツ=ハラルド・フレンツェン

    1980年代に入ってようやくメルセデスはモータースポーツへの復帰を表明し、スポーツカーレースへの参加を始めた。ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場するなど、徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。またこの頃、ミハエル・シューマッハ、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、カール・ヴェンドリンガー、3人の若手ドイツ系ドライバーの育成プログラムを開始し、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、1989年に総合優勝を遂げるが、1999年の予選、フリー走行、決勝レースでメルセデスベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。(復帰初年度の1985年にザウバー・C8がミュルサンヌで宙を舞うアクシデントを起こしている。)メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たピエール・ルヴェー

    しかし、1955年のル・マン24時間レースで、ピエール・ルヴェーの運転するメルセデス300SLRがクラッシュし、分解したマシンのエンジンとサスペンションが200km/hを超える速度のまま観客席に飛び込む事故を起こし、200名以上の観客を死傷させる大惨事となった。このレースでメルセデスチームは、ファンジオ・モス組がトップを走行していたにもかかわらず、すべての車両を途中でリタイアさせている(レースはホーソーン(ジャガー)が優勝)。また同年末で一切のモータースポーツ活動から撤退する事態となった。またこの事故による影響は大きく、スイスなどの一部の国家ではラリーやヒルクライム競技以外のレースが禁止される事態となった。メルセデスがレース活動にカムバックするのは1980年代を待たなければならない。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たアルフレート・ノイバウア

    メルセデス・ベンツチームはレース監督アルフレート・ノイバウア(サインボードの発明者である)により、まさに軍隊的規律の元でレースに臨み、結果を出しつづけたのである。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たカール・ヴェンドリンガー

    1980年代に入ってようやくメルセデスはモータースポーツへの復帰を表明し、スポーツカーレースへの参加を始めた。ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場するなど、徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。またこの頃、ミハエル・シューマッハ、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、カール・ヴェンドリンガー、3人の若手ドイツ系ドライバーの育成プログラムを開始し、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、1989年に総合優勝を遂げるが、1999年の予選、フリー走行、決勝レースでメルセデスベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。(復帰初年度の1985年にザウバー・C8がミュルサンヌで宙を舞うアクシデントを起こしている。)メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たファン・マヌエル・ファンジオ

    1954年に満を持して再びノイバウアを監督としてメルセデスはF1世界選手権への参戦を決定した。ドライバーには1951年チャンピオンのファン・マヌエル・ファンジオを迎えた。マシンはメルセデス・ベンツ W196という革新的なクルマであった。このクルマが7月にランス・グーに現れたとき、それはオープンホイールですらなかった。このマシンでファンジオはポールトゥーウィンを飾り戦前のメルセデスの強さは健在であることを見せ付けた。ただしこのマシンはサーキットによってはボディーが大きすぎることがわかったので、オープン・ホイールのタイプも作られた。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たスターリング・モス

    ファンジオやスターリング・モスの活躍により出走した12レースで9勝(詳細は以下に記載する)を挙げた。両年ともにファンジオがワールドチャンピオンを獲得した。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「メルセデスAMG」のニューストピックワード