71件中 31 - 40件表示
  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たアウトウニオン

    1934年から1939年の第二次世界大戦勃発まで、メルセデス・ベンツとアウトウニオンのドイツ勢は、ヨーロッパのモータースポーツ界を完全に席巻した。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たVOLVO

    カミオンがヨーロッパで開催されている「トラックレース」に参戦している他、パリ・ダカールラリーなどのラリーレイド競技において競技車輌やサポートカミオンとして使用されている。特にサポートカミオンとしてはイヴェコ、MAN、VOLVOと共に、多数のチームが使用している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たピレリ

    なおテストドライバー兼リザーブドライバーとしてニック・ハイドフェルドが起用されていたが、彼は2011年からF1のタイヤサプライヤーとなるピレリのテストドライバーに指名され、これに専念するため、8月にチームを離れた。以後、シーズン終了までこの役職は空席のままだった。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たフォーミュラカー

    1954年に満を持して再びノイバウアを監督としてメルセデスはF1世界選手権への参戦を決定した。ドライバーには1951年チャンピオンのファン・マヌエル・ファンジオを迎えた。マシンはメルセデス・ベンツ W196という革新的なクルマであった。このクルマが7月にランス・グーに現れたとき、それはオープンホイールですらなかった。このマシンでファンジオはポールトゥーウィンを飾り戦前のメルセデスの強さは健在であることを見せ付けた。ただしこのマシンはサーキットによってはボディーが大きすぎることがわかったので、オープン・ホイールのタイプも作られた。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見た2010年のF1世界選手権

    マクラーレン・グループの株式をダイムラーが40%を取得していたことから、マクラーレンを完全買収してメルセデス・ベンツ単独でのF1参加を画策しているという噂は根強かったが、2009年11月16日にブラウンGPの株式をアブダビ政府系の投資会社アーバーインベストメントと共に75.1%をダイムラーが取得し2010年のF1世界選手権からメルセデスGPとして参戦するとしている。また同時に2011年までにマクラーレン・グループ株式を全てマクラーレン・グループに売却をしエンジン供給については2015年まで延長する発表を行った。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たアヴス

    同年のアーヴス・レンネン(アーヴスレース;フリー・フォーミュラ=制限なしで行われた)では、ヘルマン・ラングが特製された流線型ボディのW25に乗り、260.7km/hという現代でも驚かされるような平均速度で優勝しているが、クローズド・サーキットの記録としてはその後20年以上及ぶものはなく、オーバルを使用するインディ500において優勝者の平均速度がこの記録を上回るのは1972年のマーク・ダナヒュー(マクラーレン・オッフィー)の平均261.08km/hを待たねばならないほどである。メルセデスとアウトウニオンは、同年のアーヴス・レンネンの直線では、実に380km/hを出していたと言われている。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たブラウンGP

    メルセデスAMG(Mercedes AMG )はダイムラーのブランドメルセデス・ベンツ(以下メルセデスとする。ダイムラーについて言及するときも同様とする。)によるレーシングコンストラクターである。メルセデスは1930年代にグランプリレースに参戦し、1954年から2シーズンに渡ってF1世界選手権に参戦した。メルセデスは2009年11月16日にリリースを出してロス・ブラウンが所有するブラウンGPを買収してメルセデスGPとすることを発表し、株式をメルセデスが45.1%、アブダビ企業のアーバー・インベストメンツが30%取得したことを明らかにした。メルセデスのグランプリへの復活は1955年以来54年ぶりである。本稿ではメルセデスベンツのすべてのレース参戦記録について述べる。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たメルセデスベンツ・CLR

    1980年代に入ってようやくメルセデスはモータースポーツへの復帰を表明し、スポーツカーレースへの参加を始めた。ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場するなど、徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。またこの頃、ミハエル・シューマッハ、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、カール・ヴェンドリンガー、3人の若手ドイツ系ドライバーの育成プログラムを開始し、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、1989年に総合優勝を遂げるが、1999年の予選、フリー走行、決勝レースでメルセデスベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。(復帰初年度の1985年にザウバー・C8がミュルサンヌで宙を舞うアクシデントを起こしている。)メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たメルセデス・ベンツ 300SL

    第二次世界大戦によってメルセデスは大打撃を受けた。生産施設は破壊され、加えて戦前・戦中にナチスに協力したと見られてその補償も義務付けられた。メルセデスにとってグランプリへの復帰は悲願であったが、当分のレース活動はは市販のメルセデス・ベンツ 300SLを用いたル・マン24時間レースなどに限定された。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たラリーレイド

    カミオンがヨーロッパで開催されている「トラックレース」に参戦している他、パリ・ダカールラリーなどのラリーレイド競技において競技車輌やサポートカミオンとして使用されている。特にサポートカミオンとしてはイヴェコ、MAN、VOLVOと共に、多数のチームが使用している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「メルセデスAMG」のニューストピックワード