71件中 41 - 50件表示
  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たマクラーレンF1

    1997年にはFIA-GT選手権に投入すべくメルセデスベンツ・CLK-GTRを短期間のうちに開発、マクラーレンF1の牙城を崩すことに成功し、同時に「ロードカー」をごく少数AMGが生産した。翌年のル・マン24時間レースにはメルセデスベンツ・CLK-LMを投入する(市販車は存在しない)が、これは二時間で全車リタイアの憂き目に遭うが、その後のFIA-GT選手権では圧倒的な強さを見せ、ドライバーズタイトルとメーカーズタイトルの二冠を獲得している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たメルセデス・ベンツ W196

    1954年に満を持して再びノイバウアを監督としてメルセデスはF1世界選手権への参戦を決定した。ドライバーには1951年チャンピオンのファン・マヌエル・ファンジオを迎えた。マシンはメルセデス・ベンツ W196という革新的なクルマであった。このクルマが7月にランス・グーに現れたとき、それはオープンホイールですらなかった。このマシンでファンジオはポールトゥーウィンを飾り戦前のメルセデスの強さは健在であることを見せ付けた。ただしこのマシンはサーキットによってはボディーが大きすぎることがわかったので、オープン・ホイールのタイプも作られた。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たメルセデスベンツ・CLK-LM

    1997年にはFIA-GT選手権に投入すべくメルセデスベンツ・CLK-GTRを短期間のうちに開発、マクラーレンF1の牙城を崩すことに成功し、同時に「ロードカー」をごく少数AMGが生産した。翌年のル・マン24時間レースにはメルセデスベンツ・CLK-LMを投入する(市販車は存在しない)が、これは二時間で全車リタイアの憂き目に遭うが、その後のFIA-GT選手権では圧倒的な強さを見せ、ドライバーズタイトルとメーカーズタイトルの二冠を獲得している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たメルセデスベンツ・CLK-GTR

    1997年にはFIA-GT選手権に投入すべくメルセデスベンツ・CLK-GTRを短期間のうちに開発、マクラーレンF1の牙城を崩すことに成功し、同時に「ロードカー」をごく少数AMGが生産した。翌年のル・マン24時間レースにはメルセデスベンツ・CLK-LMを投入する(市販車は存在しない)が、これは二時間で全車リタイアの憂き目に遭うが、その後のFIA-GT選手権では圧倒的な強さを見せ、ドライバーズタイトルとメーカーズタイトルの二冠を獲得している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たメルセデス・ベンツ W25

    戦前のグランプリ・レース用主要マシンはW25(1934年 - 1936年)、W125(1937年)、W154(1938年・1939年)、W165(1939年)で、いずれもフロントエンジンながら、時代の最先端を行く性能を有していた。当時の主要ドライバーは、ルドルフ・カラツィオラ(1935年、1937年、1938年ヨーロッパチャンピオン)、マンフレート・フォン・ブラウヒッチュ(Manfred von Brauchitsch)、ヘルマン・ラング(Hermann Lang)(1939年ヨーロッパチャンピオン)、ディック・シーマン(Dick Seaman)。シーマンのみ、英国出身で、他は皆ドイツ人である。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たパリ・ダカールラリー

    カミオンがヨーロッパで開催されている「トラックレース」に参戦している他、パリ・ダカールラリーなどのラリーレイド競技において競技車輌やサポートカミオンとして使用されている。特にサポートカミオンとしてはイヴェコ、MAN、VOLVOと共に、多数のチームが使用している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たポールポジション

    太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見た1955年ル・マン24時間レース

    しかし、1955年のル・マン24時間レースで、ピエール・ルヴェーの運転するメルセデス300SLRがクラッシュし、分解したマシンのエンジンとサスペンションが200km/hを超える速度のまま観客席に飛び込む事故を起こし、200名以上の観客を死傷させる大惨事となった。このレースでメルセデスチームは、ファンジオ・モス組がトップを走行していたにもかかわらず、すべての車両を途中でリタイアさせている(レースはホーソーン(ジャガー)が優勝)。また同年末で一切のモータースポーツ活動から撤退する事態となった。またこの事故による影響は大きく、スイスなどの一部の国家ではラリーやヒルクライム競技以外のレースが禁止される事態となった。メルセデスがレース活動にカムバックするのは1980年代を待たなければならない。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たアウトバーン

    また、ルドルフ・カラツィオラはモータースポーツのみならず、速度記録にも挑戦し、メルセデス・ベンツのレーシングカーを改造したレコードブレーカーに乗り、数々の速度記録を打ち立てている。1938年には、フランクフルト:ダルムシュタット間のアウトバーンにおいて、フライング・キロメーターで432.7km/hを記録している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たファステストラップ

    太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「メルセデスAMG」のニューストピックワード