71件中 51 - 60件表示
  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たシャシ (自動車)

    シューマッハのペース不足には原因としてマシンMGP W01のアンダーステア傾向やシャシー自体の損傷があるとされる。チームが第4戦終了後のアップデートに際し、ホイールベースを延長した結果、一時的にシューマッハのペースは向上し、反対にロズベルグの成績は落ちている。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たスポーツカーレース

    1980年代に入ってようやくメルセデスはモータースポーツへの復帰を表明し、スポーツカーレースへの参加を始めた。ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場するなど、徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。またこの頃、ミハエル・シューマッハ、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、カール・ヴェンドリンガー、3人の若手ドイツ系ドライバーの育成プログラムを開始し、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、1989年に総合優勝を遂げるが、1999年の予選、フリー走行、決勝レースでメルセデスベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。(復帰初年度の1985年にザウバー・C8がミュルサンヌで宙を舞うアクシデントを起こしている。)メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たザウバー・C8

    1980年代に入ってようやくメルセデスはモータースポーツへの復帰を表明し、スポーツカーレースへの参加を始めた。ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場するなど、徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。またこの頃、ミハエル・シューマッハ、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、カール・ヴェンドリンガー、3人の若手ドイツ系ドライバーの育成プログラムを開始し、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、1989年に総合優勝を遂げるが、1999年の予選、フリー走行、決勝レースでメルセデスベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。(復帰初年度の1985年にザウバー・C8がミュルサンヌで宙を舞うアクシデントを起こしている。)メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見た2010年マレーシアグランプリ

    前年のダブルチャンピオン・チームを買収して生まれただけに、2010年シーズン開始前から優勝候補と目された。事実、ロズベルグが開幕戦バーレーンGPから予選と決勝で5位に入り、第3戦マレーシアGP、第4戦中国GPで連続3位表彰台を得た。以後チームはいわゆる「4強」の一角として活躍するが、シューマッハは開幕4戦の予選、決勝でチームメイトの後塵を拝し、「復帰は誤りであった」との意見がメディアや論客から飛び出す始末となった。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たランス・グー

    1954年に満を持して再びノイバウアを監督としてメルセデスはF1世界選手権への参戦を決定した。ドライバーには1951年チャンピオンのファン・マヌエル・ファンジオを迎えた。マシンはメルセデス・ベンツ W196という革新的なクルマであった。このクルマが7月にランス・グーに現れたとき、それはオープンホイールですらなかった。このマシンでファンジオはポールトゥーウィンを飾り戦前のメルセデスの強さは健在であることを見せ付けた。ただしこのマシンはサーキットによってはボディーが大きすぎることがわかったので、オープン・ホイールのタイプも作られた。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たポールトゥーウィン

    1954年に満を持して再びノイバウアを監督としてメルセデスはF1世界選手権への参戦を決定した。ドライバーには1951年チャンピオンのファン・マヌエル・ファンジオを迎えた。マシンはメルセデス・ベンツ W196という革新的なクルマであった。このクルマが7月にランス・グーに現れたとき、それはオープンホイールですらなかった。このマシンでファンジオはポールトゥーウィンを飾り戦前のメルセデスの強さは健在であることを見せ付けた。ただしこのマシンはサーキットによってはボディーが大きすぎることがわかったので、オープン・ホイールのタイプも作られた。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たCEO

    チーム代表としてロス・ブラウンが続投する。ニック・フライもCEOとしてチームに留まるが、こちらは取締役から退任し、実質オブザーバーへ転向している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たAMG

    1997年にはFIA-GT選手権に投入すべくメルセデスベンツ・CLK-GTRを短期間のうちに開発、マクラーレンF1の牙城を崩すことに成功し、同時に「ロードカー」をごく少数AMGが生産した。翌年のル・マン24時間レースにはメルセデスベンツ・CLK-LMを投入する(市販車は存在しない)が、これは二時間で全車リタイアの憂き目に遭うが、その後のFIA-GT選手権では圧倒的な強さを見せ、ドライバーズタイトルとメーカーズタイトルの二冠を獲得している。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たホイールベース

    シューマッハのペース不足には原因としてマシンMGP W01のアンダーステア傾向やシャシー自体の損傷があるとされる。チームが第4戦終了後のアップデートに際し、ホイールベースを延長した結果、一時的にシューマッハのペースは向上し、反対にロズベルグの成績は落ちている。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見た2006年ブラジルグランプリ

    12月23日に、ミハエル・シューマッハをレースドライバーとして起用することを発表した。彼にとって、2006年最終戦ブラジルGP以来のF1参戦となる。長年苦楽を共にしたフェラーリを抜けての決断に複雑な思いを抱くファンも多かったが、チーム代表ロス・ブラウンとのコンビは黄金時代のフェラーリ陣容を髣髴とさせるものであり、世界中の期待を集めた。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「メルセデスAMG」のニューストピックワード