133件中 91 - 100件表示
  • ジェームズ・ガーナー

    ジェームズ・ガーナーから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    朝鮮戦争に従軍するが、名誉戦傷章を与えられ除隊。モデルや舞台俳優を経て、ワーナーと契約。1957年の『ロケット・パイロット』が映画デビュー作。テレビシリーズ『マーベリック』(1957年?1960年)での長男ブレット役で一躍人気俳優となる(のちに映画としてリメイクされた1994年の『マーヴェリック』では、メル・ギブソン演じるブレットの父親役で出演した)。ジェームズ・ガーナー フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー五世 (シェイクスピア)

    ヘンリー五世 (シェイクスピア)から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    映画『ブレイブハート』(1995年) - メル・ギブソンはディレクターズ・コメンタリーの中で、脚本家ランドール・ウォレス(Randall Wallace)は、『ヘンリー五世』の聖クリスピンの祭日の演説を、ウィリアム・ウォレスの戦いの前の演説の基にしたと語った。ヘンリー五世 (シェイクスピア) フレッシュアイペディアより)

  • マッドマックス

    マッドマックスから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    監督のジョージ・ミラーと主演を務めたメル・ギブソンの出世作品であり、後にシリーズ化。マッドマックス フレッシュアイペディアより)

  • 南十字星 (映画)

    南十字星 (映画)から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    特別奇襲戦隊Z - 1982年制作、メル・ギブソン主演のオーストラリア映画(日本未公開)。太平洋戦争中のオーストラリア軍特殊部隊の作戦を描いた作品。南十字星 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ピープル (雑誌)

    ピープル (雑誌)から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    『ピープル』詩は毎年、「最もセクシーな男」("Sexiest Man Alive")の企画を実施しており、著名人が一人選ばれる。選出方法は『タイム』のパーソン・オブ・ザ・イヤーと同様である。このタイトルの由来は、メル・ギブソンの記事について議論している際、女性編集者が「オー・マイ・ゴッド、彼こそが存命人物中最もセクシーな男だ!」と叫び、「カバーラインとして使う必要がある」と述べたのが始まりである。ピープル (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス

    チャック・ノリスから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    ホスト: チャック・ノリス / 出演: ダル・ロビンソン、キャシー・リー・クロスビー、クリント・イーストウッド、メル・ギブソン、ダスティン・ホフマン、ティモシー・ハットン、スティーブ・マックイーン(アーカイブ映像)、バート・レイノルズ、シルヴェスター・スタローン(クレジット順)チャック・ノリス フレッシュアイペディアより)

  • 木曜洋画劇場

    木曜洋画劇場から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    地上波の洋画番組の中では日本語吹き替えに力を入れており、公式サイトには主要声優キャストだけでなく吹き替え版が新規収録か既成の物かも明記する方針が採られている。また、1つの映画で幾つも吹き替え版が制作される中、独自に吹き替え版を制作する際は日曜洋画劇場やビデオ等で定番のお馴染みの吹き替えキャスティングを踏襲することも多く、ケヴィン・コスナーに津嘉山正種(『アンタッチャブル』、『ウォーターワールド』、『ワイアット・アープ』)、シルヴェスター・スタローンにささきいさお(『追撃者』、『ドリヴン』、『D-TOX』)、トミー・リー・ジョーンズに小林清志(『追跡者』、『ハンテッド』)、スティーブン・セガールに大塚明夫(『沈黙の聖戦』)、ジャン・クロード・ヴァンダムに山寺宏一(『ノック・オフ』、『レジョネア 戦場の狼たち』、『ヴァン・ダム IN コヨーテ』、『レプリカント』)、ロビン・ウィリアムズに江原正士(『インソムニア』)、メル・ギブソンに磯部勉(『パトリオット』)、ロバート・デ・ニーロに小川真司(『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』)、チャーリー・シーンに堀内賢雄(『プラトーン』)、アル・パチーノに野沢那智(『インソムニア』)等がある。木曜洋画劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 原哲夫

    原哲夫から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    学生時代は松田優作が好きで、学生時代に画風が今と変わらない松田の似顔絵を描いている。北斗の拳の主人公であるケンシロウは、松田優作、ブルース・リー、映画マッドマックス2のメル・ギブソンらがモデルとなっている。原哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • アカデミー賞

    アカデミー賞から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    第66回のクリント・イーストウッド、第67回のスティーヴン・スピルバーグ、第68回のロバート・ゼメキス、第69回のメル・ギブソン、第80回のマーティン・スコセッシのように、近年は監督賞プレゼンターを前年度の受賞者が担当している。アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第一次世界大戦

    第一次世界大戦から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    『誓い(原題:ガリポリ)』 1982年オーストラリア、監督ピーター・ウィアー、主演メル・ギブソンオーストラリア軍の兵士として戦争に参加した2人の若者の姿を通じて、ガリポリ戦における悲劇を描く。第一次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

133件中 91 - 100件表示

「メル・ギブソン」のニューストピックワード