133件中 11 - 20件表示
  • デイム・エドナ・エバレッジ

    デイム・エドナ・エバレッジから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    オーストラリアでは、「これまでニコール・キッドマン、ケイト・ブランシェット、ラッセル・クロウ、メル・ギブソンなど多くの俳優たちがまだ卵の頃に演技指導をした」という。そうした数々の業績が認められ、メルボルン市からは「市の鍵」を贈られ名誉市民になる。また2007年3月には同市の公道の一つに「Dame Edna Place」という名称が冠せられている。デイム・エドナ・エバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • マラン・カルミッツ

    マラン・カルミッツから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    2004年の初め、メル・ギブソン監督の映画『パッション』の配給を拒絶、タラク・ベン・アマールが配給権を買い取った。マラン・カルミッツ フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・ホース 1976-1989

    ダーク・ホース 1976-1989から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    チアー・ダウン - Cheer Down(作詞: トム・ペティ) (4:08)1989年公開のメル・ギブソン、ダニー・グローバー主演の映画『リーサル・ウェポン2/炎の約束』主題歌。もともとはエリック・クラプトンに提供する予定の楽曲だったといわれている。アメリカと日本ではシングルとしてもリリースされ、イギリスでは遅れて当アルバムからのシングル・カットとしてリリースされた。ダーク・ホース 1976-1989 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・マカルパイン

    ドナルド・マカルパインから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    1970年代からオーストラリア映画界で活躍し、後にハリウッドの作品も手がけるようになる。ハリウッドでも、フィリップ・ノイスやバズ・ラーマン、P・J・ホーガン、メル・ギブソンといった同じくオーストラリア出身の監督の作品も手がけている。2001年の『ムーラン・ルージュ』でアカデミー撮影賞にノミネートされた。ドナルド・マカルパイン フレッシュアイペディアより)

  • 放送映画批評家協会賞 監督賞

    放送映画批評家協会賞 監督賞から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    1995年: メル・ギブソン - 『ブレイブハート』放送映画批評家協会賞 監督賞 フレッシュアイペディアより)

  • リトル・ペブル

    リトル・ペブルから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    自らの生涯をメル・ギブソン主演で映画化することを目論んでいたとも言われている。セリーヌ・ディオンに歌詞を送り作曲を依頼したことがある。リトル・ペブル フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の映画

    1995年の映画から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    監督賞 - メル・ギブソン(『ブレイブハート』)1995年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 1956年の映画

    1956年の映画から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    1月3日 - メル・ギブソン、、男優・映画監督1956年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • バナスター・タールトン

    バナスター・タールトンから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    なお、「タビントン大佐」は史実のタールトンとは異なり、クライマックスの乱戦の中でメル・ギブソン演じる主人公マーティン(上記フランシス・マリオンがモデル)との一騎打ちに敗れて死んでいる。バナスター・タールトン フレッシュアイペディアより)

  • ゲツセマネの祈り

    ゲツセマネの祈りから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    パッション(メル・ギブソン監督)--ゲツセマネの祈りの場面から始まる。ゲツセマネの祈り フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示

「メル・ギブソン」のニューストピックワード