133件中 61 - 70件表示
  • アシュレー・ジョンソン

    アシュレー・ジョンソンから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    幼いころから俳優としての修業を積み、6歳の時、『愉快なシーバー家』でクリスティン・シーバーの役で出演した。その後もテレビアニメ『リセス 〜ぼくらの休み時間〜』などを含むテレビ番組などに出演し、2000年のコメディ映画『ハート・オブ・ウーマン』では メル・ギブソンの娘役を演じた。2008年、『ダート』でブリトニー・スピアーズをモデルにした女優の卵シャーリー・ケイツを演じた。アシュレー・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ライト (編集技師)

    ジョン・ライト (編集技師)から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    『レッド・オクトーバーを追え!』(1990年)と『スピード』(1994年)でアカデミー編集賞にノミネートされた。近年では『パッション』、『アポカリプト』と、メル・ギブソン監督作品に参加している。ジョン・ライト (編集技師) フレッシュアイペディアより)

  • ツリー・オブ・ライフ (映画)

    ツリー・オブ・ライフ (映画)から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    映画『チェ』の製作初期段階でテレンス・マリックとビル・ポーラッド(リバー・ロード・エンターテインメント)が共同作業をしていた頃、『ツリー・オブ・ライフ』の企画が出てきた。ポーラッドは当初、その考案は「気が狂っている」と思っていたが、映画のコンセプトが発展するにつれ、そのアイデアを確信するに至った。2005年後半、本作の製作発表がされ、インドのパーセプト・ピクチャーズが融資し、ドナルド・ローゼンフェルドがプロデュースすることがわかった。2006年1月よりプリプロダクションを開始し、映画の一部をインドで撮影することが計画された。また、コリン・ファレルとメル・ギブソンのプロジェクト参加が予定されていた。しかしながらこれらの計画は実現しなかった。ツリー・オブ・ライフ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ソフィー・マルソー

    ソフィー・マルソーから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    英語圏の映画に出演し英米で知られるようになるのは1995年メル・ギブソン監督『ブレイブハート』のイザベラ王女から。ソフィー・マルソー フレッシュアイペディアより)

  • サイン (映画)

    サイン (映画)から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    メル・ギブソン … グラハム・ヘスサイン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジュディ・デイヴィス

    ジュディ・デイヴィスから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    パース出身。シドニーのオーストラリア国立演劇学院(NIDA)ではメル・ギブソンと共に学んだという。ジュディ・デイヴィス フレッシュアイペディアより)

  • パッション (アルバム)

    パッション (アルバム)から見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    なお「パッション」にはキリストの受難と受難曲の意味があり、『最後の誘惑』と同じくイエスを扱ったメル・ギブソンの映画『パッション』 ( 2004年) とは無関係である。パッション (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・E・ウェストレイク

    ドナルド・E・ウェストレイクから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    ペイバック(1999年) - 出演:メル・ギブソン。『悪党パーカー/人狩り』の2度目の映画化。ドナルド・E・ウェストレイク フレッシュアイペディアより)

  • パリス・ヒルトン

    パリス・ヒルトンから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    パリスを保釈したとみられるリー・バカ保安官が再び問題となった。バカは相当なセレブリティ好きとして知られており、飲酒運転で逮捕されたメル・ギブソンに対し「あれは事故ではなかった」と証拠品(ビデオや録音テープ)を明かさなかったという過去がある。この他にもセレブリティを保釈したり減刑するかわりに見返りを受け取っていたことがあったため、今回も収賄疑惑が囁かれた。パリス・ヒルトン フレッシュアイペディアより)

  • ハート・オブ・ウーマン

    ハート・オブ・ウーマンから見たメル・ギブソンメル・ギブソン

    『ハート・オブ・ウーマン』(What women want)は、2000年のアメリカ映画。ナンシー・マイヤーズ監督、メル・ギブソン主演作品。ロマンチック・コメディ。スイングの曲が要所要所に使われている。ハート・オブ・ウーマン フレッシュアイペディアより)

133件中 61 - 70件表示

「メル・ギブソン」のニューストピックワード