93件中 41 - 50件表示
  • モスバーガー

    モスバーガーから見たチェーンストア

    モスバーガー (MOS BURGER)は、モスフードサービス(英文名称 MOS FOOD SERVICES,INC.)が展開する日本発祥のハンバーガーチェーン、および同店で販売されているハンバーガーの名称である。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た台湾

    2月 - 台湾1号店「新生南路店」(台湾)オープン。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見たテリヤキバーガー

    1973年5月 - 「テリヤキバーガー」発売。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見たシンガポール

    1993年5月 - シンガポール1号店「イセタンスコッツ店」(シンガポール)オープン。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た沖縄県

    1976年10月 - 50店舗目「コザ店」(沖縄県)オープン。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た東京都

    日興証券(現・SMBC日興証券)を脱サラした櫻田慧(1937年1月19日-1997年5月24日、60歳没。岩手県大船渡市出身。東京都立大森高等学校、日本大学経済学部卒)、渡辺和男、吉野祥が、1972年3月12日東京都板橋区成増で1号店をオープンさせる。この際、アメリカのハンバーガーショップ「トミーズ(Tommy's)」を経営の参考とした。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見たフランチャイズ

    当初計画では2008年度中に緑モス化を完了する予定であったが、原料価格高騰もあり不可能となった、さらに、ファーストフードの領域を逸脱したメニューの提供による店舗側の混乱や、一部店舗の禁煙化により客足が遠のいた店もあり、緑モスへの改装費用負担も相まって本社の方針に反発するフランチャイズオーナーもいた。業績が低下したこともあり、櫻田社長は「緑モスの路線は間違っていない」としながらも、今後は「ルールを見直しながら緑モスへの転換を進める」としている。この軌道修正を受け、赤モス・緑モスという呼称は公式には使用されなくなり、緑モス限定メニュー「モスのごはん」は「一部店舗限定」と公式サイトでは表記されるようになった。また、緑モスの代表格メニューであった匠味も、2008年に販売を終了した。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た中華人民共和国

    2月 - 中国本土1号店「思明南路店」オープン。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た小豆島

    1979年1月 - 100店舗目「小豆島店」(香川県、現存せず)オープン。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た差別化戦略

    創業以前から低価格が売りであるマクドナルドとの差別化を考えていたモスバーガーは、高価格、高品質という高級路線を今日まで歩んできた。高いコストをかけてでも商品の味の向上を徹底させるという経営戦略は、「日本人は味覚にうるさいので、食べ物はうまくなければいけない」という創業者たちの理念に基づいている。創業当時は資金不足のために他のファーストフード店より宣伝力が弱く、一等地への進出も難しかったため、顧客に口コミで評判を広めてもらうことでしか事業拡大が見込めなかったことも高級化を行った理由の一つである。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

93件中 41 - 50件表示

「モスフードサービス」のニューストピックワード