93件中 71 - 80件表示
  • モスバーガー

    モスバーガーから見た爽快情報バラエティー スッキリ!!

    4月30日 - 日本テレビ『スッキリ!!』との共同企画「テリーヤキバーガー」を期間限定で発売。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た成増駅

    3月12日 - 東武東上線成増駅前の名店街の地下にわずか2・8坪の実験店オープン。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た恵庭

    1998年10月 - 1,500店舗目「恵庭店」(北海道)オープン。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見たファストフード

    素材を厳選し、注文を受けてから作る「アフターオーダー方式」など、スローフードの要素を取り入れているのが特徴である。ファストフード店として分類はされているが、「ファストフード」(fast food)という語が表すように「すぐに食べる」ことは出来ず、ハンバーガーという商品をメインとして扱っていることからファストフードとされているだけだとも言え、ファストフードではなく「ハンバーガーレストラン」と分類される場合もある。その味の良さから人気があり、利用したいハンバーガー店ランキングでも上位にランキングされている。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見たビールジョッキ

    ThinkParkの大崎カフェ店舗では立地条件からサラリーマンやOL層をねらった独自メニューとして、ケーキやビールジョッキをメニューに置いている。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た有機栽培

    鳥インフルエンザの発生や外国産野菜の残留農薬の問題等が頻発して「安いだけではダメ、安心して食べられる安全で安いものがいい」という消費者の意識が高まった2004年、モスでは1996年ごろから減農薬や有機栽培の野菜を使い始めていたが、そのことをより広く知らせアピールするために従来赤色であった看板を「安心、安全、環境」を象徴するとして緑色へ転換し始め、従来の店舗を看板の色より赤モス、新型の店舗を緑モスとした。同時に「ただのファーストフード」からの脱却を目的に、ファーストフードらしい内装からレストランに近いイメージの木目調を基調としたゆったりした内装への改装も進め、高級ハンバーガー「匠味」を始めとする緑モス限定の高級感のあるメニューの提供を始める。しかしこれにより「安ければそれだけでいい」と考える一部の消費者に対して「モスは高い」とのイメージを与えることになった。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見たハワイ

    12月 - 米国1号店「カラカウア店」(ハワイ)オープン。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た電話

    電話で注文した利用客に対しては、受取り時に10円玉が入ったぽち袋を渡している。これは注文時の電話代であり、「利用客の電話代費用を負担する」という意味である。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た観塘

    10月 - 香港1号店「モスバーガー観塘ミレニアムシティ5(創紀之城5期)-apm店」オープンモスバーガー フレッシュアイペディアより)

  • モスバーガー

    モスバーガーから見た文化祭

    1973年には世界で初めてテリヤキバーガーを発表。このテリヤキバーガーを売るために、常連客の女子高校生からの提案で、彼女の高校の文化祭で50個のテリヤキバーガーを無料で配るなど認知度を上げる工夫を凝らした。モスバーガー フレッシュアイペディアより)

93件中 71 - 80件表示

「モスフードサービス」のニューストピックワード