300件中 91 - 100件表示
  • コモドール16

    コモドール16から見たモデムモデム

    実際的なユーザの観点からC16が欠いていた3つのデバイスは、モデムポートとVIC-20/C64互換のデータカセットとゲームポートであった。コモドールはC16シリーズ専用のカセットプレイヤー(コモドール1531)や、ジョイスティックを販売した。しかし、大量に存在し、より安価なVIC-20/C64向けのユニットを接続できるようにするサードパーティの変換器が、すぐに登場した。ジョイスティックポートを変更するは公式な理由は、RFの干渉を低減させることであった。C16のシリアルポート(コモドール固有の"シリアル IEEE-488 バス"、RS-232との関係は無い)はVIC-20やC64のものと同じであった。これにより、プリンタとディスクドライブは、少なくとも古い機種とは交換可能であった。コモドール16 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクBB

    ソフトバンクBBから見たモデムモデム

    11月1日 - 会社分割(新設分割)を実施し、モデムレンタル事業を行うBBモデムレンタル有限会社を設立(12月に有限会社ジェミニBBに売却して、代わりに業務委託契約締結)。ソフトバンクBB フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤルアップ接続

    ダイヤルアップ接続から見たモデムモデム

    接続機器は、一般の電話網に接続されたモデム、ISDN網に接続されたターミナルアダプタが使われ、携帯電話やPHSの場合は、その端末と、PCカード(CFカード、SDカード等も)やUSBなどで接続される。1980年代頃までは、音響カプラも使われた。ダイヤルアップ接続 フレッシュアイペディアより)

  • H.324

    H.324から見たモデムモデム

    H.324 とは、アナログ電話回線上での音声/ビデオ/データ通信のためのITU-T推奨規格。転送には一般的な 33,600 bit/s のモデムを使い、ビデオコーデックとして H.263、音声コーデックとして G.723 を使う。Vialta Beamer BM-80 Phone Video Station など、いくつかのテレビ電話で使われている。H.324 フレッシュアイペディアより)

  • T.37

    T.37から見たモデムモデム

    G3ファクシミリからの発信の場合、着信電話番号・発信元情報などを電子メール本文に、モデムによる画像信号をTIFFの添付ファイルに、変換し転送する。これをオンランプと呼ぶ。T.37 フレッシュアイペディアより)

  • ALOHAnet

    ALOHAnetから見たモデムモデム

    ALOHAnet以前、多くのコンピュータ間通信は似たような機能を共有していた。送信すべきデータはモデムなどの機器を使ってアナログ信号に変換され、電話線などの既知のコネクション上を送信される。コネクションはポイントツーポイントであり、一般に手動制御で設定されていた。ALOHAnet フレッシュアイペディアより)

  • ALOHAnet

    ALOHAnetから見た無線モデムモデム

    ALOHAnet はハワイ州全土で9600baudの無線モデムを使って運用された。2つの100kHzのチャンネル(周波数帯)を使い、一方は413.475MHzの「ブロードキャスト・チャンネル」、もう一方は407.350MHzの「ランダムアクセス・チャンネル」とされた。ネットワークはスター形で、中心のハブとなるコンピュータ(HP 2100)がランダムアクセス・チャンネルを受信して全メッセージを受け取り、受け取ったメッセージをブロードキャスト・チャンネルで全体に送信(ブロードキャスト)する。ブロードキャスト・チャンネルに送信するのはハブだけなので、こちらでは衝突は発生しない。その後、ハブのように機能するリピータが追加され、通信可能範囲が広がり、ネットワークとしての利便性も向上した。ALOHAnet フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad 240

    ThinkPad 240から見たモデムモデム

    本機の大きな特長の一つに、このクラスのノートパソコンとしてはかなり充実したインターフェイスが搭載されている事が挙げられる。 専用FDD用コネクタ、PCカードスロット(CardBus対応)、USBポートをはじめ、シリアルポート、パラレルポート、外部ディスプレイ、PS/2コネクタのレガシーインターフェイス、そしてヘッドフォン出力、マイク・ライン入力、更には赤外線通信と内蔵モデム、240ZはLANコネクタも備えている。ThinkPad 240 フレッシュアイペディアより)

  • シンボリックス

    シンボリックスから見たモデムモデム

    Genera には様々なネットワーク機能も含まれていた。イーサネットが一般化する以前、LISPマシン向けに Chaosnet というLANが生み出された。シンボリックスのシステムでは Chaosnet もサポートしていたが、同時に TCP/IP も実装されていた。他にも DECnet、IBMのSNAがサポートされている。また、モデムと電話回線を使った Dialnet もある。Genera には分散「名前空間」データベースがあり(DNSにも似ているが、もっと包括的でむしろ Xerox の Grapevine に似ている)、ネットワークサービスに接続する際に自動的に最善のプロトコルを選択するようになっていた。アプリケーションやコマンドでは、ホスト名とサービス名だけを指定する。例えば、ホスト名と「端末接続」であることを指定すると、TCP/IP 上でtelnetプロトコルを使って接続を行う(状況によっては他の選択肢もある)。同様にファイル操作(ファイルのコピーなど)を指定すれば、NFS、FTP、NFILE(シンボリックスのネットワーク・ファイル・アクセス・プロトコル)、その他のいずれかを自動的に選択する。シンボリックス フレッシュアイペディアより)

  • Lモード

    Lモードから見たモデムモデム

    Lモードに対応した電話機にはアナログモデムとモノクロもしくはカラー表示の大型液晶画面(約4-6インチ)が搭載され、メニューサイト「Lメニューリスト」にてコンテンツプロバイダによる着信メロディ・ニュースサイト・天気予報・地域情報・グルメ・レシピ・オンライントレード等の各サイトや、Compact HTMLで作成された勝手サイトのブラウジング、携帯電話のキャリアメールと同様のプッシュ配信型インターネットメールの利用ができる。画面レイアウトや操作性はiモードを踏襲していた。なお、通信はアナログモデム(殆どの機種が33.6kbps)による回線交換接続であり、接続時間に応じて通信料が発生する従量制課金となる。Lモード フレッシュアイペディアより)

300件中 91 - 100件表示