300件中 101 - 110件表示
  • NMT

    NMTから見たモデムモデム

    DMS (Data and Messaging Service) , NMT-Text と呼ばれる制御チャンネルを使用したショートメッセージサービスも可能で、ロシアとポーランドで使用されている。また、380b/sの外付けモデムを接続したデータ通信も可能である。NMT フレッシュアイペディアより)

  • 電話 (電波型式)

    電話 (電波型式)から見たモデムモデム

    電話用の送信機に、モデムで音響信号に変換したデジタルデータやファクシミリ信号などを入力した場合は、電波法上はそれぞれの電波型式とみなされる。電話 (電波型式) フレッシュアイペディアより)

  • ミニテル

    ミニテルから見たモデムモデム

    1979年末にサービスが開始された。通信方式は、V.23モデムで受信1,200 bps・送信75 bps, 描画はモザイクを組み合わせるCEPT方式であった。ミニテル フレッシュアイペディアより)

  • DDX-TP

    DDX-TPから見たモデムモデム

    当初はいわゆるホームトレードなどへの利用が想定されており、実際にファミリーコンピュータ(ファミコン)から株取引が行えるようにする「ファミコントレード」用にDDX-TP対応のモデムなども発売されていたが、通信速度が低速であったことに加え、通信自体も不安定でしばしば通信できなくなる状況が発生したことなどから、当時はほとんど普及に至らなかった。実際当時「ファミコントレード」の開発に関わった任天堂の関係者は「規格から大きく外れた信号が交換機から送られていたこともあった」と証言している。DDX-TP フレッシュアイペディアより)

  • ビデオテックス

    ビデオテックスから見たモデムモデム

    図形や文字を表示するためには端末装置が必要であるが、方式検討時は、CPU・メモリ・モデムなどがまだ高価であったため、専用端末を利用しサービスを利用する方針となった。ビデオテックス フレッシュアイペディアより)

  • IEEE 488

    IEEE 488から見たモデムモデム

    最初、HP-IBの設計者らはIEEE 488を汎用コンピュータの標準周辺機器インタフェースとして特別に計画したのではなかった。1977年までには、教育・家庭・個人用コンピュータであるCommodore PET/CBMが、IEEE 488バスを使ってディスクドライブやプリンタ、モデムなどを接続した。CommodoreのPET/CBM後継の8bitマシンは、VIC-20からC128まで周辺機器用に独自の「シリアルのIEEE 488」を利用していた。これは大きくて重いHP-IBのプラグや(PETコンピュータ用の)マザーボードに指すカード型コネクタの代わりに、丸いDINコネクタを用いていた。IEEE 488 フレッシュアイペディアより)

  • ドングル

    ドングルから見たモデムモデム

    その他、PCカードのイーサネットアダプタやモデムに付属している、カードとケーブルを結ぶ短い中継ケーブルであるメディアカプラ(俗にいう「しっぽ」)のこともドングルと呼ぶことがある。ドングル フレッシュアイペディアより)

  • Gnutella

    Gnutellaから見たモデムモデム

    ユーザの裾野が広がるにつれ、システムの重大な問題が取り沙汰されはじめた。ネットワークはPINGリクエストで溢れかえり、同時に非常に多くの検索クエリーで高負荷になった。より高速なハブとしての役割を果たすコンピュータに接続した低速のモデムといった形でネットワークのトポロジーは非効率的だった。第一世代のソフトウェアの深刻なバグによってパケットがネットワーク上を不明確にさまよっていた。ネットワークは“本来は少数のユーザのために設計されたもので”100人単位から10,000 単位のユーザに膨張しトラブルに見まわれた。「ただ乗り」や「何も提供していないのにファイルを取り出すだけの人々」によってもユーザが探し物をするのを難しくした。Gnutella フレッシュアイペディアより)

  • 16550 UART

    16550 UARTから見たモデムモデム

    外部のモデムを制御するためのハンドシェイク用信号線、ソフトウェアで制御可能。16550 UART フレッシュアイペディアより)

  • 専用線

    専用線から見たモデムモデム

    1960年代からアナログ専用線とモデムによるデータ通信が行われるようになった。専用線 フレッシュアイペディアより)

300件中 101 - 110件表示