300件中 121 - 130件表示
  • NHKデータオンライン

    NHKデータオンラインから見たモデムモデム

    NHKにおけるデータ放送の提供は2000年12月に衛星放送(BS)の3つのチャンネル(当時BS1・BS2・BShi)でデジタル放送が開始されたのをきっかけにスタートし、双方向番組はモデム(当時は電話を使ったダイヤルアップ回線の接続が主)を使って開始された。その後、2003年にインターネットに接続することができるデジタルテレビが搭載され、普及しだしたのをきっかけに2004年4月から本サービスが開始された。NHKデータオンライン フレッシュアイペディアより)

  • D02HW

    D02HWから見たモデムモデム

    D02HW(でー ぜろに えいちだぶりゅー)は、2007年12月12日に提供開始されたイー・モバイルの下り7.2Mbps無線通信サービス向けに供給されるUSB接続型データ通信端末である。開発元は華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)。D02HW フレッシュアイペディアより)

  • 復調

    復調から見たモデムモデム

    英単語であるため、ブロック図(系統図)等で「DEM」または「DEMO」等と略記される場合がある。「モデム」(modem)の「デム」(-dem)の由来である。復調 フレッシュアイペディアより)

  • 提督の決断III

    提督の決断IIIから見たモデムモデム

    1人または、2人でプレイする(プレイステーション版では1人プレイのみ)。2人プレイは、RS-232Cケーブルまたは、モデムを用いた通信対戦で行う。提督の決断III フレッシュアイペディアより)

  • コクーン (チャンネルサーバー)

    コクーン (チャンネルサーバー)から見たモデムモデム

    コクーンはインターネットと接続するモデムを内蔵し、ユーザー専用のホームページである「カモン!マイキャスター」に接続できるなど、ネットワーク機能も搭載した。コクーン (チャンネルサーバー) フレッシュアイペディアより)

  • 3DNow!

    3DNow!から見たモデムモデム

    「3DNow!+」は、サウンド・モデム制御用DSP命令5個である。3DNow! フレッシュアイペディアより)

  • D31HW

    D31HWから見たモデムモデム

    D31HW(でー さんいち えいちだぶりゅー)は、イー・モバイル社による初めての下り21.6Mbps無線通信サービス向けへ供給されるUSB接続型データ通信端末である。開発元は華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)で、輸入元が華為技術日本。D31HW フレッシュアイペディアより)

  • ボー

    ボーから見たモデムモデム

    たとえば、四位相偏移変調 (QPSK) によって1回の変調で2ビットが処理されている通信速度1200bpsのモデムは、600ボーである。また、9600bpsのモデムでは多くの場合変調方式は16QAMであり1回の変調で4ビットを送り出し変調レート2400ボーで済み、64QAM変調方式では1回の変調当たり6ビットであり、2400ボーでは6倍の14,400bpsの通信速度を得られる。ボー フレッシュアイペディアより)

  • 多重化

    多重化から見たモデムモデム

    例えば、空港に4つの端末があり、中央コンピュータに接続しているとする。各端末の通信速度が 2400 bit/s のとき、そのような低速な回線を4本用意するのではなく、マルチプレクサを用意し 9600 9600 bit/s の回線1本でコンピュータと空港を繋ぐ。するとモデムも1対で済むことになる。多重化 フレッシュアイペディアより)

  • アスキーネット

    アスキーネットから見たモデムモデム

    各地にアクセスポイントが設けられていた。Tri-P,TYMPASのアクセスポイントが使用できた。また東京直通アクセスポイントが存在した。高速規格モデムが登場する毎に素早い対応が行われた。アスキーネット フレッシュアイペディアより)

300件中 121 - 130件表示