300件中 21 - 30件表示
  • 物理層

    物理層から見たモデムモデム

    具体的にはモデムやDSUの制御を行い、WANやLANなど通信回線を介しビット単位で信号を伝送している。TCP/IPにおけるネットワークインターフェース層の下層に相当する。物理層 フレッシュアイペディアより)

  • 符号理論

    符号理論から見たモデムモデム

    別の用途にはもっと適した符号が別に存在する。宇宙空間での通信は受信機の熱雑音の影響が大きく、これはCDの傷などとは異なり、連続的なノイズである。電話回線を使ったモデムではノイズがあるために転送速度が制限されるが、それと同様である。携帯電話は減衰が問題となる。高周波では受信機がほんの数センチ動いただけでも減衰により信号が捕らえられなくなる。このような減衰に対処する通信路符号化の技法も存在する。符号理論 フレッシュアイペディアより)

  • ループバック

    ループバックから見たモデムモデム

    信号の往復ともにアナログ・デジタル変換処理を含むシステム(モデムなど)の場合は、アナログ信号を直接送信元に戻すアナログループバックと、デジタル信号に変換後に再度アナログ信号に変換してから送信元に戻すデジタルループバックとがある。ループバック フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たモデムモデム

    iMacが発表された際には、白と半透明のグリーンを使った「色」、箱形を脱して曲線を多用した「形」、また当時コンピュータを買う目的の一つであったインターネットへ接続するまでの購入時・後のユーザーの煩雑さ(周辺機器の購入や接続)低減に効果のあったディスプレイやキーボード、マウス、モデムといった周辺機器の内蔵もしくは付属によって、製品を箱から出して付属のコード数本を繋ぎ、電源を入れた後に通信契約を行えばインターネットへ簡単に繋げることができる「シンプルさ」が着目され、メディアでは「斬新なデザイン」と評された。iMac フレッシュアイペディアより)

  • ビットレート

    ビットレートから見たモデムモデム

    グロスビットレートは、ボー(baud)やシンボル毎秒(sps)で表される(変調レート、ボーレート)に関連する。しかし、グロスビットレートとボーの値は、シンボル当たり2つのレベル(0と1で表われさる)しかない場合にのみ等しくなる。これは、データ伝送システムの各シンボルが正確に1ビットのデータを運ぶことを意味する。モデムやLAN機器で使用される現代の変調システムではそうなっていない。ビットレート フレッシュアイペディアより)

  • 通信プロトコル

    通信プロトコルから見たモデムモデム

    RS-232C、EIA-574、シリアル・インタフェースで、当初はモデムやコンピュータ端末の接続のために開発された通信プロトコル フレッシュアイペディアより)

  • ADSL

    ADSLから見たモデムモデム

    既設のツイストペアケーブル通信線路でアナログ固定電話による通話と同時に信号を伝送するため、音声周波数帯域(0.3 - 3.4kHz)を避けたより高く広い周波数帯域を使用し、複数の搬送波を利用したOFDMなどのデジタル変調を使用しADSLモデムで誤り検出訂正や回線にあわせた通信速度調整を行っている。そのため、従来の電話回線用モデムや低速仕様のISDNなどと比べて高速なデータ通信が可能である。ADSL フレッシュアイペディアより)

  • ニフティサーブ

    ニフティサーブから見たモデムモデム

    ニフティサーブが開始された当時は、パソコン本体にあらかじめモデムが組込まれていなかったため、ニフティサーブやPC-VAN等に代表される商用パソコン通信をはじめとし、草の根BBS等の各種パソコン通信に接続するには電話の受話器に装着する音響カプラやコンピュータのシリアルポートに接続するモデムを別途入手する必要があり、初期の通信速度は300bps程度であった。詳細はパソコン通信の項を参照。ニフティサーブ フレッシュアイペディアより)

  • 電力線搬送通信

    電力線搬送通信から見たモデムモデム

    電力線搬送通信機器は、「有線LAN-電力線-有線LAN」という経路の中継器(ブリッジ)として機能するモデムである。電力線通信は、機器を既存のコンセントに挿すだけで簡単にネットワークを構成できる。電力線搬送通信 フレッシュアイペディアより)

  • ピピンアットマーク

    ピピンアットマークから見たモデムモデム

    1996年3月から、日本およびアメリカ合衆国にて販売された。当初は電話注文か、加盟店での販売のみであったが、1996年6月15日からはモデムを別売りにした廉価版が、各種周辺機器と同時に一般店舗で販売された。北米では「pippin@WORLD」(ピピンアットワールド)という名称で販売されており、本体とコントローラーの色がダークグレーとなっているほか、パッケージも非常に簡素なものとなっている。ピピンアットマーク フレッシュアイペディアより)

300件中 21 - 30件表示