300件中 71 - 80件表示
  • WebTV

    WebTVから見たモデムモデム

    内蔵のモデムの仕様は当初33.6kbps、アップデートで56Flex(56kbps)に対応した。接続方法はWebTVサービスが提供する専用のものが用意され(アクセスポイントは既存のISPのものを利用)、1998年12月からはユーザーが任意で加入したISP(一部)も選択できるようになった。WebTV フレッシュアイペディアより)

  • KOHJINSHA SA

    KOHJINSHA SAから見たモデムモデム

    PCカードスロット、各種レガシーデバイス、IrDA、FAXモデムは搭載されていない。KOHJINSHA SA フレッシュアイペディアより)

  • 8秒ルール

    8秒ルールから見たモデムモデム

    1999年6月に米国のゾナ・リサーチ社が発表した調査報告『The Need for Speed』によると、14.4kbpsのモデムで接続している利用者が電子商取引サイトの表示に待ちきれなくなるまでの時間が8秒であり、それを超えると大部分の利用者が商品の購入そのものをあきらめてしまうということであった。8秒ルール フレッシュアイペディアより)

  • アーマード・コア3 サイレントライン

    アーマード・コア3 サイレントラインから見たモデムモデム

    PS2版はi.LINKケーブル使用で最大4人まで、モデム通信で最大2人までの対戦が可能。アーマード・コア3 サイレントライン フレッシュアイペディアより)

  • Intel 810

    Intel 810から見たモデムモデム

    GMCHに接続されるIntel 82801AAはICHと呼称され、従来のサウスブリッジ同様にATA・USBや各種レガシコントローラを搭載する他、AC'97対応のサウンドコントローラやネットワークの論理層も統合している。この為、コーデックチップ又は物理層チップを追加するだけで、安価にサウンド/ソフトウェアモデム機能・ネットワーク機能をオンボードで実現できるようになった。これに伴いセットメーカーがオプションのバリエーションを採用しやすくするためのAMRスロットがサポートされている。Intel 810 フレッシュアイペディアより)

  • Intel 815

    Intel 815から見たモデムモデム

    Intel 815に接続されるICHとしては、ICH2(Intel 82801AB)またはICH(Intel 82801AA)が準備された。このうち、ICH2を採用したモデルが上位であり、ICH2を採用したモデルには型番にEが付与されている(Intel 815E, Intel 815EP, Intel 815EG)。 いずれも従来のサウスブリッジ同様にATA・USBや各種レガシコントローラを搭載する他、AC'97対応のサウンドコントローラやネットワークの論理層も統合している。この為、コーデックチップ又は物理層チップを追加するだけで、安価にサウンド/ソフトウェアモデム機能・ネットワーク機能をオンボードで実現できるようになった。これに伴いセットメーカーがオプションのバリエーションを採用しやすくするため、ICH2ではCNRスロットがサポートされている(ICHではAMRスロットがサポートされている)。Intel 815 フレッシュアイペディアより)

  • Intel 820

    Intel 820から見たモデムモデム

    MCHに接続されるIntel 82801AAはICHと呼称され、従来のサウスブリッジ同様にATA・USBや各種レガシコントローラを搭載する他、AC'97対応のサウンドコントローラやネットワークの論理層も統合している。この為、コーデックチップ又は物理層チップを追加するだけで、安価にサウンド/ソフトウェアモデム機能・ネットワーク機能をオンボードで実現できるようになった。これに伴いOEMメーカーがオプションのバリエーションを採用しやすくするためのAMRスロットがサポートされている。Intel 820 フレッシュアイペディアより)

  • RSTS/E

    RSTS/Eから見たモデムモデム

    RSTSではオペレータとのやりとりにシリアル通信接続を使用する。この接続は、ローカルな端末なら20mAも使えるし、RS-232インタフェース(ローカルなシリアルポート接続かリモートのモデム接続)も使える。また、DECnetまたはLAT (Local Area Transport) を使ったイーサネット接続も可能である。最大128の端末を接続可能で、同時に最大63のジョブが動作可能である(CPU性能、メモリ容量、負荷状況によってはその前に限界となる場合もある)。バッチモードでジョブを実行させることもできる。仮想端末上で一連のコマンド列を実行する "ATPK" というバッチプログラムがあり、MS-DOSのバッチファイルに近い。RSTS/E フレッシュアイペディアより)

  • 同期方式

    同期方式から見たモデムモデム

    「調歩同期」という名前だが、非同期方式である。「同期」の語を使わず「調歩式」とか「調歩式非同期」などと呼ばれることもある。無情報の時はストップビットを連続で送出しておく。情報送信の前には、スタートビットを1ビット送出し、その後に情報(通常、7ビットか8ビットすなわち1文字分。パリティビットを含むこともある)を送出する。情報送出後、ストップビット(1,1.5,2ビット等の種類あり)を送出する。文字を送り続ける場合は、スタートビット+1文字分の情報+ストップビットを繰り返す。送る文字が無くなれば、ストップビットを連続で送出しておく。同じ1ビットの周期で送信側と受信側とが「調歩」するため、受信側にも基準クロックが要る。非同期と言われるが、スタートビットとストップビットで1文字ずつ同期を取っているわけである。1文字分の情報につき、常にスタートビット・ストップビットが付くので送信速度が遅くなるが安価である。機械式のテレタイプ端末の場合、スタートビット1・ストップビット1.5が用いられた。現在のモデムなどの端末インターフェースではスタートビット1・ストップビット1が用いられる。同期方式 フレッシュアイペディアより)

  • アミックスコム

    アミックスコムから見たモデムモデム

    NTT西日本のBフレッツ・フレッツ光プレミアム・フレッツADSL・フレッツISDN、ウィルコムのAIR-EDGE、アナログ56kbps(V.92)モデムを用いたインターネット接続サービス。アミックスコム フレッシュアイペディアより)

300件中 71 - 80件表示