265件中 81 - 90件表示
  • LSIコーポレーション

    LSIコーポレーションから見たモデムモデム

    Agere との合併で、VoIPチップセット、モデムチップセット、ハードディスクドライブ、USB、その他ネットワーク機器が追加された。LSIコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • FirstClass

    FirstClassから見たモデムモデム

    FirastClassは、スカボロー教育委員会(現トロント教育委員会の一部)で働く家族や友人の要望に応えて開発された。 トロント・アイデア・グループは、LAN接続もモデム接続も可能で、GUIを採用し、個人的な電子メールや公のディスカッションエリア(会議室)を利用できる、安価なMacintoshベースの電子メールシステムを探すように頼まれる。 掲示板はモデム接続と会議室の条件は満たしていたが、一般的にLAN接続には対応していなかった上に、キャラクターベースであった。 MacのGUIベースで、LAN対応の電子メールシステムはたくさんあったが、他のMacの電子メールシステムはモデム対応に乏しく会議室機能を持つものが少なかった。FirstClass フレッシュアイペディアより)

  • Palm Top PC 110

    Palm Top PC 110から見たモデムモデム

    また、しばらく後になるが、日本IBMからPC DOS上で動作するインターネットブラウザ+電子メールクライアントであるWebBoyが発売され、この機種のユーザーに重宝された。もっとも、インターネットに使うには内蔵モデムはDATA 2400bpsと当時としても低速で、外付けや特にPCカード型のモデムを利用する人が多かったようだ。Palm Top PC 110 フレッシュアイペディアより)

  • 情報化時代

    情報化時代から見たモデムモデム

    すぐ後に、我々は我々が現在の情報技術として知っていることの誕生を目の当たりにした。我々自宅のパーソナルコンピュータにリモートサーバの情報を入手(アクセス)するために、モデムとして知られている通信装置が使われたのである。それらの最初の具体化は、電子掲示板 (BBS) のサーバの立ち上げであった。更に、個人個人の環境や教育施設を整えた。情報とチャットやメッセージによる会話の両方の保管を可能にしておくための立ち上げの為である。情報化時代 フレッシュアイペディアより)

  • 8250 UART

    8250 UARTから見たモデムモデム

    8250 UART (Universal Asynchronous Receiver/Transmitter) は、シリアル通信インタフェースを実装するために設計された集積回路である。8250は、当初ナショナル セミコンダクターによって製造された。8250は、パソコン及びプリンタやモデム等の関連機器で広く使用された。8250はプログラム可能なボーレートジェネレータを内蔵し、水晶発振器の任意の周波数から、一般的なボーレートも、特殊用途のボーレートにも対応することが出来た。8250 UART フレッシュアイペディアより)

  • High-Level Data Link Control

    High-Level Data Link Controlから見たモデムモデム

    これを利用しモデムは位相同期回路を経由して時計をシンクロさせる。手順の実装によってはフレームデリミタの先頭ビットと最終ビットの兼用を認める('011111101111110')ものもある。High-Level Data Link Control フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad 240

    ThinkPad 240から見たモデムモデム

    本機の大きな特長の一つに、このクラスのノートパソコンとしてはかなり充実したインターフェイスが搭載されている事が挙げられる。 専用FDD用コネクタ、PCカードスロット(CardBus対応)、USBポートをはじめ、シリアル、パラレル、外部ディスプレイ、PS/2のレガシーインターフェイス、そしてヘッドフォン出力、マイク・ライン入力、更には赤外線通信と内蔵モデム、240ZはLANコネクタも備えている。ThinkPad 240 フレッシュアイペディアより)

  • 専用線

    専用線から見たモデムモデム

    1960年代からアナログ専用線とモデムによるデータ通信が行われるようになった。専用線 フレッシュアイペディアより)

  • INSネット

    INSネットから見たモデムモデム

    INSネット(アイエヌエス ネット)は、日本のNTT(NTT東日本およびNTT西日本)のデジタルネットワーク網サービスの登録商標である。国際的にはISDNと呼ばれる技術規格を採用しており、ターミナルアダプタをネットワーク終端に用いる。2本のBチャネル (=64kbps×2) と、1本のDチャネル (16kbps) を電話用の2本の銅線で重層伝送する「INSネット64」(2B1D、ISDNにおけるBasic Rate Interface)と、23本のBチャネル (=64kbps×23) と、1本のDチャネル (64kbps) を1本の光ファイバーで伝送する「INSネット1500」(23B1D) の2つのメニューがある。日本の家庭用や小規模事業所でのPCの広域ネットワーク用途としては、一般の音声用電話回線を用いたモデムが普及したのち、下りで最大56kbpsのアナログ方式のモデムの制限を越えるINSネット64の登場で、1組の電線で同時に64kbpsの2回線が安定的に使え、ダイヤルアップ接続での待ち時間がほとんどないなど、ある程度普及したが、その後に登場したADSLが利便性で上回ったため広く普及し、INSネットの利用者は減少しているINSネット フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・ピーターソン

    ジェフリー・ピーターソンから見たモデムモデム

    端末とモデムを通してUCSBメインフレームに何時間も継続して接続したピーターソンは、幼児期の最っとも重要な時間の多くをこの場所で過ごした。ジェフリー・ピーターソン フレッシュアイペディアより)

265件中 81 - 90件表示

「モデム」のニューストピックワード

  • Warren, New Jersey, Dec 17, 2010

  • Rooster‐A800

  • Akiyo Kinoshita