105件中 71 - 80件表示
  • モデム

    モデムから見たデータ圧縮

    機器の製品形態としては、通信用シリアルポート(RS-232C,USB)を備えた単体の箱型・ドングル型、コンピュータ内部のマザーボード上や拡張カード・PCカードスロットに装着(内蔵)されたものに大別される。通信回線の種類に応じた網制御装置 (NCU) を持つものが多く、誤り検出と再送信・データ圧縮などの機能を持つものもある。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見たK56flex

    K56flexやX2も似たような規格であるが互換性はない(K56flexは速度が2,000bps刻みである等)。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見たダイヤルアップ接続

    1985年のデータ通信端末機器自由化により、音響カプラによる300bpsから1200bpsのデータ通信の置き換え、パソコン通信・インターネットのアクセスポイントへのダイヤルアップ接続、FAX通信をする手段として、パーソナルコンピュータに内蔵・外付けされたりして電話回線用モデムが普及した。1995年からISDN回線が登場し、ターミナルアダプタのデータ通信は64kbps/128kbpsとなったが、アナログ加入回線自身は主流でありモデムは共存した。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見たCPU

    ソフトモデムは、モデム側のハードウェアを簡略化し、コンピュータ側のCPUで処理の多くを行うものである。部品点数が少なく・回路が占有する基板面積が狭く・コストが安いため、非動作時には電源を切っても構わない、内部拡張スロット・USB接続・PCカード・コンピュータ内蔵のモデムのほとんどは、このソフトモデムである。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見たナローバンド

    2000年代より電波帯域の有効活用のため、2G携帯電話やPHSのように、音声をアナログ-デジタル変換してナローバンド無線モデムでデジタル伝送することが一般的になっている。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見た第3世代移動通信システム

    2010年代より、第3世代移動通信システム (3G) ・Wi-Fi・Wimaxなどの広帯域無線アクセスによるものが普及している。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見たHigh-Level Data Link Control

    一般的に使われるタイプ。モデムには、同期の機能が無いものである。調歩同期式でビット単位同期、High-Level Data Link Control (HDLC) などのフラグ同期またはキャラクタ同期でブロック単位同期を、データ信号自体で取りながら通信する。同期モデムに比べて、速度と確実性に劣るが、安価である。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見た多元接続

    通信衛星を利用した、デジタル通信に用いられるもの。多元接続の機能を持つものが多い。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見たExpressCard

    コンピュータやルーターなどとは、古い機種ではRS-232C・RS-422などのシリアルポート、比較的新しい機種ではUSBやExpressCardなどのインタフェースで接続するのが多い。また、パソコン本体に内蔵されたものや、PCIなどの拡張スロットに装着するもの、PCカードタイプのものもある。モデム フレッシュアイペディアより)

  • モデム

    モデムから見たRS-232C

    MMとは手動発信・手動着信の略である。通信回線インターフェースと変復調部を一体にまとめたモデム。通信用インターフェース(RS-232Cが多い)と通信回線インターフェース(一般の電話回線が多い)を持ち、1980年代のパソコン通信の登場初期から使われている。音響カプラと異なり回線に直接接続されているので安定性が高い。モデム フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示