モハメド・アリ ニュース&Wiki etc.

モハメド・アリ(Muhammad Ali、1942年1月17日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。アフリカ系アメリカ人であり、他にイングランドとアイルランドの血を引いていた。ケンタッキー州ルイビル出身。本名は同じで、旧名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア (Cassius Marcellus Clay Jr… (出典:Wikipedia)

「モハメド・アリ」Q&A

  • Q&A

    全盛期のモハメドアリとビタリクリチコが試合したら単に実力だけならどちらが有利だと思い…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年12月2日 22:51

  • Q&A

    モハメド・アリの墓場どこですか???

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月29日 21:25

  • Q&A

    なんでモハメド アリはいてモハメド ダニはいないの?

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2016年11月20日 23:20

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「モハメド・アリ」のつながり調べ

  • ハシーム・ラクマン

    ハシーム・ラクマンから見たモハメド・アリ

    最初の対戦は2001年4月22日に南アフリカで行われたが、イスラム教徒のアフリカ系アメリカ人がアフリカ大陸でタイトルマッチを行うということでモハメド・アリ対ジョージ・フォアマン戦になぞらえて語られることが多かった。戦前予想は当時絶対王者的存在になりつつあったレノックス・ルイス有利であった。しかし、5ラウンド目にロープ際に詰まったルイスがラクマンの右フックを浴び失神してダウンした。この試合は衝撃の「大番狂わせ」と評価する声がある一方で、試合前のルイスの言動から、「彼は自信過剰になっており準備不足のため当然の結果だ」と評価する声もあった。なお、この初戦の契約にはリターンマッチ条項が盛り込まれており、ルイスは即座にリターンマッチを申し込む。2戦目は11月17日にラスベガスで行われた。この試合ではルイスの準備は万全のようであり、全く隙がなく、得意の左ジャブを初回から多用し、ラクマンを懐に入れずに終始ペースを握った。そして4ラウンド目に必殺の右ストレートを打ち込むと今度はラクマンがリング中央で失神KOされた。(ハシーム・ラクマン フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・バスター

    プリンス・バスターから見たモハメド・アリ

    スカとロックステディの歴史の中で最も重要な一人とされる。1950年代には、ボクサーとして活躍した腕っぷしで、コクソン・ドッドのサウンド・システム、ダウンビートで用心棒として働く。1958年にソロ・デビュー。彼が1960年代に「ブルービート」レーベルで録音した『アル・カポン』などのスカ・ナンバーは、特に後のイギリスの2トーンムーブメントに大きな影響を与えた。1964年、モハメド・アリとの出会いを経てネーション・オブ・イスラムに参加。自身のレーベルとして「プリンス・バスター」、「ワイルド・ベルズ」などを経営。歌手としては2008年現在でも現役で活躍中である。(プリンス・バスター フレッシュアイペディアより)

「モハメド・アリ」のニューストピックワード

  • 最高品質の体験をお届けするには、さらに完成度を高めるために今しばらくの期間が必要との結論に至った

  • 超銀河船団∞ −INFINITY−

  • フランソワ・フィヨン元首相