モハメド・アリ ニュース&Wiki etc.

モハメド・アリ( 、1942年1月17日 - 2016年6月3日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。ケンタッキー州ルイビル出身。アフリカ系アメリカ人だが、イングランドとアイルランドの血も引く。元WBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオン。 (出典:Wikipedia)

「モハメド・アリ」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「モハメド・アリ」のつながり調べ

  • キャシー・デービス

    キャシー・デービスから見たモハメド・アリ

    1978年、女子ボクシング連盟 (Woman's Boxing Federation) に世界ライト級王者として認定された。同年3月には全勝の戦績を誇示し、自分はモハメド・アリやレオン・スピンクスよりも強いと豪語していたが、6月7日にジョージア州アトランタでキャリアの浅いアーネスティン・ジョーンズとノンタイトルマッチで対戦すると、試合中に足首を骨折、3回に3度のダウンを奪われて壮絶なKO負けを喫し、脆さを露呈した。しかし、この試合は女子ボクシング連盟の判断により、ジョーンズがヘッドロックなどのレスリング行為でダウンをとったとして無効試合となった。ジョーンズのマネージャーのランディ・ティドウェルは、3度のダウンはいずれも顎へのクリーンヒットによるものであったとしているが、デービスと婚約中であったアルジエリは、ティドウェルらがデービスの飲み物にストリキニーネを混入したのだと言い、後には何らかの幻覚剤、たぶんエンジェルダストだろうと決めつけ、ティドウェルとジョーンズは6か月の資格停止処分となった。ティドウェルとジョーンズが受け取った535ドルの小切手は不渡りとなり、ジョーンズのファイトマネーは女子ボクシング連盟に没収されたが、電話回線によると同連盟の本部はニュージャージー州ローダイにあるアルジエリの自宅に置かれていた。(キャシー・デービス フレッシュアイペディアより)

  • ドン・キング

    ドン・キングから見たモハメド・アリ

    マイク・タイソンやモハメド・アリ、イベンダー・ホリフィールド、ラリー・ホームズ等、ヘビー級トップボクサーのビックマッチを手がけたり、実現しても王座が剥奪される事がある統一戦において、ヘビー級統一トーナメントやミドル級変速統一トーナメントや史上初めて全ての試合が世界タイトルマッチになった8大タイトルマッチを実現させるなどボクシング興行における立役者であり、やり手のプロモーターだった。その一方でマフィアと繋がりがあるとの噂や、契約違反やファイトマネーを搾取しているとして提訴されるなど、契約選手及び、そのマネージャーとの金銭トラブルが絶えることがなかったため関係者からの評判は悪い。(ドン・キング フレッシュアイペディアより)

「モハメド・アリ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「モハメド・アリ」のニューストピックワード