前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示
  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    中でもプロボクシング統一世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリとの一戦は世界各国に中継され話題を呼んだ。日本では、昼間の生中継と同日のゴールデンタイム19時からのNETテレビでの録画中継という形で2度放送された。1979年(昭和54年)1月にはアフリカの元ボクシングヘビー級チャンピオンでウガンダの元大統領であるイディ・アミンとの異種格闘技戦の計画が浮上した。アミンは猪木戦を承諾したが、その後アミンがクーデターを受けサウジアラビアに亡命したため、結局対戦は実現しなかった。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    身長180cm(諸説あるが、慈恵医大で測定したところ180cmだった)、リーチ180cm、周囲50cm超の首を誇る。ヘビー級としては小柄ながら巨漢ボクサーをガードごと薙ぎ倒す桁外れのパンチ力と、ヘビー級史上最速の評価をモハメド・アリと分かつスピード、急所を正確にコンビネーションで打ち抜く高度なオフェンス技術、そして相手のパンチをガードのみに頼らず、そのほとんどを空に切らせる鉄壁のディフェンス技術を武器に次々に大男たちをマットに沈め、モハメド・アリ引退後のヘビー級の停滞期を打ち破りパウンド・フォー・パウンドの頂点に君臨した。現役時代のみならず、長いボクシングの歴史の中においても、最盛期のタイソンはモハメド・アリと並んで最強ボクサーの有力な候補である。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・フレージャー

    ジョー・フレージャーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ジョー・フレージャー("Smokin'" Joe Frazier、1944年1月12日 - 2011年11月7日)は、アメリカ合衆国のプロボクサー。「スモーキン・ジョー」と称される機関車のような突進力とスタミナを備え、リズミカルに上体を揺すり、相手の攻撃を避けながらクラウチングスタイルからの左フックを得意とした。モハメド・アリをプロキャリアで初めて敗北させたボクサーでもあった。息子のマーヴィス、娘のジャッキー、甥のロドニーもプロボクサー。ジョー・フレージャー フレッシュアイペディアより)

  • ケン・ノートン

    ケン・ノートンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ケン・ノートン(Ken Norton、男性、1943年8月9日 - )は、アメリカ合衆国のプロボクサー。イリノイ州ジャクソンビル出身。プロボクシング史上最初にして唯一世界戦で一度も勝利したことが無い世界王者である。その強打でモハメド・アリの顎を割ったことがある。ヘビー級には珍しくボディ攻撃のできる実力派だったが、アリ、フォアマン、ホームズといった怪物たちに囲まれ、生まれた時代が悪すぎたと言えよう。ハンサムな風貌から映画にも出演している(「マンディンゴ」「ドラム」)。また、「ロッキー」でアポロクリード役を演じる予定だったが、都合によりカールウェザースに変更となった。ケン・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • 日本のボクシング史

    日本のボクシング史から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1970年代に入ると当たり前のように年間10試合以上の世界戦が行われるようになるが、1972年初めから小林、西城、沼田が相次いで引退するとボクシング人気に陰りが見え始める。協栄ボクシングジムの会長・金平正紀は西城をキックボクシングに転向させ、類似競技との兼業を禁じた業界の内部規定違反として全日本ボクシング協会を除名された。金平は4月にモハメド・アリの試合に不明瞭な形で関与したと疑われると、6月には有志とともに別の協会を設立し、業界は分裂した。1973年3月には柴田がハワイで世界王者を下し、原田に次ぐ2人目の2階級制覇を達成。1973年9月にはジョージ・フォアマンとジョー・キング・ローマンによる日本初の世界ヘビー級タイトルマッチが行われた。日本のボクシング史 フレッシュアイペディアより)

  • うまなりクン

    うまなりクンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメッド・アリ(うまなりクン世界進出計画のアラビア語教師として出演。ただし、ボクサーのモハメッド・アリではない)うまなりクン フレッシュアイペディアより)

  • トム・コクラン

    トム・コクランから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    2002年11月:コクラン、"Just Like Ali" にて、 モハメド・アリの伝説集に合わせて、Toronto Argonautsとして、トロントのSkydomeで行われたCFLの試合のハーフタイムで歌った。トム・コクラン フレッシュアイペディアより)

  • リベンジ

    リベンジから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1970年代のアメリカのプロボクシング界は、モハメド・アリ、ジョー・フレージャー、ジョージ・フォアマン、レオン・スピンクスらが名勝負を繰り広げ、ヘビー級の世界戦が隆盛を極めた。特にモハメド・アリ陣営は劇的な展開になるようなプロモーションを積極的に行い、興行的価値においてリベンジ・マッチが絶大な効力を発揮するという認識がプロボクシング界で形成された。リベンジ フレッシュアイペディアより)

  • Think different

    Think differentから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    60秒版は、白黒のフィルム映像で構成され、20世紀に活躍した17人の象徴的人物を取り上げている。登場順に列挙すると、アルベルト・アインシュタイン、ボブ・ディラン、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、リチャード・ブランソン、ジョン・レノン(オノ・ヨーコと共に)、バックミンスター・フラー、トーマス・エジソン、モハメド・アリ、テッド・ターナー、マリア・カラス、マハトマ・ガンディー、アメリア・イアハート、アルフレッド・ヒッチコック、マーサ・グレアム、ジム・ヘンソン(カエルのカーミットと共に)、フランク・ロイド・ライト、パブロ・ピカソとなる。コマーシャルは最後に、小さな少女が、あたかも何かを願うかのように閉じていた眼を開く映像で終わる。この最後のカットは、ターセム・シンが監督したディープ・フォレストの曲「」のミュージック・ビデオ(数バージョンあるビデオのうち、Round the World Mixと称されるもの)から流用されており、少女はシンの姪であるシャーン・サホタ(Shaan Sahota)である。Think different フレッシュアイペディアより)

  • ホアン・グズマン

    ホアン・グズマンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ただし近年のファイトスタイルは、タイソンよりも、むしろモハメド・アリのようなスタイルに変貌している。これは階級を上げ、自分のパワーが相対的に下がってきたことによる。現在のスタイルはタイソンとはかけはなれており、同様にヘビー級で例えるなら、モハメド・アリとレノックス・ルイスを足して2で割ったような感じのスタイルで、ポイント狙いの試合運びの妙と鉄壁のディフェンステクニックで相手を翻弄するファイトを得意としている。ホアン・グズマン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード