前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示
  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    中でもプロボクシング統一世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリとの一戦は世界各国に中継され話題を呼んだ。日本では、昼間の生中継と同日のゴールデンタイム19時からのNETテレビでの録画中継という形で2度放送された(詳しくはアントニオ猪木対モハメド・アリを参照)。1979年(昭和54年)1月にはアフリカの元ボクシングヘビー級チャンピオンでウガンダの元大統領であるイディ・アミンとの異種格闘技戦の計画が浮上した。アミンは猪木戦を承諾したが、その後クーデターを受けサウジアラビアに亡命したため、結局対戦は実現しなかった。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・シュバロ

    ジョージ・シュバロから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ジョージ・シュバロ(George Chuvalo、男性、1937年9月12日 - )は、カナダ人のプロボクサー。トロント生まれ。1960年代を代表するヘビー級コンテンダーであり、カナダ史上最も有名なボクサーの1人。身長183cmとヘビー級では小柄ながら、驚異的なタフネスと無尽蔵のスタミナを武器に満身創痍の凄絶なファイトで人気を博した強打のインファイター。モハメド・アリと2度の死闘を繰り広げたことで名を馳せた。ジョージ・シュバロ フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・クォーリー

    ジェリー・クォーリーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ジェリー・クォーリー(Jerry Quarry、1945年5月15日 - 1999年1月3日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。最高位は世界ヘビー級1位であり、1960?70年代のヘビー級を彩った名選手である。当時ヘビー級で黒人選手の多い中、アメリカ出身の白人選手として珍しくトップ戦線で活躍し、フロイド・パターソン、ジミー・エリス、ジョー・フレージャー、モハメド・アリ、ケン・ノートンといった世界王者たちと激闘を繰り広げた。ジェリー・クォーリー フレッシュアイペディアより)

  • ドン・キング

    ドン・キングから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    マイク・タイソンやモハメド・アリ、イベンダー・ホリフィールド、ラリー・ホームズ等、ヘビー級トップボクサーのビックマッチを手がけたり、実現しても王座が剥奪される事がある統一戦において、ヘビー級統一トーナメントやミドル級変速統一トーナメントや史上初めて全ての試合が世界タイトルマッチになった8大タイトルマッチを実現させるなどボクシング興行における立役者であり、やり手のプロモーターだった。その一方でマフィアと繋がりがあるとの噂や、契約違反やファイトマネーを搾取しているとして提訴されるなど、契約選手及び、そのマネージャーとの金銭トラブルが絶えることがなかったため関係者からの評判は悪い。ドン・キング フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・フォアマン

    ジョージ・フォアマンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    「象をも倒す」といわれた強打を生かし、メキシコシティオリンピックボクシングヘビー級で金メダルを獲得した。プロ転向後はジョー・フレージャーやケン・ノートンをも2ラウンドでKOし、統一世界ヘビー級王座を獲得・防衛した。その後、キンシャサの奇跡でモハメド・アリに敗れるなどし1977年に28歳で一度は引退するも、1994年に45歳にして実に20年ぶりに世界ヘビー級王者に返り咲いた。ジョージ・フォアマン フレッシュアイペディアより)

  • コナー・マクレガー

    コナー・マクレガーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    試合の会場となったマディソン・スクエア・ガーデンの入場料収入記録は1999年にボクシングで行われたヘビー級の試合レノックス・ルイス対イベンダー・ホリフィールドの1350万ドルであったが、これを上回る1770万ドルを売り上げ、同会場の入場料収入最高記録を樹立した。なお試合の前々日に行われた記者会見にマクレガーが赤いロールネックのセーターにグッチの白いミンクのファーコートを合わせた70年代風のファッションで現れたのは、同会場でモハメド・アリと伝説の試合を繰り広げたジョー・フレージャーの当時の服装をオマージュしたものである。コナー・マクレガー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・フレージャー

    ジョー・フレージャーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ジョー・フレージャー("Smokin'" Joe Frazier、1944年1月12日 - 2011年11月7日)は、アメリカ合衆国のプロボクサー。「スモーキン・ジョー」と称される機関車のような突進力とスタミナを備え、リズミカルに上体を揺すり、相手の攻撃を避けながらクラウチングスタイルからの左フックを得意とした。モハメド・アリをプロキャリアで初めて敗北させたボクサーでもあった。息子のマーヴィス、娘のジャッキー、甥のロドニーもプロボクサー。ジョー・フレージャー フレッシュアイペディアより)

  • リベンジ

    リベンジから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1970年代のアメリカのプロボクシング界は、モハメド・アリ、ジョー・フレージャー、ジョージ・フォアマン、レオン・スピンクスらが名勝負を繰り広げ、ヘビー級の世界戦が隆盛を極めた。特にモハメド・アリ陣営は劇的な展開になるようなプロモーションを積極的に行い、興行的価値においてリベンジ・マッチが絶大な効力を発揮するという認識がプロボクシング界で形成された。リベンジ フレッシュアイペディアより)

  • キャシー・デービス

    キャシー・デービスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1978年、女子ボクシング連盟 (Woman's Boxing Federation) に世界ライト級王者として認定された。同年3月には全勝の戦績を誇示し、自分はモハメド・アリやレオン・スピンクスよりも強いと豪語していたが、6月7日にジョージア州アトランタでキャリアの浅いアーネスティン・ジョーンズとノンタイトルマッチで対戦すると、試合中に足首を骨折、3回に3度のダウンを奪われて壮絶なKO負けを喫し、脆さを露呈した。しかし、この試合は女子ボクシング連盟の判断により、ジョーンズがヘッドロックなどのレスリング行為でダウンをとったとして無効試合となった。ジョーンズのマネージャーのランディ・ティドウェルは、3度のダウンはいずれも顎へのクリーンヒットによるものであったとしているが、デービスと婚約中であったアルジエリは、ティドウェルらがデービスの飲み物にストリキニーネを混入したのだと言い、後には何らかの幻覚剤、たぶんエンジェルダストだろうと決めつけ、ティドウェルとジョーンズは6か月の資格停止処分となった。ティドウェルとジョーンズが受け取った535ドルの小切手は不渡りとなり、ジョーンズのファイトマネーは女子ボクシング連盟に没収されたが、電話回線によると同連盟の本部はニュージャージー州ローダイにあるアルジエリの自宅に置かれていた。キャシー・デービス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・テレル

    アーニー・テレルから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    アーニー・テレル(Ernie Terrell、本名:アーネスト・テレル、1939年4月4日 - 2014年12月16日)は、アメリカ合衆国の男性プロボクサー。元WBA世界ヘビー級王者。モハメド・アリのライバル王者であったが、アリとの統一戦に敗れタイトルを吸収された。イリノイ州シカゴ生まれ。アーニー・テレル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード