211件中 91 - 100件表示
  • ジャッキー・フレージャー・ライド

    ジャッキー・フレージャー・ライドから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    2001年6月8日には、モハメド・アリの娘であるレイラ・アリと対戦。かつての父親同士の因縁も相まって、話題になった。試合は判定負けでプロ初の敗北となった。ジャッキー・フレージャー・ライド フレッシュアイペディアより)

  • WBCダイヤモンド王座

    WBCダイヤモンド王座から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    最初に公開されたベルトは通常の世界王座のベルトをベースに、18カラットの金、861個のダイヤモンド、221個のエメラルド、6個のルビー、180個のスワロフスキー・クリスタル・ガラスなどの宝石が埋め込まれている。また、王座を争った両名の選手の顔写真と、モハメド・アリ、ジョー・ルイスの計4名の顔写真が埋め込まれている。WBCダイヤモンド王座 フレッシュアイペディアより)

  • 康芳夫

    康芳夫から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    実現しなかった企画にマイルス・デイヴィス日本招聘がある。麻薬問題によるマイルス・デイヴィスの入国拒否で多額の負債を抱え、しばらくは出版業で糊口をしのぐが、やがて長年のパートナー神彰と訣別し、単独で活動を再開。金平正紀の協力のもと1972年の日本武道館でのモハメド・アリ対マックフォスター、翌年のトム・ジョーンズの来日公演を実現して大いに名を上げる。法外な入場料を不快に感じたトムは来日を拒否したが、康はニューヨーク州の弁護士を通じて自宅からでないように法的に差し止めをかけ、最終的に和解した。康芳夫 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・デュラン

    ロベルト・デュランから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    キャリア初期の野性味溢れるボクシングと後期の技巧派スタイルで50歳になるまで戦い続けた一方、二階級飛び越えればパンチの威力が完全に違い、三階級では挑戦自体が無謀であった世界観を平然と破った怪物ボクサー。その対戦相手は中量級の歴史における最強の王者揃いであり、観戦を渇望した観客たちにより興行やテレビの世界も変革されていった。全時代、全階級(ALL TIME PFP)最強に推す者も多く、デュランは間違いなくモハメド・アリ(カシアス・クレイ)と並ぶ世界を動かした中南米を代表するボクサーである。ロベルト・デュラン フレッシュアイペディアより)

  • ミッキー・ローク

    ミッキー・ロークから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    7歳の時に両親が離婚し、母は5人の子供を持つ警察官の男性と再婚した。母に引き取られ、弟、妹と共にニューヨークからマイアミへ移住。継父は、ロークをマイアミの有名なボクシングジム「五番街ジム」へ通わせ、そこでモハメド・アリやジミー・エリスらと共にトレーニングをさせた。19歳の頃に単身でニューヨークへ戻り、アクターズ・スタジオで演劇を学びながら小さな舞台に出演していた。ミッキー・ローク フレッシュアイペディアより)

  • 四角いジャングル

    四角いジャングルから見たモハメッド・アリモハメド・アリ

    「四角いジャングル 格闘技世界一」(1978年上映) 格闘技世界一決定戦「アントニオ猪木対モハメッド・アリ」の試合の模様を映像で再現したり、藤原敏男による空手実演などを入れた記録映画四角いジャングル フレッシュアイペディアより)

  • ゴードン・パークス

    ゴードン・パークスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    若いハーレムのギャングのリーダーを書いた1948年の写真エッセイで、パークスはライフ誌専属の写真家と作家になることができた。20年間、パークスは、ファッション、スポーツ、ブロードウェイ、貧困、人種分離、そしてマルコムX、ストークリー・カーマイケル、モハメド・アリ、バーブラ・ストライサンドのポートレイトを含む、写真と記事を制作した。気管支肺炎と栄養不良で死んでいたフラビオ・ダ・シルバという貧しいブラジル人の少年を書いた1961年の彼の写真エッセイは、少年の命を救い彼の家族に新しい家を買う寄付をもたらした。ゴードン・パークス フレッシュアイペディアより)

  • 宮川毅

    宮川毅から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アリ フォーク・ヒーロー/ バッド・シュルバーグ ベースボール・マガジン社 1975宮川毅 フレッシュアイペディアより)

  • ミスター高橋

    ミスター高橋から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    新間寿は「ミスター高橋は大事な試合はまるで任せてもらえなかった」と発言しているが、新間が例として挙げている試合は、ほとんどが他流試合(ストロング小林、大木金太郎戦など)か異種格闘技戦(ウィレム・ルスカ、モハメド・アリ戦など)で、新日本所属レフェリーだった高橋が裁く道理がないものばかりである(ただし、この件については宮戸優光の「いかにレフェリーとして認められていなかったという証明ですからね」という発言もある)。事実、NWF、IWGPのタイトルマッチなど、新日本の通常の興行における大勝負はほとんど高橋が裁いている。ミスター高橋 フレッシュアイペディアより)

  • 協栄ボクシングジム

    協栄ボクシングジムから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1972年4月、西城正三やアベジム所属プロボクサーだった金沢和良のキックボクシング転向を巡り、協栄ジムと日本協会が対立。また、モハメド・アリ(当時はカシアス・クレイ)の初来日興行は協栄ジムに委託されたが、アリのプロモートには黒社会が関わっていたこと(後に来日興行を手掛けた興行師康芳夫がコメントした。)もあり金平会長は協会より除名された。5月に金平会長らの手により別の協会(団体名は同名。以下便宜上「第二協会」)を設立し分裂状態になった。協栄ボクシングジム フレッシュアイペディアより)

211件中 91 - 100件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード

  • ブレイヴガール レイヴンズ

  • アルファオメガ アイドルマスター シンデレラガールズ 北条加蓮 Triad Primus Ver.

  • 北条加蓮 Triad Primus Ver.