272件中 91 - 100件表示
  • 野田淳

    野田淳から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    日豪プレス 1987年10月号 ジョー・バグナー モハメド・アリとの2度の死闘を乗り越えて野田淳 フレッシュアイペディアより)

  • 西澤ヨシノリ

    西澤ヨシノリから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    6歳のときに、テレビでモハメド・アリの試合を見て強くなることを志す。またプロレスが興行を行うと必ず観戦に行っていた。野球部に所属し、水を含んだボールを打って筋力を鍛えるトレーニングを行っていた。西澤ヨシノリ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・ドゥーダン

    ゲイリー・ドゥーダンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    2000年、モハメド・アリの伝記映画『King of the World』にマルコムX役で出演。ゲイリー・ドゥーダン フレッシュアイペディアより)

  • オリンピアハレ

    オリンピアハレから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ボクシング会場としては1976年5月24日、プロボクシング世界ヘビー級選手権試合:モハメド・アリ(アメリカ合衆国) vs (イギリス)の試合が開催されている。オリンピアハレ フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・フォスター

    ボブ・フォスターから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1972年11月21日、NABF北米ヘビー級王者モハメド・アリに挑むも8回KO負けを喫し、ついにヘビー級のタイトルには届かなかった。ボブ・フォスター フレッシュアイペディアより)

  • タイレル・ビッグス

    タイレル・ビッグスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    鋭いジャブを持っているが、パンチ力にやや欠ける。軽快なフットワークから鋭いジャブを繰り出す、スタイリッシュな長身のボクサータイプ。(ジョー小泉曰く)ただし、フットワークは、モハメド・アリほど軽快では無い。タイレル・ビッグス フレッシュアイペディアより)

  • 北米ボクシング連盟

    北米ボクシング連盟から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    世界ボクシング評議会(WBC)と世界ボクシング協会(WBA)が完全に分立した後、WBC内において、WBAに代る北米地域団体として設立された。北米地域のローカル王座の中では最も歴史のあるタイトルで、1969年から王座を認定している。かつて、モハメド・アリがベトナム戦争への徴兵拒否による3年のブランクの後に獲得し、ケン・ノートン、ジョー・フレージャーらと激闘を演じた北米ヘビー級王座とは、このNABFのことである。北米ボクシング連盟 フレッシュアイペディアより)

  • レオン・スピンクス

    レオン・スピンクスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1978年2月15日、8戦目でモハメド・アリに判定勝ちし、WBA・WBC世界ヘビー級王座を獲得。その後、初防衛戦をアリと行いたいという理由から、WBCの指名試合・ケン・ノートンを拒否し、WBCの王座を剥奪された。レオン・スピンクス フレッシュアイペディアより)

  • シュガー・レイ・ロビンソン

    シュガー・レイ・ロビンソンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1940年代半ばにおいて、すでに現代のボクシング技術と比しても遜色のない、リズミカルなフットワークやジャブ、左フックのダブル・トリプルコンビネーションなどを当然のように駆使した技術的先進性。モハメド・アリやシュガー・レイ・レナードの先駆けともいえる華やかなボクシングスタイルとスター性。そして同時代を生きた強豪とことごとくグローブを交え、そのほとんどを打ち破り、歴史に残る数々の名勝負、芸術的ノックアウトシーンを実現した圧倒的実力。いずれをとっても史上屈指の万能な存在であり、前述のアリやレナードをはじめ、後世の名選手達に多大な影響を与えた。シュガー・レイ・ロビンソン フレッシュアイペディアより)

  • カシアス内藤

    カシアス内藤から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    元・東洋ミドル級チャンピオン、元・世界ミドル級1位。現役当時は「和製クレイ」、「東洋のクレイ」などと呼ばれた。リングネームはモハメド・アリの改名前の名前「カシアス・クレイ」からとったもので、アリと対面した際に承諾を得ている。カシアス内藤 フレッシュアイペディアより)

272件中 91 - 100件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード