272件中 101 - 110件表示
  • アーチー・ムーア

    アーチー・ムーアから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    また大変に選手寿命の長いボクサーであり、純粋なボクサー相手の最後の試合となったカシアス・クレイ戦は1962年、ムーア45歳の時であった。この時期にアメリカ遠征中のジャイアント馬場と異種格闘技戦を戦っている(漫画「プロレススーパースター列伝」でもアントニオ猪木のアメリカ遠征中の対戦相手として登場する)。アーチー・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • エメット・ティル

    エメット・ティルから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モンゴメリーに於いて、ローザ・パークスは、白人のバス乗客に彼女の席を譲る運転手の要求を拒否し、「バス・ボイコット運動」において一年間に渡る草の根運動を展開し、最終的に市側の人種隔離政策を撤廃させる事に成功した。後にパークスは、立ち上がって後部に移動するのを拒否した時「私はエメット・ティルについて考えました。その時、私は後ろに下がる事が出来ませんでした」と語っている。歴史家によれば、ティルの死と1957年のリトルロック高校事件を期に、特に若い黒人層の中にある不満を表明する、初期の単独の抗議と言う形で、1960年代の座り込みと言うデモンストレーションが生まれて行った。 ティルの切断された遺体の写真を見た後、ケンタッキー州ルイビルにいた若き頃のカシアス・クレイ(後の有名なボクサーモハメド・アリ)と友人らは、彼らの欲求不満のはけ口に、地元の列車車両庫を破壊し、機関車エンジンを走行不可能にした。 1963年、サンフラワー郡の住民(小作人)だったファニー・ルー・ヘイマーは、選挙のために登録しようとして投獄され、警察から拷問を受けた。翌年、彼女は「」を主催し、積極的にデルタ地域を回り、黒人住民に対し選挙登録への推進運動を行った。1954年以前は、デルタ地域に於ける黒人の人口が40パーセントを占めていたにもかかわらず、僅か265人の黒人が選挙登録していたのみだった。エメットが殺害された年の夏は、デルタ地区の黒人は一人も選挙登録をしていなかった。 1964年、「フリーダム・サマー」は、63,000人の黒人の有権者を登録するに至った。だがミシシッピー州内の既成政党に加わる事は禁じられていたので、彼らは自身の政党を設立する必要性が生じた。エメット・ティル フレッシュアイペディアより)

  • 異種格闘技戦

    異種格闘技戦から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    アントニオ猪木が現役中に行った異種格闘技戦は、当時、一部で巻き起こった「プロレスは八百長、または、見世物的だ」という評価や風潮を打開し、猪木自らも「(自身をプロレスラーとして極めるための)他の格闘技への挑戦」、「(自身がプロレスを代表しての)他の格闘技との対戦」、そして「プロレスこそ世界最強の格闘技」の証明を謳い文句に行われてきたものといわれている。しかし実際は、後述するモハメド・アリ戦の実現をきっかけとし、そこから派生した借金の返済を目的とする新たな興行の側面が強い(一連の格闘技世界一決定戦の試合は「ワールドプロレスリング」の放送とは別に「水曜スペシャル」で放送されるため、その放映料が入る)。異種格闘技戦 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2016年6月

    訃報 2016年6月から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    6月3日 - モハメド・アリ、アメリカ合衆国のプロボクサー(* 1942年)訃報 2016年6月 フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・バスター

    プリンス・バスターから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    スカとロックステディの歴史の中で最も重要な一人とされる。1950年代には、ボクサーとして活躍した腕っぷしで、コクソン・ドッドのサウンド・システム、ダウンビートで用心棒として働く。1958年にソロ・デビュー。彼が1960年代に「ブルービート」レーベルで録音した『アル・カポン』などのスカ・ナンバーは、特に後のイギリスの2トーンムーブメントに大きな影響を与えた。1964年、モハメド・アリとの出会いを経てネーション・オブ・イスラムに参加。自身のレーベルとして「プリンス・バスター」、「ワイルド・ベルズ」などを経営。歌手としては2008年現在でも現役で活躍中である。プリンス・バスター フレッシュアイペディアより)

  • ゴリラ・モンスーン

    ゴリラ・モンスーンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1976年、モハメド・アリとアントニオ猪木の異種格闘技戦が決定すると(当時WWWFと新日本プロレスは提携関係にあった)、WWWFのリングに登場したアリに乱闘を仕掛け、エアプレーン・スピンを見舞っている。また翌年にはアンドレ・ザ・ジャイアントとボクシング・マッチを行った。1980年、ケン・パテラとのインターコンチネンタル王座と自身の引退を賭けた試合に敗れ、バロン・シクルナと引退試合を行い、リングを降りた。ゴリラ・モンスーン フレッシュアイペディアより)

  • ヤンキー・スタジアム

    ヤンキー・スタジアムから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    2010年6月5日にはプロボクシングWBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、ユーリ・フォアマンVSミゲール・コットが開かれた。現在のヤンキースタジアムではもちろん初めてであるが、旧スタジアムを含めると1976年9月のモハメド・アリVSケン・ノートン以来34年ぶりとなる。ヤンキー・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • アンクル・トムの小屋

    アンクル・トムの小屋から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アリは現役当時黒人への差別を色濃く残していた白人社会に激しい嫌悪感を抱いており、ネイション・オブ・イスラムに入信し対決姿勢を明確にしていた。そのため白人社会に表立った不満を言わず従順でいる対戦相手の黒人選手をおしなべて「アンクル・トム」と罵っていた。彼の白人社会への憎悪は強く、アーニー・テレルがわざと旧名の「カシアス・クレイ」と呼んだ事に激怒して判定まで「俺の名を言ってみろ!」と叫びながら徹底的に痛めつけ試合後には「奴隷の名で俺を呼んだ罰だ」と発言したほどだった。アンクル・トムの小屋 フレッシュアイペディアより)

  • キンシャサの奇跡

    キンシャサの奇跡から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    キンシャサの奇跡(キンシャサのきせき)は、1974年10月30日、ザイール共和国(現在のコンゴ民主共和国)の首都キンシャサの「5月20日スタジアム」で行われたプロボクシングWBA・WBC世界統一ヘビー級タイトルマッチの通称。王者ジョージ・フォアマンと挑戦者モハメド・アリが対戦し、アリが劇的な逆転KO勝利をおさめたことからこの名で呼ばれるようになった。キンシャサの奇跡 フレッシュアイペディアより)

  • UFO (プロレス)

    UFO (プロレス)から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    正道会館館長の石井和義と接触して小川のK-1参戦を取り付けたり猪木がかつて異種格闘技戦で対戦したモハメド・アリを名誉会長に就任させるなど格闘技統一路線を具体化させたかに思えたがアメリカから帰国した猪木がテンガロンハットをかぶりサングラスに付け髭姿で正体不明のミスター・ウォーリーを名乗ったり(記者団には小川のスパーリングパートナーの大物外国人を自称していたが変装の甲斐もなく猪木本人であることは誰の目にも明らかだった。理解困難の奇行であったがU.F.O.の人材不足や旗揚げ戦の参加選手を集めるのに苦労した末の話題作りであったとする見方が一般的である)新日本との舌戦による泥仕合が話題となる等、格闘技なのかプロレスなのか方向性が一貫しない混迷振りが垣間見られるようになる。UFO (プロレス) フレッシュアイペディアより)

272件中 101 - 110件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード