272件中 11 - 20件表示
  • Think different

    Think differentから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    60秒版は、白黒のフィルム映像で構成され、20世紀に活躍した17人の象徴的人物を取り上げている。登場順に列挙すると、アルベルト・アインシュタイン、ボブ・ディラン、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、リチャード・ブランソン、ジョン・レノン(オノ・ヨーコと共に)、バックミンスター・フラー、トーマス・エジソン、モハメド・アリ、テッド・ターナー、マリア・カラス、マハトマ・ガンディー、アメリア・イアハート、アルフレッド・ヒッチコック、マーサ・グレアム、ジム・ヘンソン(カエルのカーミットと共に)、フランク・ロイド・ライト、パブロ・ピカソとなる。コマーシャルは最後に、小さな少女が、あたかも何かを願うかのように閉じていた眼を開く映像で終わる。この最後のカットは、ターセム・シンが監督したディープ・フォレストの曲「」のミュージック・ビデオ(数バージョンあるビデオのうち、Round the World Mixと称されるもの)から流用されており、少女はシンの姪であるシャーン・サホタ(Shaan Sahota)である。Think different フレッシュアイペディアより)

  • バディ・ウォルフ

    バディ・ウォルフから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1976年6月10日、イリノイ州シカゴのインターナショナル・アンフィシアターにて、同月26日にアントニオ猪木との異種格闘技戦が決定していたモハメド・アリのプロモーション用の対戦相手に起用され、16オンスのグローブを着けたアリとラウンド制のミックスド・マッチで対戦。アリのセコンドにはフレッド・ブラッシー、ウォルフのセコンドにはディック・ザ・ブルーザーが付き、レフェリーはバーン・ガニアが務めた(結果はウォルフが流血して乱闘となり、レフェリーのガニアが試合を中止。当日は同じくAWAのレスラーだったケニー・ジェイとアリとの試合も行われたが、ジェイはKO負けを喫した)。バディ・ウォルフ フレッシュアイペディアより)

  • トム・コクラン

    トム・コクランから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    2002年11月:コクラン、"Just Like Ali" にて、 モハメド・アリの伝説集に合わせて、Toronto Argonautsとして、トロントのSkydomeで行われたCFLの試合のハーフタイムで歌った。トム・コクラン フレッシュアイペディアより)

  • ジャビール・ハーバート・ムハンマド

    ジャビール・ハーバート・ムハンマドから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ジャビール・ハーバートは、ブラック・ムスリムの信者となったプロボクシングの世界ヘビー級王者:カシアス・クレイことモハメド・アリのマネージャーであり、また精神的支柱でもあった。1966年から1981年までアリのマネージャーを務め、1974年にアリがジョージ・フォアマンをザイールのキンシャサで倒して世界王座に返り咲いた時は、アリのマネージメントに尽くした功績を讃えられて認定の最優秀マネージャー賞を授与されている。ジャビール・ハーバートはモハメド・アリが現役を引退した後もマネージャーとしてアリの生活を支えた。ジャビール・ハーバート・ムハンマド フレッシュアイペディアより)

  • 女子ボクシング

    女子ボクシングから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    しかし、法廷闘争の末にニューヨーク州最高裁判所の指示で同州アスレチックコミッションが女子にプロボクサーライセンスを発行した時も、同州を拠点とする男子プロボクサーは、女子同士または男子対女子の試合を歓迎しなかった。元ライト級世界王者のエステバン・デ・ヘススは、男子は女子にとって強過ぎるし、女子が試合をすることは危険を伴うと言い、元ジュニアライト級世界王者のアルフレド・エスカレラもこれに同意し、女子選手はボクシングをすることが自分たちにとってよいことと信じているかもしれないが、女子対男子の試合は真の試合にはならないと話している。当時ヘビー級で無敗だったマイケル・ドークスは、ボクシングは女子にはあまりに荒々しく残忍であるとし、ボクシング参加は女子にとって前進ではなく後退だと述べている。フロイド・パターソンは現役を引退して、この時はライセンスを発行したニューヨーク州アスレチックコミッションの一員となっていた。しかしそのパターソンも、自分は常に女性を尊重し、ウーマン・リブを支持してきたけれども、リングの中では別だと話している。国内の他地域でも1970年代後半にはライセンスが認められ、女子のライセンス認可は、ヒューストンにおけるモハメド・アリの徴兵拒否以来の騒動となった。女子ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ホームズ

    ラリー・ホームズから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アリの引退後、マイク・タイソン台頭までの、1970年代末期から1980年代前半、いわゆる「ポスト・アリ」時代に最盛期を迎え、ヘビー級で長期政権を築いた。アリの人気にあやかろうとした面があり、アリのスタイルを模して軽快なフットワークをアピールしたが、実のところは中間距離での足を止めての強打、好機に見せる正確で強い「詰め」の連打が本来の持ち味であった。ラリー・ホームズ フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド坊やは人気者

    アーノルド坊やは人気者から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    作品には、モハメド・アリなど有名人のゲストが多数出演した。アーノルド坊やは人気者 フレッシュアイペディアより)

  • フロイド・メイウェザー・ジュニア

    フロイド・メイウェザー・ジュニアから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    近年は、ボクシング・アドバイザーのアル・ヘイモンを雇うようになって以来、スポーツ選手長者番付1位を獲得するなど大金を稼ぐスポーツアスリートとなっているが、購入した高級車や高級装飾品の自慢をしたり、現金を使った露骨なアピールをすることが多いため「Money(金の亡者)」と呼ばれている。以前は童顔な外見から「Pretty Boy(プリティーボーイ)」と呼ばれることが多かった。2014年頃からは「TBE(史上最高、The Best Everの略)」と自称しているが、ウラジミール・クリチコはこのことについて「周りの人々が王と呼ぶのであって、王が自分で『私は王だ』と言うもんじゃない。そうであるかは周りが決めるんだ」としている。また、メイウェザーが俺はモハメド・アリやシュガー・レイ・ロビンソンより優れていると発言したときには、アリ本人から「忘れるな、俺が最も偉大なんだ」と返され、マイク・タイソンからは「すごい妄想だな。奴はチンケで、臆病な男だ。とても小さな、臆病な男なんだ」と怒りをあらわにして批判された。フロイド・メイウェザー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ケン・ノートン

    ケン・ノートンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    プロボクシング史上最初にして唯一“世界タイトルマッチで一度も勝利したことが無い世界王者”。その強打でモハメド・アリの顎を割った経験を持つ。ヘビー級には珍しくボディ攻撃のできる実力派だったが、ビッグマッチにおける僅差の判定負けなど不運な印象を残した。筋骨隆々とした肉体とハンサムな風貌から、俳優としてTVドラマや映画に出演している(「マンディンゴ」「ドラム」)。また、「ロッキー」でアポロ・クリード役を演じる予定だったが、都合によりカール・ウェザースに変更となった。ケン・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ブラッシー

    フレッド・ブラッシーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1974年8月には新日本プロレスにニコライ・ボルコフのプレイング・マネージャーとして初登場。すでにセミリタイアの状態ながら試合にも出場し、アントニオ猪木や坂口征二とのシングルマッチも行われた。1976年6月には、猪木との異種格闘技戦を行ったモハメド・アリのスペシャル・アドバイザーとして来日している。以降、1978年6月にピーター・メイビア、1979年4月にスタン・ハンセン、1980年5月にハルク・ホーガン、1982年7月にアドリアン・アドニスなど、WWFでマネージャーを務めていた選手に同行して新日本プロレスに度々登場した。1978年の来日時にはWWFで敵対関係にあったペドロ・モラレスとヘイスタック・カルホーンも同時参加していたが、本国ではベビーフェイスの彼らも、この時はブラッシーをマネージャーに付けてヒールを演じた。フレッド・ブラッシー フレッシュアイペディアより)

272件中 11 - 20件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード