211件中 21 - 30件表示
  • グリーソンズ・ジム

    グリーソンズ・ジムから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    このジムからはモハメド・アリ、ロベルト・デュラン、マイク・タイソンら多数の名世界王者を生み出し、米国における名門ジムとしてその名を馳せている。また、国外の多くのボクサーが合宿などで使用している。グリーソンズ・ジム フレッシュアイペディアより)

  • mitre

    mitreから見たモハメッド・アリモハメド・アリ

    1978年”世紀の一戦”プロボクシングのモハメッド・アリとレオン・スピンクスのヘビー級マッチでアリのスポンサーになりグローブやシューズをテクニカルサプライヤーとして作成。これによって、mitreブランドが全米に波及された。mitre フレッシュアイペディアより)

  • 北米ボクシング連盟

    北米ボクシング連盟から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    北米地域のローカル王座の中では最も歴史のあるタイトルで、1969年から王座を認定している。かつて、モハメド・アリがベトナム戦争への徴兵拒否による3年のブランクの後に獲得し、ケン・ノートン、ジョー・フレージャーらと激闘を演じた北米ヘビー級王座とは、このNABFのことである。北米ボクシング連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 中山千彰

    中山千彰から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    また無類のボクシングファンとしても知られ、その知識と分析力は専門家以上の声も。本人はモハメド・アリを敬慕する。自身は高校、大学時代にラグビー部に所属。中山千彰 フレッシュアイペディアより)

  • マジックキャッスル

    マジックキャッスルから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    会員に名を連ねるのは、スティーブン・スピルバーグやモハメド・アリなどの著名人も多い。マジックキャッスル フレッシュアイペディアより)

  • 国際ゆめ交流博覧会

    国際ゆめ交流博覧会から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    「ゆめミュージアムコーナー」……21世紀を担う子供たちに、未来づくりのための「ゆめ」をプレゼントするというコンセプト。日本や世界中のスーパースターの寄贈品やキャラクターグッズ、メッセージ映像などを紹介する。アメリカ・クリントン大統領のサイン入り書籍やオードリー・ヘップバーンのサイン入り写真、モハメド・アリのサイン入りグローブ、他にハリソン・フォード、ナオミ・キャンベル、マイケル・ジョンソン、ダイアナ・ロス、エルトン・ジョン、アグネス・チャン、石井竜也、爆風スランプ、鈴木蘭々などのグッズを展示、紹介。また、そのグッズをもとに、チャリティーオークションを開催。国際ゆめ交流博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界史発掘!時空タイムス編集部

    世界史発掘!時空タイムス編集部から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    6月9日 新証言・伝説のタイトルマッチ ?1975アリvsフレイジャー?世界史発掘!時空タイムス編集部 フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・バスター

    プリンス・バスターから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    スカとロックステディの歴史の中で最も重要な一人とされる。1950年代には、ボクサーとして活躍した腕っぷしで、コクソン・ドッドのサウンド・システム、ダウンビートで用心棒として働く。1958年にソロ・デビュー。彼が1960年代に「ブルービート」レーベルで録音した『アル・カポン』などのスカ・ナンバーは、特に後のイギリスの2トーンムーブメントに大きな影響を与えた。1964年、モハメド・アリとの出会いを経てネーション・オブ・イスラムに参加。自身のレーベルとして「プリンス・バスター」、「ワイルド・ベルズ」などを経営。歌手としては2008年現在でも現役で活躍中である。プリンス・バスター フレッシュアイペディアより)

  • 聖者の行進

    聖者の行進から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    アントニオ猪木がモハメド・アリとの対戦で入場曲に使用した。猪木はアリ戦以前から聖者の行進を入場曲として使用する事があった。対戦後にアリからアリ自身の伝記映画の挿入曲であった『ALI BOM-BA-YE』を贈られた後は聖者の行進を入場曲として使用する事はなくなった。聖者の行進 フレッシュアイペディアより)

  • UFO (プロレス)

    UFO (プロレス)から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    正道会館の石井和義館長と接触して小川のK-1参戦を取り付けたり、猪木がかつて異種格闘技戦で対戦したモハメド・アリを名誉会長に就任させるなど格闘技統一路線を具体化させたかに思えたが、アメリカから帰国した猪木がテンガロンハットをかぶりサングラスに付け髭姿で正体不明のミスター・ウォーリーを名乗ったり(記者団には小川のスパーリング・パートナーの大物外国人を自称していたが、変装の甲斐もなく猪木本人であることは誰の目にも明らかだった。理解困難の奇行であったが、U.F.O.の人材不足や旗揚げ戦の参加選手を集めるのに苦労した末の話題作りであったとする見方が一般的である)、新日本プロレスとの舌戦による泥仕合が話題となる等、格闘技なのかプロレスなのか方向性が一貫しない混迷振りが垣間見られるようになる。UFO (プロレス) フレッシュアイペディアより)

211件中 21 - 30件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード