272件中 41 - 50件表示
  • ゴージャス・ジョージ

    ゴージャス・ジョージから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    彼のスタイルはフレッド・ブラッシー、バディ・ロジャース、ジェリー・グラハム、エディ・グラハム、ジャッキー・ファーゴ、レイ・スティーブンス、ニック・ボックウィンクル、パット・パターソン、バディ・コルトなど多くの選手に強い影響を与え、さらに彼らを通してリック・フレアーなどに継承されている。モハメド・アリもジョージの大ファンであり、間接的ではあるがブラッシーなどからマイクパフォーマンスなどを学んだ。テレビで見ていたジョージのプロレス的パフォーマンスをボクシングに持ち込もうと考えたとされる。また、ジェームス・ブラウンも彼のアクションを参考にしたパフォーマンスを行っていた。ゴージャス・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • ワイルド・パーティー

    ワイルド・パーティーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ランディ・ブラック - ヘビー級チャンピオンは、実在のヘビー級チャンピオン、モハメド・アリに漠然と基づいている。ワイルド・パーティー フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    プロボクサー。幼少の頃アリ地獄の巣に立小便をした所、性器をアリ地獄に挟まれ、それ以来アリ地獄に限らずハサミを持った生物(またはその物真似)がトラウマとなり、カントクとの異種格闘技戦ではハサミムシのポーズを見せつけられ敗北した。また、別の回でノロ和(リングネームはロッキー・ノロ和)とも対戦したが、僅差で判定勝ちを収めている。モデルはモハメド・アリ1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

  • テオフィロ・ステベンソン

    テオフィロ・ステベンソンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ステベンソンが勝利したボクサーの中には、後に世界ヘビー王座を獲得した選手が3人いる(ジョン・テイト、グレグ・ペイジ、ゲリー・コーツィー)。また当時はモハメド・アリ、ジョージ・フォアマン、ジョー・フレージャーといった傑物が揃い、ヘビー級全盛時代を迎えていた。当然、彼の元にはいつもプロモーターからの「アメリカへ亡命し、プロの舞台で試合をすれば、あなたの実力なら必ず成功する。一緒に大金を儲けないか」といった誘いが絶えなかった。しかしステベンソンは、「私は祖国も家族も愛している。国を捨ててプロになる必要は無い」と言って断り続けた。テオフィロ・ステベンソン フレッシュアイペディアより)

  • ウォリック・ダン

    ウォリック・ダンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    2007年にはアンドレ・アガシ、モハメド・アリ、ランス・アームストロング、ジェフ・ゴードン、ミア・ハム、トニー・ホーク、アンドレア・イエガー、ジャッキー・ジョイナー=カーシー、マリオ・ルミュー、アロンゾ・モーニング、カル・リプケン・ジュニアと共にathlete for HOPEというサイトを立ち上げた。ウォリック・ダン フレッシュアイペディアより)

  • 流血の魔術 最強の演技

    流血の魔術 最強の演技から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    本書において高橋は、プロレスの興業においては「絶対的な権限を持っている」マッチメイカーがカード編成と勝敗を決め、レフェリーがその内容を実現するための仲立ちを務めると述べた上で、新日本プロレスで過去に行われた複数の試合について、その内幕を明かしている。たとえば高橋によると、アントニオ猪木が戦った異種格闘技戦のうち真剣勝負であったのはモハメド・アリ戦とアクラム・ペールワン戦の2試合のみである。流血の魔術 最強の演技 フレッシュアイペディアより)

  • アーセナル・スタジアム

    アーセナル・スタジアムから見たカシアス・クレイモハメド・アリ

    このスタジアムでは、プロボクシング世界ヘビー級選手権試合(王者:カシアス・クレイ【】対挑戦者:【】戦)が1966年5月21日に開催された(試合は6回1分33秒、クレイのTKO勝ち)。アーセナル・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • リンダ・クリード

    リンダ・クリードから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1974年、26歳のときに乳がんと診断され音楽活動を続け作曲家マイケル・マッサーと"Greatest Love of All"を書き、1977年のモハメド・アリの伝記映画『アリ/ザ・グレーテスト』の主題歌(歌唱:ジョージ・ベンソン)となった。リンダ・クリード フレッシュアイペディアより)

  • ローラン・ボック

    ローラン・ボックから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    西ドイツではプロモーター業も手掛け、1978年11月7日から29日にかけて開催されたアントニオ猪木の欧州遠征シリーズ "Inoki Europa Tournee 1978(イノキ・ヨーロッパ・ツアー1978)" では選手として自ら猪木と戦いつつ、興行そのものを取り仕切っていた(ツアーにはスイスのレネ・ラサルテスやオーストリアのオットー・ワンツといった当時の欧州各国のトップ選手をはじめ、1976年に猪木と異種格闘技戦を行ったオランダのウィレム・ルスカもプロレスラーとして参加。アントン・ヘーシンクの出場も予定されていた。ボックと同じドイツからは、モハメド・アリとの対戦経験を持つ元プロボクサーのカール・ミルデンバーガーや、ローマオリンピック金メダリストのウィルフレッド・ディートリッヒも猪木の対戦相手として出場。アンダーカードの軽量級選手では、イギリスのピート・ロバーツやクロアチアのミレ・ツルノなどが招聘された)。ローラン・ボック フレッシュアイペディアより)

  • ロイド・プライス

    ロイド・プライスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1969年にローガンが殺害されたことをきっかけにプライスは音楽の世界から遠ざかっていった。1970年代に入ると彼はアフリカに移住し、ドン・キングとモハメド・アリの試合を推進するなど音楽以外のことに力を注いだ。1980年代にアメリカに戻ったものの、本格的に音楽活動を再開させることはなかった。ロイド・プライス フレッシュアイペディアより)

272件中 41 - 50件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード