211件中 51 - 60件表示
  • アラン・エヴァンズ

    アラン・エヴァンズから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1977年7月、エヴァンスはイングランドのGipsy Hill Stadium (Crystal Palace) において、プロボクサーのモハメド・アリとエキシビションマッチをした。この試合はハンディキャップが適用され、エヴァンスはトリプルのみが点数となるというものだった。アリは試合に勝つためのBullseyeに見事入れ、彼自身を世界のダーツチャンピオンだと高らかに宣言した。アラン・エヴァンズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーヘヴィ

    スーパーヘヴィから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    バンド名の由来は、ダミアンが「ヘヴィ、ヘヴィ、ヘヴィ、スーパーヘヴィ」と口ずさんだフレーズがきっかけ。その響きの良さにバンド名として採用したとデイヴは語っている1。またモハメド・アリを意識したネーミングでもあるとのこと。2スーパーヘヴィ フレッシュアイペディアより)

  • パウンド・フォー・パウンド

    パウンド・フォー・パウンドから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    しかし、もし体重差がなく、全階級の格闘家が同じ体重で戦った場合誰が一番強いのか。つまり、パウンド・フォー・パウンドとは、体重差がない状態で全階級を通じて、どの格闘家が一番優れているのかを決めるときに用いられる言葉である。基本的にパウンド・フォー・パウンドとは軽量級の選手を評価するための概念と言えるため、最重量級の選手がパウンド・フォー・パウンド最強と評価されるのは難しい。しかし、最重量級のヘビー級であるモハメド・アリやマイク・タイソン、エメリヤーエンコ・ヒョードルなどがパウンド・フォー・パウンド最強の有力候補として頻繁に名前が挙がっている事実は、彼らの強さがいかに絶対的なものであるかを証明するものであると言える。パウンド・フォー・パウンド フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピック

    アトランタオリンピックから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    聖火台への聖火の点火者は秘密にされていたが、当日はパーキンソン病に患うモハメド・アリが震える手で点火した。アトランタオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • ラスベガス・コンベンション・センター

    ラスベガス・コンベンション・センターから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    また、ボクシング興行にも使われたことがあり、モハメド・アリが1975年5月16日に()との防衛戦を行っている(結果はアリの11RTKO勝ち)。ラスベガス・コンベンション・センター フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・オベット

    スティーブ・オベットから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1978年のヨーロッパ選手権後にイギリスのあるスポーツ誌に次のような投書が載った『800mで我がオベットがゴール寸前で東独のO・バイヤーにかわされた時、一緒に見ていた人達から歓声が上がりました我国ではモハメド・アリのようなあり方は認められないのでしょうか。』レースにおける強引かつ精妙な位置取り、強気の発言。優等生のコーと対照的なキャラクターだったオベットはある種敵役でもあった。スティーブ・オベット フレッシュアイペディアより)

  • 流血の魔術 最強の演技

    流血の魔術 最強の演技から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    本書において高橋は、プロレスの興業においては「絶対的な権限を持っている」マッチメイカーがカード編成と勝敗を決め、レフェリーがその内容を実現するための仲立ちを務めると述べた上で、新日本プロレスで過去に行われた複数の試合について、その内幕を明かしている。たとえば高橋によると、アントニオ猪木が戦った異種格闘技戦のうち真剣勝負であったのはモハメド・アリ戦とアクラム・ペールワン戦の2試合のみである。流血の魔術 最強の演技 フレッシュアイペディアより)

  • シュガー・レイ・ロビンソン

    シュガー・レイ・ロビンソンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1940年代半ばにおいて、すでに現代のボクシング技術と比しても遜色のない、リズミカルなフットワークやジャブ、左フックのダブル・トリプルコンビネーションなどを当然のように駆使した技術的先進性。モハメド・アリやシュガー・レイ・レナードの先駆けともいえる華やかなボクシングスタイルとスター性。そして同時代を生きた膨大な数の強豪とことごとくグローブを交え、そのほとんどを打ち破り、歴史に残る数々の名勝負、芸術的ノックアウトシーンを実現した圧倒的実力。いずれをとっても史上屈指の存在であり、前述のアリやレナードをはじめ、後世の名選手達に多大な影響を与えた。シュガー・レイ・ロビンソン フレッシュアイペディアより)

  • レイラ・アリ

    レイラ・アリから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    元世界チャンピオンモハメド・アリと3番目の妻との間に生まれ、父親に負けず劣らずのビッグマウスとしても有名。夫は元NFL選手のカーティス・コンウェイ。レイラ・アリ フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ウェプナー

    チャック・ウェプナーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1975年3月24日、モハメド・アリの持つ世界王座に挑戦。9Rにダウンを奪うも、15RにTKO負け。チャック・ウェプナー フレッシュアイペディアより)

211件中 51 - 60件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード