272件中 61 - 70件表示
  • ライトヘビー級

    ライトヘビー級から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    この階級の世界王座最多防衛記録はダリユシュ・ミハルチェフスキ(ポーランド / WBO)の23度。アマチュアではモハメド・アリ(カシアス・クレイ)が1960年のローマオリンピックで金メダルを獲得した階級。ライトヘビー級 フレッシュアイペディアより)

  • レイラ・アリ

    レイラ・アリから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    レイラ・アリ(Laila Ali、女性、1977年12月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。WBC女子スーパーミドル級初代チャンピオン。WIBAスーパーミドル級王者。元世界チャンピオンモハメド・アリと3番目の妻との間に生まれ、父親に負けず劣らずのビッグマウスであった。夫は元NFL選手のカーティス・コンウェイ。子供には脳にダメージが残るボクシングではなく、ゴルフや野球など他のスポーツをやって欲しいと話している。レイラ・アリ フレッシュアイペディアより)

  • マック・フォスター

    マック・フォスターから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1972年4月1日、東京・日本武道館でモハメド・アリとノンタイトル戦で闘い、15回まで戦い抜いたが大差の判定負けを喫した。マック・フォスター フレッシュアイペディアより)

  • ザ・モンスターマン

    ザ・モンスターマンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アリとの試合で世界的に有名になったアントニオ猪木に、「全米プロ空手世界ヘビー級王者」という触れ込みで挑戦状を叩きつけ、1977年8月2日に日本武道館で試合が実現した。結果はパワーボムからのギロチンドロップでKO負けとなった。ザ・モンスターマン フレッシュアイペディアより)

  • アリキック

    アリキックから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    アリキックは、アントニオ猪木がアントニオ猪木対モハメド・アリにおいて、打開策としてアリに打撃を加えるのに使った蹴り技。スタンド状態の相手に対し、スライディングから足を狙った低空の延髄斬りのようなローキックである。キック後はマットの上に仰向けに寝転んだ状態のまま前蹴りやローキックを繰り出す。対戦相手の名前が使われる非常に珍しいケースのプロレス技である。アリキック フレッシュアイペディアより)

  • トレバー・バービック

    トレバー・バービックから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1981年12月11日、モハメド・アリと対戦して判定で勝利。アリはこの試合でついに引退。トレバー・バービック フレッシュアイペディアより)

  • オスカー・ボナベナ

    オスカー・ボナベナから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1970年12月7日、カムバックしたモハメド・アリとノンタイトルで闘い、最終回KO負け。オスカー・ボナベナ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス最強論

    プロレス最強論から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    アントニオ猪木らが、プロレスは「打・投・極」のあるバランスのとれた最も実戦的な徒手格闘技であると主張し、それを証明するため、空手、柔道、ボクシングなどの他の格闘技と異種格闘技戦を繰り広げた。柔道無差別級ミュンヘンオリンピック金メダリストのウィレム・ルスカを破り、ボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリと引き分けるなどの猪木の実績により、当時の新日本プロレスファンの間にプロレス最強論は広く受け入れられた。プロレス最強論 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーヘヴィ

    スーパーヘヴィから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    バンド名の由来は、ダミアンが「ヘヴィ、ヘヴィ、ヘヴィ、スーパーヘヴィ」と口ずさんだフレーズがきっかけ。その響きの良さにバンド名として採用したとデイヴは語っている。またモハメド・アリを意識したネーミングでもあるとのこと。スーパーヘヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ニノ・ベンベヌチ

    ニノ・ベンベヌチから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    アマチュアではイタリア選手権5連覇、欧州選手権も連覇。ローマオリンピックでもウェルター級で金メダルを獲得。カシアス・クレイ(モハメド・アリ)を抑えてヴァル・バーカー・トロフィー(最優秀選手)を受賞した。ニノ・ベンベヌチ フレッシュアイペディアより)

272件中 61 - 70件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード