211件中 61 - 70件表示
  • モハメド・アズーイ

    モハメド・アズーイから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アズーイ(Mohamed Azzaoui、1975年12月1日 - )は、アルジェリア出身のプロボクサー。ボクシング元世界ランカー。日本のK-1、バトラーツの出場経験がある。日本ではモハメド・アリというリングネームで参戦したが、元ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ(カシアス・クレイ)とはまったくの無関係である。モハメド・アズーイ フレッシュアイペディアより)

  • コング斉藤

    コング斉藤から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ヘビー級ボクサーとしてオクラホマシティを拠点に5戦連続KO勝利を上げると、朝日新聞、読売新聞は特派員を送り、一部には「(モハメド・)アリ、斉藤と防衛戦へ 来年3月」と報じられるなど日本でも話題となった。コング斉藤 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカの徴兵制の歴史

    アメリカの徴兵制の歴史から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アリ(ローマオリンピック金メダリスト、プロボクシング世界ヘビー級チャンピオン)は、良心的兵役拒否をして、チャンピオンの地位を剥奪され、ボクシングのライセンスを停止され、起訴されて地裁で懲役5年と罰金1万ドルの判決を受けたが最高裁では無罪判決を受けた。ライセンス停止から3年5月後にライセンスの復活を認められてプロボクサーとして復帰し、後にチャンピオンの地位を奪回した。アメリカの徴兵制の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 八田一朗

    八田一朗から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    東京オリンピックを目前に控えた1964年、当時早大レスリング部監督とレスリング全日本のコーチを兼任していた白石剛達を東京12チャンネル(現テレビ東京)に推挙。白石はその後、同局の初代運動部長を務め、白石率いる東京12チャンネル運動部が、『三菱ダイヤモンド・サッカー』、メキシコワールドカップ、ローラーゲーム、女子プロレス、モハメド・アリの世界戦、箱根駅伝などを、他局に先駆けて中継し、日本のスポーツ中継の発展に大きな足跡を残した。八田一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のMLBオールスターゲーム

    2003年のMLBオールスターゲームから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    のMLBオールスターゲームはアメリカンリーグとナショナルリーグの間で行われた74回目のオールスターゲームである。2003年7月15日にシカゴ・ホワイトソックスの本拠地USセルラー・フィールドで行われた。試合結果は7 - 6でア・リーグが勝利した。MVPは3安打2打点、6回に2点本塁打を放ったギャレット・アンダーソンが受賞。この年から勝利したリーグのチームにワールドシリーズのホームフィールド・アドバンテージを与えるルールが加えられたため、2003年のワールドシリーズではニューヨーク・ヤンキースにホームフィールド・アドバンテージが与えられた。始球式はモハメド・アリが務めた。2003年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • コーリー・スピンクス

    コーリー・スピンクスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1978年にセントルイスで彼の父親レオン・スピンクスがモハメド・アリを破って世界王者になった5日後に生まれた。ボクシングは16歳で始め、すぐにその受け継いだセンスを発揮し始めた。1997年にはナショナルゴールデングローブチャンピオンになった。その後、プロ入りを決意する。アマチュア時代の戦績は78勝3敗。コーリー・スピンクス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・シクルナ

    マイケル・シクルナから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    以降もWWWF / WWFを主戦場に、1976年6月1日には、モハメド・アリがゴリラ・モンスーンに喧嘩を売ったアングルにおいてモンスーンのジョバーを務めている(アリは同月26日にアントニオ猪木との異種格闘技戦が決定しており、そのプロモーションとしてWWWFのリングに登場した)。マイケル・シクルナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤンキー・スタジアム

    ヤンキー・スタジアムから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    2010年6月5日にはプロボクシングWBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、ユーリ・フォアマンVSミゲール・コットが開かれた。現在のヤンキースタジアムではもちろん初めてであるが、旧スタジアムを含めても1976年9月のモハメド・アリVSケン・ノートン以来34年ぶりとなる。ヤンキー・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ブラッシー

    フレッド・ブラッシーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ブラッシーは現役引退後もマネージャーとして活躍した。1976年6月26日に行われたアントニオ猪木対モハメド・アリの異種格闘技戦では、アリのマネージャーを務めた。プロレス出身でありながらボクシング陣営に加わったことで、プロレス関係者の反感を買った。また、無名だったハルク・ホーガンやスタン・ハンセンを売り出すにあたって、キャラクター作りにアドバイスを与え大スターへと導いた。一貫してヒールのマネージャーを務めており、ニコライ・ボルコフとアイアン・シークの反米軍マネージャーなどを務めた。ユーゴスラビアからの亡命者であったニコライ・ボルコフはギミック上ソ連出身の共産主義者として登場する際に、共産主義者のギミックを拒否していた。だがブラッシーの「演じることで共産主義への嫌悪を表現せよ」とのアドバイスでこのギミックを受け入れた、というエピソードもある。フレッド・ブラッシー フレッシュアイペディアより)

  • ゴリラ・モンスーン

    ゴリラ・モンスーンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1976年、モハメド・アリとアントニオ猪木の異種格闘技戦が決定すると(当時WWWFと新日本プロレスは提携関係にあった)、WWWFのリングに登場したアリに乱闘を仕掛け、エアプレーン・スピンを見舞っている。また翌年にはアンドレ・ザ・ジャイアントとボクシング・マッチを行った。1980年、ケン・パテラとのインターコンチネンタル王座と自身の引退を賭けた試合に敗れ、マイケル・シクルナと引退試合を行い、リングを降りた。ゴリラ・モンスーン フレッシュアイペディアより)

211件中 61 - 70件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード